前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 第49回世界卓球選手権個人戦

    第49回世界卓球選手権個人戦から見た韓陽韓陽

    日本からは男子シングルスに韓陽、松下浩二、岸川聖也、水谷隼、松平健太の5名、女子シングルスに福原愛、平野早矢香、福岡春菜、樋浦令子、藤井寛子の5名、男子ダブルスに岸川聖也、水谷隼組、高木和卓、松平健太組、女子ダブルスに福原愛、藤沼亜衣組、平野早矢香、石川佳純組、混合ダブルスに水谷隼、福岡春菜組、岸川聖也、福原愛組、韓陽、藤沼亜衣組、高木和卓、平野早矢香組、松平健太、石川佳純組が出場した。第49回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 張一博

    張一博から見た韓陽韓陽

    2010年3月 第62回東京卓球選手権大会 シングルス優勝、ダブルス(韓陽)優勝張一博 フレッシュアイペディアより)

  • 忠経

    忠経から見た韓陽韓陽

    著者は馬融とされるが、この馬融を、有名な後漢の儒学者である馬融とし、彼ならば『孝経』の註も作っているため、『忠経』の馬融序も「後漢南都太守馬融撰」と記された。宣徳年間に、明の韓陽を始め、これを礼讃する序を作って普及する者も生じたが、却って後代の考証家をして、後漢の馬融の著録に『忠経』がなく、隋唐の経籍芸文志にもその名のないところから、恐らく唐代や宋代に、大儒・馬融の名を借りて作られた偽書ではないかと推定されたために、世に重んじられなくなった。忠経 フレッシュアイペディアより)

  • ペンホルダー

    ペンホルダーから見た韓陽韓陽

    ラバーの貼り方は、他のラケットタイプと比べて独特である。グリップから少し離してラバーを貼る方法と、シェークハンドと同様に貼る方法に大別される。馬琳や韓陽のように表面、裏面で上記を組み合わせた方法で貼る選手もいる。ペンホルダー フレッシュアイペディアより)

  • 遊澤亮

    遊澤亮から見た韓陽韓陽

    異質速攻型のサウスポーで、堅いバックハンドのブロックを得意とする。東京アートでは選手兼任監督を務め、大森隆弘・韓陽とともに日本卓球リーグの常勝軍団を形成している。遊澤亮 フレッシュアイペディアより)

  • 松平賢二

    松平賢二から見た韓陽韓陽

    世界選手権直前の4月12日に行われた第18回日本リーグ・ビッグトーナメントでは木方慎之介、吉田海偉、韓陽、水谷隼を破り優勝した。松平賢二 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た韓陽韓陽

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆弘

    大森隆弘から見た韓陽韓陽

    東京アートでは、遊澤亮・韓陽とともに日本卓球リーグで活躍している。学生時代から頭にバンダナを巻いている。大森隆弘 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・ガチーナ

    アンドレイ・ガチーナから見た韓陽韓陽

    その後はジャパンオープンにも出場し、日本戦では韓陽に勝利して追い詰められていたチームを救い、韓国戦では敗れはしたが、柳承敏にセットオールまで食い下がるなど活躍し、チームの準優勝に貢献した。また、同大会のシングルスでは塩野真人と対戦した。(結果は塩野の勝利)アンドレイ・ガチーナ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック日本選手団

    北京オリンピック日本選手団から見た韓陽韓陽

    韓陽(東京アート)4回戦敗退北京オリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示