54件中 11 - 20件表示
  • 須藤 元気

    須藤元気から見た江崎グリコ

    「ウォータリングキスミント」(江崎グリコ須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見たテレビ朝日

    2008年12月30日、テレビ朝日『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル』に出演し、量子論による意識の解釈で論争を巻き起こした(量子脳理論参照)。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見たアマチュアレスリング

    関東第一高等学校時代に始めたレスリング(グレコローマンスタイル)が格闘スタイルの基礎であり1996年に拓殖短期大学に進学すると、全日本ジュニアオリンピック優勝を果たし、世界ジュニア選手権に出場した。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見た山本喧一

    このタイトルはUFCに正式に認められたものではなく、活動を停止しているUFC-JAPANのリングで制定されたベルトである。前王者の山本喧一が個人的に保持していたものを、2001年12月21日にリングスでタイトルマッチを行ない奪取した。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見た小山ゆう

    名前は父親がファンであった小山ゆうのボクシング漫画『がんばれ元気』が由来。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見た小比類巻太信

    K-1 WORLD MAXでのデビュー戦は、2002年2月11日の日本代表決定トーナメント。第一戦は、日本キックボクシング界のエース的存在であった小比類巻貴之であったが、バックブローで1Rに小比類巻からダウンを奪う。結局、逆転負けを喫したが、この試合でその後の自らのサクセスストーリーを描くこととなった。ちなみにこの試合で決定打を放ったバックブローを使った動きは、かつてシュートボクシングで活躍していたマンソン・ギブソンや、ボクシング界の異端児であったナジーム・ハメドを参考にしたと本人が後日語っている。その後、バックハンドブローのフェイントを多用するため、試合中何度も相手に背中を向ける展開が多かった。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見たナジーム・ハメド

    K-1 WORLD MAXでのデビュー戦は、2002年2月11日の日本代表決定トーナメント。第一戦は、日本キックボクシング界のエース的存在であった小比類巻貴之であったが、バックブローで1Rに小比類巻からダウンを奪う。結局、逆転負けを喫したが、この試合でその後の自らのサクセスストーリーを描くこととなった。ちなみにこの試合で決定打を放ったバックブローを使った動きは、かつてシュートボクシングで活躍していたマンソン・ギブソンや、ボクシング界の異端児であったナジーム・ハメドを参考にしたと本人が後日語っている。その後、バックハンドブローのフェイントを多用するため、試合中何度も相手に背中を向ける展開が多かった。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見た漫画

    名前は父親がファンであった小山ゆうのボクシング漫画『がんばれ元気』が由来。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見たHERO'S

    以後はK-1系の総合格闘技イベントHERO'Sにも出場。試合中に相手選手にお尻を向け、怪しげな手と足の動きで歩み寄ったりすることが多いため、前田日明HERO'Sスーパーバイザーから、「トリッキーすぎる」と批判をされたこともあったが、須藤は「これが自分のスタイルです」とかわすなど、入場パフォーマンスを含めた自身のスタイルにこだわりを見せた。2005年以降は総合格闘技イベントHERO'S、Dynamite!!などK-1系の興行を主戦場に、CMや映画出演、雑誌への露出など芸能活動に活動の幅を広げた。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤 元気

    須藤元気から見た関東第一高等学校

    関東第一高等学校時代に始めたレスリング(グレコローマンスタイル)が格闘スタイルの基礎であり1996年に拓殖短期大学に進学すると、全日本ジュニアオリンピック優勝を果たし、世界ジュニア選手権に出場した。須藤元気 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「須藤元気」のニューストピックワード