87件中 41 - 50件表示
  • 青木真也

    青木真也から見た須藤元気須藤 元気

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で長島☆自演乙☆雄一郎と対戦。試合はミックスルール(1Rが3分の特別キックルール(フリーノックダウン制)、2Rが5分の総合格闘技ルール。2Rで決着がつかない場合は判定なし)で行なわれたが、2R開始直後に青木がタックルを仕掛けた瞬間、長嶋の右跳び膝蹴りが直撃し、倒れ込んだところを鉄槌で追撃され、2R4秒で失神KO負け。この試合では、1Rに明らかに時間稼ぎのクリンチやドロップキックなどで逃げ回り、反則であるロープに掴む行為も行ない、会場からはブーイングが浴びせられており、この試合の解説を行った須藤元気には「バチが当たった」、魔裟斗には「逃げてちゃ勝てないですよ」と酷評された。一方で、北岡悟や菊野克紀など、「(ああしたルールである以上)勝つための手段としてならば責められるものではない」といった旨の評価もあり、興行論や競技性などを問う議論ともなった。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 山本喧一

    山本喧一から見た須藤元気須藤 元気

    2001年12月に、須藤元気とリングスのリングで試合を行ったことがある。山本の通常体重は96kgであるが、この試合のために苦しみながらも75kgにまで減量してきた。さらにこの試合では山本が保持していた「UFC-JAPAN」(UFCの認定タイトルではなく、現在活動停止中のUFC-JAPANが制定したベルト)のベルトが賭けられた。試合は裸絞めで山本が敗北し、ベルトは須藤に奪われた。山本喧一 フレッシュアイペディアより)

  • PaniCrew

    PaniCrewから見た須藤元気須藤 元気

    須藤元気でWORLD ORDERの初期メンバー招集と、ダンス指導を担当したのは笠原康哉である。PaniCrew フレッシュアイペディアより)

  • 高谷 裕之

    高谷裕之から見た須藤元気須藤 元気

    2005年9月7日、トーナメント準々決勝でレミギウス・モリカビュチスと対戦。激しい打撃戦となったが、最後はパウンドによりTKO(レフェリーストップ)勝ち。レミギウスのキックにより右肘を負傷したがドクターストップを振り切り、トーナメント準決勝で須藤元気と対戦。ほぼ左手のみで戦ったが、三角絞めで一本負け。高谷裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 今成正和

    今成正和から見た須藤元気須藤 元気

    やる気のある者には団体の垣根を越えて自分の技術を伝授する。須藤元気など多くの著名選手に足関節技の指導をしている。今成正和 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥエイン・ラドウィック

    ドゥエイン・ラドウィックから見た須藤元気須藤 元気

    2003年4月25日、UFC初参戦となったUFC 42で須藤元気と対戦し、3-0の判定勝ち。ドゥエイン・ラドウィック フレッシュアイペディアより)

  • プラン・インターナショナル

    プラン・インターナショナルから見た須藤元気須藤 元気

    須藤元気(元格闘家・作家)、チャイルドは僕の先生的存在といい、チャイルドからもらった絵は印象にのこってますとコメントしているプラン・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 高田千尋

    高田千尋から見た須藤元気須藤 元気

    好きなタイプは須藤元気高田千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た須藤元気須藤 元気

    3月8日 - 須藤元気(東京都、格闘家)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山本徳郁

    山本徳郁から見た須藤元気須藤 元気

    2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にてトーナメント決勝戦を須藤元気と対戦し、右フックのダウンからパウンドの連打で1RKO勝ちを収めトーナメント優勝を果たし、キャリア初のベルト戴冠となった。この試合の決着場面において「レフェリーストップが早かったのでは?」という指摘が須藤とファンから挙がったが、後日にTBSで放送された格闘王で、レフェリーストップ直後に立ち上がった須藤の脳が揺れて足元がふらついてコーナーまでよろめいている映像が放送され、事なきを得た。須藤も後に「ストップされた時は、(ダメージがあったため)あまり覚えていない」と語っている。山本徳郁 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「須藤元気」のニューストピックワード