131件中 61 - 70件表示
  • SMエンターテインメント

    SMエンターテインメントから見た韓流韓流

    また、1998年頃から海外進出を開始し、2000年代には日本(2001年)、香港(2006年)、米国(2008年)に現地法人を構えるなど、所属タレントの韓国国外での活動を積極的に展開した結果、中国では現地でのH.O.T.の人気によって韓流ブームが本格化するきっかけをつくり、日本ではエイベックスや吉本興業など現地企業の協力を得ながら、所属歌手に日本語を習得させJ-POPを歌わせる「現地化」戦略を取り、BoAをミリオンセラー歌手へと導く実績を上げている。これをきっかけに同社との関係を深めたエイベックスは、2004年に同社に資本参加をし、2007年からは創業者に次ぐ大株主となっている。SMエンターテインメント フレッシュアイペディアより)

  • 韓流ワールド

    韓流ワールドから見た韓流韓流

    韓流ワールド(はんりゅうわーるど・はるりゅをるどぅ)とは、韓流コンテンツ発信の中心地を目指したアミューズメントパークである。韓流ワールド フレッシュアイペディアより)

  • 丸田智子

    丸田智子から見た韓流韓流

    丸田 智子(まるた ともこ、1965年‐)は、映像バイヤー。国際メディアコーポレーション(MICO)映像事業部専任副部長。 『冬のソナタ』を買い付けた韓流ブームの仕掛け人。丸田智子 フレッシュアイペディアより)

  • 日流

    日流から見た韓流韓流

    日流(にちりゅう)とは、主に中華人民共和国、大韓民国などの国々で使われている言葉であり、日本発の文化(主にサブカルチャー)を指す。2008年3月21日の読売新聞の記事によると、失速傾向にある韓流に対して日流の勢いが凄まじいとのこと。日流 フレッシュアイペディアより)

  • イ・ヒョンド

    イ・ヒョンドから見た韓流韓流

    曲「君にだけ」をヒョン・ジンヨンのアルバムに収録することで作曲家として音楽活動を始め、彼のパートナーであるキム・ソンゼと1993年ヒップホップグループ、DEUXでデビューした。個性的な音楽と踊りとファッションで注目を集め、1990年代後半に選定された「韓国名アルバム 100選」に彼らのアルバムである「DEUXISM」と「FORCE DEUX」が選ばれた。1996年からD.Oとしてソロ活動を始めた。以後、DEUXとブラックミュージックを越えて全方位的に新しい接近を試みながら彼の音楽を作り上げた。そういった一連の試みは商業的に大きく成功することができなかったが、彼の音楽的な力量はより発展していった。その後アメリカに進出して2PACのアルバム作業に参加し(惜しくも人種差別等音楽外的な理由で正式でアルバムには収録されることができなかった)ラッパー達に曲を与え、ソン・ダンビのグループで有名なエスブラッシュ(S-blush)の「It's My Life」が「Billboard Hot Dance Club Play Chart」で2位にランクされた。映画カンフーパンダ(Kung Fu Panda)主題曲である「Kung Fu Fighting」をピ(The Rain)と協演し、2009年にはクラウンJ(Crown J)のアメリカデビューシングルである「I'm Good」をプロデュースするなど着々と彼の音楽をアメリカ市場に広げている。新人ラッパーのJC、マイティマウス、フィソンの新しいアルバムに参加すする予定にあり、世界的なヒップホップチームであるウータン・クラン(Wu-Tang Clan)とも作業中にある。また、韓国内に広く知られたスヌープドギードッグ(Snoop Doggy Dogg)、ウォレンG(Warren G)、スカーフェース(Scarface)、EVE、トゥーショット(Too Short)、E40、韓国ビルボードチャート1位を占めたJuvenileなどが参加するアルバムで、D.OはDr. Dre、2PACなどを排出したデス・ロウ・レコードの新人ラッパーの曲「Show me how you want it」をプロデュースした。この曲は韓国高等学校文学教科書に載せられた「Twisted World」(2000年発表曲)を編曲した曲としてアメリカ本土でも良い反応を得ている。現在D.OはLAの有名ラッパーからプロデュース要請を受けていると同時に、日本のウェストベリーエントテイメントジャパンと手を取り合い、日本の現地アーティストと共に、既存の韓流による 日本アプローチとは違った、より現地化されたD.Oだけの世界を日本のファンのために準備中である。イ・ヒョンド フレッシュアイペディアより)

  • 李 由美

    李由美から見た韓流韓流

    韓流をテーマとした番組のレポーターや、イベントの司会などを中心に活動している。李由美 フレッシュアイペディアより)

  • 無限男子

    無限男子から見た韓流韓流

    無限男子(むげんだんし)とは、NHK総合テレビジョンのバラエティドラマ「祝女」から誕生した「韓流」を標榜する3人組男性ユニットである。無限男子 フレッシュアイペディアより)

  • 世にも奇妙な漫☆画太郎

    世にも奇妙な漫☆画太郎から見た韓流韓流

    花子は韓流ドラマ「冬のそら」を見るためにアパートに帰ってきた。それを隠しカメラで見ていたストーカーはファックスを花子に送る。その時、突然、花子の部屋に「レイプマン」が入ってきた。世にも奇妙な漫☆画太郎 フレッシュアイペディアより)

  • シネマハウス

    シネマハウスから見た韓流韓流

    洋泉社で「キーワード事典」「朝までビデオ」シリーズを編集していた斎藤進が代表をつとめ、映画関連の書き下ろし単行本やワンテーマブックを刊行。1997年、ウォン・カーウァイの『恋する惑星』に端を発する香港映画ブームを受けて、アジア映画を中心に据えた映画雑誌『Movie Gong(ムービー・ゴン)』を創刊。その後、韓流ブームの到来にあわせて、徐々に韓国エンターテインメント専門誌にシフトしていった。同誌の執筆者は、大和晶、松岡環、黒田邦雄、大場正明ら。2006年に倒産。シネマハウス フレッシュアイペディアより)

  • 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

    木更津キャッツアイ ワールドシリーズから見た韓流韓流

    ユッケが見ていた韓流ドラマ「釜山港死ぬ死ぬ団」のメンバー。韓国らしく、「ビール!、ビール!」が「眞露!、眞露!」に代わっている。また、プサンが余命について話すと、なぜか店内に雪が降る(『冬のソナタ』のようなイメージ)。木更津キャッツアイ ワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「韓流スター」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画