128件中 51 - 60件表示
  • 韓流

    韓流から見た私の頭の中の消しゴム

    9月にペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演の『四月の雪』が全国400館以上の映画館で公開され、公開初週末の興行収入ランキングで2位に入った。さらに10月にはチョン・ウソン、ソン・イェジン主演で日本のドラマ『Pure Soul?君が僕を忘れても?』をリメイクした『私の頭の中の消しゴム』が公開され、初週から2週連続で興行収入ランキング1位と健闘し、最終的に30億円を突破した。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た上海市

    中国の北京や上海では、韓国ドラマの購入単価の安さなどを理由に、韓流以前から韓国テレビドラマが放送されてきた。韓国ドラマが受け入れられた背景には、中国から見れば韓国は先進国であるばかりか、当時の韓国の対中国投資は日本のそれと拮抗する規模にまで急成長しており、中国北東部への集中投資によって韓国人との接触の機会も増えており、このため、韓国の存在感が増していたことが挙げられる。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見たHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP

    2004年ごろから韓国ドラマのブームの、韓国芸能全体のブームへの拡大が推し進められたため、各メディアによって韓国の音楽が盛んに紹介された。結果としてK-POPと呼ばれる音楽ジャンルが認知され、その影響から日本に進出する韓国人歌手も増えてきている。ただし、彼らの多くはJ-POPの歌手として活動している。また彼らは日本語での会話も学習している。日本の大衆的音楽番組は『うたばん』や『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』等のようにトークが多くの割合を占めるので、日本語で会話が出来ない韓国人歌手にはアピールする場が限られ、認知度を上げることが難しいためである。事実、BoAは日本でのデビュー当時から日本語をあやつることが出来たため、メディア露出も多く、紅白歌合戦にも出場するなどJ-POP歌手としての地位を確立したが、イ・スヨンは韓国では既にトップ歌手であったにもかかわらず、日本語の会話が出来ないために上述のような番組に出演することがなく、認知度を上げることができなかった。その結果、複数枚の契約を締結したにもかかわらず、シングルCD1枚で日本市場から撤退している。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た雑誌

    2004年に入ると、テレビ・ラジオ・映画・音楽・新聞・雑誌・出版などの各メディアが競うように韓国の文化芸能情報を取り上げ、「韓流」という言葉の普及を推し進めた。また、当時の内閣総理大臣である小泉純一郎が、盧武鉉韓国大統領との会談の際に『冬のソナタ』に言及するなど、韓流が政治的な意味を持った。この年、民間調査機関の発表する各種のヒット商品番付では、「韓流」が上位にランクインした。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た哈日族

    韓国では、韓流に対応する日本の大衆文化の流行を指す言葉として日流(イルリュ、)がある(華語文化圏では哈日という)。また日本で中華文化圏の大衆文化の流行を指す言葉は華流と呼ばれる。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見たコマーシャルメッセージ

    2004年からの日本における韓流は、他のブームと同じように韓流がブームとなったことで、各種メディアが更に積極的に取り上げてブームを加熱させた。やがて広告やCMにも韓国人俳優が起用されるようになり、メディアが韓流に乗り、同時にメディアが国民を韓流に乗せたことを示している。韓流という言葉や現象が認知され始めた頃、一方では韓国人俳優に反発する人も見られるようになる。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た2002 FIFAワールドカップ

    日本では、1970年代後半の韓国演歌ブームや、1988年のソウルオリンピック開催の年、2002年の2002 FIFAワールドカップ共同開催の年に韓国に注目が集まっていたが、それらの時にはまだ韓流という言葉は存在していなかった。日本では民放TV全国四波化方針により1990年代に地方で放送局が増加し、また、BSやCSの放送局も増加してコンテンツ不足が発生していた。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見たブリティッシュ・インヴェイジョン

    のリーマン・ショック以降、韓国ウォンがのアジア通貨危機以来の安値まで暴落し、値を戻しながらも円高ウォン安傾向が続いているため、日本にとって韓国人アーティストは安価な労働力と化した(→K-POP参照)。、KARAや少女時代が日本で活動を開始すると、韓国では「日本人は韓国アイドルグループの日本進出を「Korean invasion(コリアン・インベージョン=韓国による侵攻)」と呼び、恐れと興奮を抱いてる」と報道された(→ブリティッシュ・インヴェイジョン参照)。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た民放TV全国四波化方針

    日本では、1970年代後半の韓国演歌ブームや、1988年のソウルオリンピック開催の年、2002年の2002 FIFAワールドカップ共同開催の年に韓国に注目が集まっていたが、それらの時にはまだ韓流という言葉は存在していなかった。日本では民放TV全国四波化方針により1990年代に地方で放送局が増加し、また、BSやCSの放送局も増加してコンテンツ不足が発生していた。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見たネット配信

    インターネットにおいては、数多くの韓国ドラマがストリーミングなどで配信されている。これには韓国の著作権法が一役買っている。ハリウッドや国内の映像ソフトには、いずれも権利の問題から再利用において厳しい制限があり、配信できるタイトル数、内容ともに貧弱といわざるを得ない状況であった。一方、韓国では著作権法が日本やアメリカとは異なり、ドラマや映画においては出演者や製作者には権利が一切存在せずに、放映する会社で一括して放映権の管理が行われている。そのために放映許諾を取ることが比較的容易なため、数多くのドラマが商用ウェブサイトで配信されている。韓流 フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示

おすすめ画像

おすすめ動画