2851件中 31 - 40件表示
  • ウィリアム・バード

    ウィリアム・バードから見た音楽音楽

    ウィリアム・バード(William Byrd, 1543年? ? 1623年7月4日)は、イングランドで活躍したルネサンス音楽の作曲家である。「ブリタニア音楽の父」 (Brittanicae Musicas Parens) として現代イギリスにおいて敬愛されている。ウィリアム・バード フレッシュアイペディアより)

  • アラブ音楽

    アラブ音楽から見た音楽音楽

    アラブ音楽(アラブおんがく)とは、アラビア語を話す人々の音楽である。地域的には西南アジア、北アフリカを中心とした広がりを持ち、国としては、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、シリア、イラク、レバノン、エジプト、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、イエメンなどになる。周辺のイラン、トルコの音楽などとも関わりを持つ。アラブ音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 永田砂知子

    永田砂知子から見た音楽音楽

    幼いころよりピアノに親しみクラシック音楽の基礎を学ぶ。13歳より小宅勇輔に打楽器を学び、東京芸術大学付属高校を経て東京芸術大学器楽科・打楽器専攻を卒業高橋美智子・有賀誠に師事。卒業後クラシックの分野で活動していたが、1990年代より即興ベースの吉沢元治との共演をきっかけに即興演奏によりボーダレスな世界で活動開始。97年に美術家・斉藤鉄平が水琴窟にインスピレーションを受けて創作した鉄のスリットドラム「波紋音」に出会い「波紋音」だけを使った演奏活動を始める。ほかにかかわった美術家の創作したサウンドオブジェとして、1995年 - 2005年金沢健一「音のかけら」2000年 - 渡辺泰幸「土の音」がある。永田砂知子 フレッシュアイペディアより)

  • ピューティア大祭

    ピューティア大祭から見た音楽音楽

    紀元前6世紀には、すでにピューティア大祭はギリシア全土で著名であり、最初は、アポローン神を称えるに相応しいよう、音楽と詩歌の創作・発表競技が行われていた。伝説では、このような競技は、アポローンがピュートーンの大蛇を打破したときより始まっているとされる。それほどに古くからこの地は、ギリシアの中心として有名であった(発掘調査では、ミュケーナイ時代以前に遡る遺跡も見つかっている)。ピューティア大祭 フレッシュアイペディアより)

  • 神童

    神童から見た音楽音楽

    神童(しんどう)とは、特定分野において驚異的な能力を発揮する人物、特に少年時代に並外れて優秀であった者に対しての尊称である。音楽や数学等の分野で「神童」と呼ばれる例が多く見られる。神童 フレッシュアイペディアより)

  • 歌唱

    歌唱から見た音楽音楽

    歌唱(かしょう)とは声を用いて音楽を作り出すことを言い、調の使用、リズム、持続音などさまざまな発声技術によって通常の音声を強化することで行なわれる。歌唱を行う人は歌手と呼ばれる。歌手は音楽(アリア、叙唱、歌など)を奏で、それは楽器による伴奏がある場合とない場合がある。歌唱はしばしば他の音楽家とのグループの中で行われ、例として異なる音程の声を歌う歌手による合唱団や、ロックグループやバロックアンサンブルなど楽器演奏家とともに歌うことが挙げられる。また独唱家もいる。歌唱 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンランドの音楽

    グリーンランドの音楽から見た音楽音楽

    グリーンランドの音楽 (グリーンランドのおんがく,Music of Greenland) は、イヌイットとデンマークという二つの主要な音楽の伝統要素が混合し、更に、アメリカ合衆国と英国の音楽が影響して、混ざり合ってできたものである。グリーンランドの音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同

    菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同から見た音楽音楽

    2011年3月11日の東日本大震災により宮城県名取市に4月10日、緊急災害用FMラジオ局「なとらじ はちまる・いち」(周波数80.1Mhz)が開局となる予定であった。しかし資金難により日本音楽著作権協会への使用料が払えず音楽をかける見通しがたたなかった。この状況を憂いた同市出身のNHKプロデューサーKが、3月後半に同局の旅番組である街道てくてく旅の音楽を担当し福島県白河市で幼少期を過ごした菊池常利と青森県八戸市出身の真形テルコとのデュエット曲作成を懇願し彼らもまたそれに快く応じた。ヴェンタインレコードのプロデューサーユニットコペルニクス(吉田哲、木村敦、児島由美)は元気いっぱいの曲やありきたりの応援ソングを作るべきなのかと悩み曲作りは難航を極めたが最終的にはアフリカ飢饉のために立ち上がったUSAフォー・アフリカのチャリティーソング「We Are The World」のようにヴェンタインレコード系のアーティスト一同が手を取り合って歌うことによって被災者の方々や日本中が一つになることを体現できるのではないかと考えた。こうして4月10日、たった二週間という短い期間で応援ソング「あした日和」は完成し開局に間に合ったのである。さらに4月30日にはスケジュールの関係で参加できなかったアーティストを加えた「あした日和デラックス版」が完成。これを機に「菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同」としての活動は終了したがアーティスト個人でのチャリティー活動は今後も続けていく予定である。菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同 フレッシュアイペディアより)

  • ヤニー

    ヤニーから見た音楽音楽

    幼少の頃から音楽の才能をいかんなく発揮し、家計のためにリサイタルを開いていたが、このときは正式な音楽教育を受けておらず、また楽譜も読めなかった。家庭は非常に貧しかったが、家族の関係は非常に良く、父親がギターを弾き始めると母親が歌い始め、ヤニーもそれにあわせて歌っていた。ヤニー フレッシュアイペディアより)

  • ザルツブルク市街の歴史地区

    ザルツブルク市街の歴史地区から見た音楽音楽

    紀元前より岩塩の交易によって栄えてきたこの町は、「ザルツ(塩の)ブルク(城)」と呼称されてきた。中世において塩は、「白い黄金」と呼ばれるほど貴重なものであった。9世紀には司教座が置かれて宗教都市として栄え、ザルツァッハ川左岸の旧市街には、教会や歴史的建造物が数多く建てられ、「北のローマ」あるいは「北のフィレンツェ」と称された。1996年、世界遺産(文化遺産)に登録されたが、オーストリア国内ではウィーンの「シェーンブルン宮殿と庭園群」とならんで初の世界遺産登録であった。「教会国家」としての長い歴史にちなむ遺産、バロック時代に由来する多くの建築物群、モーツァルトの生家など音楽にまつわる多くの遺産で知られる。ザルツブルク市街の歴史地区 フレッシュアイペディアより)

2851件中 31 - 40件表示

「音楽」のニューストピックワード