181件中 11 - 20件表示
  • 音楽

    音楽から見た歴史

    音楽の歴史は、有史以前まで遡ることが出来る()。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た

    音楽を、単なる「音」ではなく、また「言語」でもなく、「音楽」として認識するのメカニズムは、まだ詳しくわかっていない。それどころか、ヒトが周囲の雑多な音の中からどうやって声や音を分離して聞き分けているのかなど、聴覚認知の基本的なしくみすら未解明なことが多い。しかし、音楽と脳の関係について、以下のようないくつかの点は分かっている。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た中国

    日本では、縄文時代からすでに音楽が始まっていたが、5世紀から8世紀にかけて朝鮮半島・中国から音楽を取り入れたことからさまざまなジャンルの音楽が始まった。まず、平安時代に遣唐使を廃止して国風文化が栄えていた頃、外来音楽を組み込んだ雅楽が成立し、宮廷音楽が盛んになった。その後鎌倉時代・室町時代には日本固有の猿楽が始まり、能・狂言に発展した。江戸時代でも日本固有の音楽が発達し、俗楽(浄瑠璃、地歌、長唄、箏曲など)に発展した。明治時代以降は音楽においても西洋化、大衆化が進み、西洋音楽の歌曲やピアノ曲が作曲された。昭和時代には歌謡曲や流行歌などの昭和時代のポピュラー音楽が始まり、戦後はアメリカのポピュラー音楽や現代音楽が取り入れられ、演歌やJ-POPに発展した。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た口笛

    音を発生する方法には声、口笛、手拍子、楽器などがある。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た音楽配信

    最近ではデータ圧縮技術を活用して、インターネット経由の音楽配信、デジタルオーディオプレーヤー(MP3プレーヤー)等によって、音楽視聴の利便性を追求する方向での配布・配信の変化が著しい。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た作曲者

    音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」が基本として考えられている。作曲とは、作曲者の心に感じた事を音によって表現することである。演奏とは、再現芸術ともよばれ、作曲された音楽を実際に音として表現する行為であり、原曲を変えて演奏したり(編曲)、声楽曲を器楽曲に変える等(編曲)する行為も演奏行為とされる。()。鑑賞とは音楽を聴いてそれを味わったり、価値を見極めたりすることである。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た古代ローマ

    4世紀古代ローマの哲学者、アウグスティヌスの『音楽論』では「musica est scientia bene modulandi (音楽とは音を良く整えるスキエンティアである)」とした。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見たアウグスティヌス

    4世紀古代ローマの哲学者、アウグスティヌスの『音楽論』では「musica est scientia bene modulandi (音楽とは音を良く整えるスキエンティアである)」とした。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た短期記憶

    絶対音感:聴いた音の音階、基準になる音との比較なしに、努力せずに識別できる能力のことで、9?12歳程度を超えると身に付けることができないといわれている。アジア系の人には絶対音感の持ち主が多いと言われているが正確なデータはなく、これが遺伝的、文化的要因のいずれによるのかも医学的な根拠は示されていない。また、絶対音感を持っている人と持っていない人では、音高を判断しているときに血流が増加する脳の部位が異なる。持っていない人では、音高を短期記憶として覚えることに関係する右前頭前野の活性が弱いのに対し、持っている人では記憶との照合をする、背外側前頭前野の活性が強かったという。また絶対音感保持者では側頭葉の左右非対称性(左>右)が強いという(Zattoreら、2003)。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た民謡

    クラシック音楽の音楽史においては、6世紀頃まで遡ることができる。まず、この頃にキリスト教の聖歌であるグレゴリオ聖歌や、多声音楽が生まれ(中世西洋音楽)、これが発展し、15世紀にはフランスのブルゴーニュ地方でルネサンス音楽が確立された。16世紀には本格的な器楽音楽の発達、オペラの誕生が起こり、宮廷の音楽が栄えた(バロック音楽)。これ以前の音楽を初期音楽とよぶことが多い。その後18世紀半ばになると民衆にも音楽が広まり、古典派音楽とよばれる「形式」や「和声」に重点をおいた音楽に発展した。またこの頃から一般的に音楽が芸術として見られるようになる。19世紀には「表現」に重点を置いたロマン派音楽に移行し、各国の民謡などを取り入れた国民楽派も生まれる。20世紀頃には「気分」や「雰囲気」で表現する印象主義音楽や、和声及び調の規制をなくした音楽などの近代音楽が生まれ、さらに第二次世界大戦後は現代音楽とよばれる自由な音楽に発展した。音楽 フレッシュアイペディアより)

181件中 11 - 20件表示

「音楽」のニューストピックワード