2455件中 61 - 70件表示
  • 百人町

    百人町から見た音楽音楽

    かつて戦前は東京有数の高級住宅街として、戦後は「音楽の町」「楽器の町」として知られていたが、現在は新宿区内で最も外国人居住者の多い場所であり、韓国人向けの店舗が多い職安通りがある百人町は、大久保と合わせて関東最大のコリア・タウンといわれている。周辺に韓国や中国をはじめタイ、ミャンマー等のアジア諸国の料理店・雑貨店といったエスニックの要素が顕著であることで有名な街であるが地理的に新宿の繁華街から連続しており、各種オフィスも多い。他に一般住居や各種専門学校が多く集まる、あるいは歌舞伎町に近い地区にはラブホテル街が立ち並んだりといった色々な顔を持つ街でもある。一丁目に新大久保駅、大久保駅がある。歌舞伎町を挟んで、他に、駅周辺は住居にラブホテル・専門学校などが混在している。駅周辺以外は住宅街であり、山手線沿いの東京グローブ座を有する西戸山タワーホームズ(百人町3-1,1988年3月竣工)に代表される高層マンションや、建て替えの済んだ都営住宅が建つ。百人町 フレッシュアイペディアより)

  • IRCAM

    IRCAMから見た音楽音楽

    IRCAM(イルカム、仏正式: Institut de Recherche et Coordination Acoustique/Musique)はフランスの、音響および音楽の探求と共同のための研究所。1970年より、ポンピドゥー・センターの関連組織としてジョルジュ・ポンピドゥーの指導の下ピエール・ブーレーズによって組織され、1977年に設立した。訳語としてフランス国立音響音楽研究所が当てられている。IRCAM フレッシュアイペディアより)

  • 即興

    即興から見た音楽音楽

    即興(そっきょう、)は、型にとらわれず自由に思うままに作り上げる、作り上げていく動きや演奏、またその手法のこと。インプロヴァイゼーション、アドリブともいう。ただしインプロヴァイゼーションとアドリブを厳密に区別する者もいる。一般には、音楽・ダンス・演劇の世界において使用される語。即興 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見た音楽音楽

    子供たちが、大使や大使夫人、駐日大使館のシェフや外交官と、料理や音楽、スポーツを中心に国の文化を体験するアクティビティをする。料理や音楽という国の文化の影響を深く受けているものを、国を代表する人(多様性の重要性をもっとも理解されている方々)との出会いを通して学ぶのが特徴。リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • NHKラジオ第2放送

    NHKラジオ第2放送から見た音楽音楽

    NHKのラジオ放送は1925年(大正14年)3月に開始された時には1つだけだったが、1931年(昭和6年)からこれを2つに分けた。スタート当初から講座番組など教育放送を主とした番組編成だったが、ラジオ第2放送の普及が東京・大阪・名古屋の3都市に留まったため、1939年(昭和14年)に「都市放送」と改称し、都市知識層向けのより高度な教養・講座番組や文芸・音楽番組に力を入れた編成に改められた。NHKラジオ第2放送 フレッシュアイペディアより)

  • 平尾昌晃

    平尾昌晃から見た音楽音楽

    現在は音楽活動のみならず、『ものまねバトル』(日本テレビ系)の審査員、チャリティゴルフの企画等、幅広く活躍。平尾昌晃 フレッシュアイペディアより)

  • エクストリームスポーツ

    エクストリームスポーツから見た音楽音楽

    エクストリームスポーツの定義は曖昧である。ただ単純に危険であったり、過激なスポーツであれば、一概にエクストリームスポーツに当てはめることができるというわけではない。エクストリームスポーツと普通のスポーツとの境界については、その危険度や興奮を生み出す力と同様に、マーケティング展開(市場での展開)も重要であるといわれる。これは、エクストリームスポーツは、スポーツとしての側面と同時に、ファッションや音楽といった若者文化にも影響力を持つとされるためで、エクストリームスポーツのマーケティング展開においては、若者文化との関連性が強調されているものも多い。エクストリームスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 著作権

    著作権から見た音楽音楽

    著作権(ちょさくけん)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した者に認められる、それらの創作物の利用を支配することを目的とする権利をいう。著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。著作権 フレッシュアイペディアより)

  • 永田砂知子

    永田砂知子から見た音楽音楽

    幼いころよりピアノに親しみクラシック音楽の基礎を学ぶ。13歳より小宅勇輔に打楽器を学び、東京芸術大学付属高校を経て東京芸術大学器楽科・打楽器専攻を卒業高橋美智子・有賀誠に師事。卒業後クラシックの分野で活動していたが、90年代より即興ベースの吉沢元治との共演をきっかけに即興演奏によりボーダレスな世界で活動開始。97年に美術家・斉藤鉄平が水琴窟にインスピレーションを受けて創作した鉄のスリットドラム「波紋音」に出会い「波紋音」だけを使った演奏活動を始める。他にかかわった美術家の創作したサウンドオブジェとして、1995年?2005年金沢健一「音のかけら」2000年?渡辺泰幸「土の音」がある。永田砂知子 フレッシュアイペディアより)

  • コンパクトディスク

    コンパクトディスクから見た音楽音楽

    コンパクトディスク(、CD(シーディー))とはデジタル情報を記録するためのメディアである。光ディスク規格の一つでレコードに代わり音楽を記録するため、ソニーとフィリップスが共同開発した。2011年現在ではコンピュータ用のデータなど、派生規格の普及により音楽以外のデジタル情報収録にも用いられる。音楽CDについてはCD-DAも参照。コンパクトディスク フレッシュアイペディアより)

2455件中 61 - 70件表示

「音楽」のニューストピックワード