75件中 51 - 60件表示
  • カルロス・カスタネダ

    カルロス・カスタネダから見た須藤元気須藤 元気

    初期の著作はポストモダン人類学や宗教現象学の実例として大きな話題を呼んだが、後年カスタネダ自身が自ら体得した知恵を紹介し始めたことから、ネオシャーマニズムのリーダー的存在と見なされるようになっていった。心理療法家のアーノルド・ミンデルはその著『シャーマンズ・ボディ』でカスタネダの示したメソッドを発展的に紹介している。日本では宗教人類学者の永沢哲が、こうした文脈の中でカスタネダを評価している。また、精神主義的なニューエイジ運動に距離をとっている芸術家たちの多くも影響を公言している。たとえば、作家のよしもとばなな、音楽家の細野晴臣もカスタネダの著作を愛読書として挙げているほか、漫画家の藤原カムイの初期作品に影響が見られる。おなじく外薗昌也の漫画『ワイズマン』は直接の影響関係にある。元格闘家の須藤元気が自身の著作で『呪術師と私』を紹介したことから再び注目されている。カルロス・カスタネダ フレッシュアイペディアより)

  • 日本コカ・コーラ

    日本コカ・コーラから見た須藤元気須藤 元気

    ジョージア(歌ジャケ) ソン・イェジン・須藤元気日本コカ・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • 大改造!!劇的ビフォーアフター

    大改造!!劇的ビフォーアフターから見た須藤元気須藤 元気

    第6回 - 2008年3月30日放送(18:56 - 20:54)。「家族で食卓を囲めない家」と題し、段差が多く部屋が細切れの家をリフォーム。ゲストパネラーはグッチ裕三、堀ちえみ、須藤元気、新山千春。この回よりロケ部分もハイビジョン撮影となる。大改造!!劇的ビフォーアフター フレッシュアイペディアより)

  • 青木崇高

    青木崇高から見た須藤元気須藤 元気

    『るろうに剣心』の相楽左之助役は、アクション監督の谷垣健治からドニー・イェンの『導火線 FLASH POINT』のDVDを渡され、このイメージでと言われ特訓した。 須藤元気扮する戌亥番神とのバトルシーンの撮影は一昼夜に及んだが、元格闘家の須藤から「ムネ、タフだね…」と言われ嬉しかった、とのこと。青木崇高 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥエイン・ラドウィック

    ドゥエイン・ラドウィックから見た須藤元気須藤 元気

    2003年4月25日、UFC初参戦となったUFC 42で須藤元気と対戦し、3-0の判定勝ち。ドゥエイン・ラドウィック フレッシュアイペディアより)

  • 山本徳郁

    山本徳郁から見た須藤元気須藤 元気

    2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!にてトーナメント決勝を須藤元気と対戦し、右フックのダウンからパウンドの連打で1RKO勝ち。HERO'Sミドル級王者となり、キャリア初のベルト戴冠となった。この試合の決着場面において「レフェリー・ストップが早かったのでは?」という指摘が須藤とファンから挙がったが、後日にTBSで放送された格闘王で、レフェリー・ストップ直後に立ち上がった須藤の脳が揺れて足元がふらついてコーナーまでよろめいている映像が放送され、事なきを得た。須藤も後に「ストップされた時は、(ダメージがあったため)あまり覚えていない」と語っている。山本徳郁 フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・デッカー

    ラモン・デッカーから見た須藤元気須藤 元気

    2005年3月26日、総合格闘技大会HERO'Sで現役復帰。須藤元気と対戦するも、ヒールホールドで一本負け。ラモン・デッカー フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ミラー

    ジェイソン・ミラーから見た須藤元気須藤 元気

    ファンを楽しませることを信条としており、試合内容だけでなく入場パフォーマンスにも強いこだわりを持っている。派手な入場パフォーマンスをすることで有名な桜庭和志と須藤元気を尊敬しており、解説者としてメイヘムの試合を見ている須藤もメイヘムに共感を覚えるとコメントしていた。また、UFCが、プロレス団体WWEとの差別化を図るために入場の花道を短く狭くしており、選手の入場に対しても制限時間を指定していることに対してメイヘムは不満のコメントを残している。ジェイソン・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た須藤元気須藤 元気

    格闘技全般ではK-1やPRIDEなどが更に人気となり、大晦日に行われる興行がテレビ中継されるようになった。2003年には民放キー局3局が大晦日に格闘技中継をするなど、日本の格闘技界は絶頂を迎え世界をリードするようになる。しかし2007年のPRIDE消滅から総合格闘技人気は減退し、総合格闘技の頂点はPRIDEからアメリカのUFCに移ることになる。この時代の人気選手として桜庭和志、ボブ・サップ、魔裟斗、須藤元気、ヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、小川直也、吉田秀彦などが挙げられる。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

    仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリから見た須藤元気須藤 元気

    泉京水 / ルナ・ドーパント(声) - 須藤元気仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「須藤元気」のニューストピックワード