181件中 31 - 40件表示
  • 音楽

    音楽から見た民族音楽

    音楽には様式があり、それを「ジャンル」と呼んでいる。「民族音楽」「クラシック音楽」「ジャズ」「ロック」などといった名称で呼ばれているのがそれである()。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見たレコード

    かつてジャンルの変化というのは比較的ゆっくりしたものだったが、レコード等が流通するようになってからは、音楽家が地域や時代を超えてすばやく色々なジャンルの音楽を学べるようになったことにより、ジャンルの融合等の試みも生まれ、ジャンルは加速度的に分化されていった。現代の音楽は、様々なジャンルの複雑な合成になっていることが多い。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た和音

    音には、基本周波数(音の高さ、音高)、含まれる周波数(音色、和音など)、大きさ(音量)、周期性(リズム)、音源の方向などの要素がある。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た歌曲

    日本では、縄文時代からすでに音楽が始まっていたが、5世紀から8世紀にかけて朝鮮半島・中国から音楽を取り入れたことからさまざまなジャンルの音楽が始まった。まず、平安時代に遣唐使を廃止して国風文化が栄えていた頃、外来音楽を組み込んだ雅楽が成立し、宮廷音楽が盛んになった。その後鎌倉時代・室町時代には日本固有の猿楽が始まり、能・狂言に発展した。江戸時代でも日本固有の音楽が発達し、俗楽(浄瑠璃、地歌、長唄、箏曲など)に発展した。明治時代以降は音楽においても西洋化、大衆化が進み、西洋音楽の歌曲やピアノ曲が作曲された。昭和時代には歌謡曲や流行歌などの昭和時代のポピュラー音楽が始まり、戦後はアメリカのポピュラー音楽や現代音楽が取り入れられ、演歌やJ-POPに発展した。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見たロック (音楽)

    音楽には様式があり、それを「ジャンル」と呼んでいる。「民族音楽」「クラシック音楽」「ジャズ」「ロック」などといった名称で呼ばれているのがそれである()。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見たジャンル

    音楽には様式があり、それを「ジャンル」と呼んでいる。「民族音楽」「クラシック音楽」「ジャズ」「ロック」などといった名称で呼ばれているのがそれである()。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た編曲

    音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」が基本として考えられている。作曲とは、作曲者の心に感じた事を音によって表現することである。演奏とは、再現芸術ともよばれ、作曲された音楽を実際に音として表現する行為であり、原曲を変えて演奏したり(編曲)、声楽曲を器楽曲に変える等(編曲)する行為も演奏行為とされる。()。鑑賞とは音楽を聴いてそれを味わったり、価値を見極めたりすることである。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た音楽理論

    音楽は有史以前から行われていたとされるが、何時、どのように始まったかは定かでない。ただ、それは歌から始まったのではないかと考えられている。西洋では、古代ギリシアの時代にはピタゴラスやプラトンにより音楽理論や音楽に関する哲学が始まっており、古代ギリシアの音楽はギリシア悲劇や詩に伴う音楽が主であった。これが後のクラシック音楽に繋がっている。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た周波数

    音には、基本周波数(音の高さ、音高)、含まれる周波数(音色、和音など)、大きさ(音量)、周期性(リズム)、音源の方向などの要素がある。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た楽器

    音を発生する方法には声、口笛、手拍子、楽器などがある。音楽 フレッシュアイペディアより)

181件中 31 - 40件表示

「音楽」のニューストピックワード