125件中 91 - 100件表示
  • ファシズム

    ファシズムから見た領土問題領土問題

    ドイツの国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の場合は、イタリアのファシスト党とは異なり元々国家社会主義を掲げ、当初は25カ条綱領では社会主義的な政策を掲げたが、後にはヒトラーの指導者原理が優先された。ヒトラーはムッソリーニとイタリアのファシズムを絶賛し、とくに1922年のローマ進軍を評価した。ヒトラーは「イタリアにおけるファシズムの勝利は、イタリア人がユダヤ人に勝利したということだ」と述べ、ムッソリーニを讃えた。ゲッベルスはイタリアファシズムを自由民主主義との戦いであるとして「ローマ進軍は自由民主主義にとって嵐のシグナルである。これは自由民主主義精神の世界を破壊する最初の試みである。1789年のバスティーユ襲撃以降、暴力革命動乱が世界を征服し、民族はマルクス主義、民主主義、アナーキー、階級闘争の支配下に置かれた」と述べた。ナチスはイタリアの真似をしてベルリン進軍を計画し、ワイマール共和国はマルクス主義であると考えられた。ムッソリーニは当初ヒトラーらナチスを単なる真似とみなし、嫌っており、ナチスは道化師であるとのべていた。しかし、1928年にはイタリアはナチスの有効性を認識し、資金援助をおこなった。ヒトラーはイタリアのファシズムに傾倒するあまり、(イタリア趣味)となって、古代ローマ帝国をドイツのモデルにした。ヒトラーはローマ帝国の権威主義、帝国主義、都市計画、建築を賞賛し、ローマ人は「支配民族(master race)」であるとした。ヒトラーが第一次世界大戦当時敵国であったイタリアに敵対心を抱かなかったのは、イタリアがヨーロッパ中央の権力との戦争に至ったのは、オーストリア=ハンガリー帝国に対する領土問題があったからで、奪われた自国の領土を奪回しようとすることは理解できるとヒトラーは述べており、イタリアの行動を理解していたためといわれる。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本

    2014年の日本から見た領土問題領土問題

    1月28日 - 下村博文文部科学大臣、教科書作成や教員による指導の指針となる中学校と高校の学習指導要領解説書を改定、中学校の社会科、高校の地理歴史と公民に、尖閣諸島と竹島を「固有の領土」と明記した上で、竹島は韓国に不法占拠され、尖閣には領土問題が存在しないとの政府見解に沿った内容を追加したことを正式に発表。2014年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 川端達夫

    川端達夫から見た領土問題領土問題

    2009年12月25日、高校の新学習指導要領解説書で竹島を領土問題として例示しなかったことについて、閣議後の記者会見で、「竹島はわが国固有の領土であり、正しく認識させることに何ら変更があるわけではない」と強調し、「より簡素化するという意味で、『中学を踏まえて』という表現に集約した」と説明した。川端達夫 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・エンジェルズ

    ブラック・エンジェルズから見た領土問題領土問題

    『ザ・松田』では終盤に生存が判明(本人曰く「蘇った」)。三国の領土問題の代理戦争にてC国(連載初期は伏せずに中国と明記されている)代表として松田と戦う事になる。松田の子供は一度死亡した際に失っており、松田と恋人だった事もブラックエンジェルだった事も「蘇ったと同時に吹っ切った事」と言い放つ。しかしその際に大粒の涙を流しており、松田に吹っ切れていない事を指摘される。ブラック・エンジェルズ フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見た領土紛争領土問題

    インドの陸地はほとんどがインド洋に突き出した南アジアの半島上にあり、南西をアラビア海に、南東をベンガル湾に区切られて7000kmの海岸線をもつ。多くの地域では雨期が存在し、三つの季節、夏、雨期、冬に分けられ、雨期を除いてほとんど雨の降らない地域も多い。北インド・中央インドはほぼ全域に肥沃なヒンドスタン平野がひろがり、南インドのほぼ全域はデカン高原が占める。国土の西部には岩と砂のタール砂漠があり、東部と北東部の国境地帯は峻険なヒマラヤ山脈が占める。インドが主張するインド最高点はパキスタンと係争中のカシミール地方にあるK2峰(標高8,611m)である。確定した領土の最高点はカンチェンジュンガ峰(同8,598m)である。気候は南端の赤道地帯からヒマラヤの高山地帯まで多様性に富む。インド フレッシュアイペディアより)

  • 資源

    資源から見た領土問題領土問題

    地球の表面積の70.8%は海であり、その海底には石油・天然ガス・メタンハイドレート・マンガン団塊などの資源が眠っている。これらを海底資源という。これまではその水圧などもあって利用が困難であったが、技術の発達により海底に眠る資源を開発する動きがでている。しかし、公海に眠る資源についてそれが誰のものか、という問題や、どの国の排他的経済水域(EEZ)であるか、どの国が島を領有するかなどの領土問題を抱える地域も多く、しばしば国際的な対立ともなる(尖閣諸島や南沙諸島(スプラトリー諸島)を巡る対立など)。資源 フレッシュアイペディアより)

  • 竹島 (島根県)

    竹島 (島根県)から見た領土問題領土問題

    国際司法裁判所(ICJ)への付託は、義務的管轄権がない紛争の当事国が拒否すれば裁判を行うことができない。韓国はこの義務的管轄権を受諾しておらず、韓国政府が付託に同意しない限り竹島領有権紛争を ICJ で解決することはできない。しかし、裁判の手続きはできなくとも付託は当事国の一方のみでも可能であることから、この問題を世界に提起する意味で日本だけでも付託すべきだという考えもある。(現在まで日本は付託を一度も行っていない) これまでに領土問題を ICJ で解決した事例は世界で16件に上るため、日本政府は韓国に対し竹島の一方的な占拠をやめてICJによる平和的解決をするよう要望している。 (国際司法裁判所で解決した領土紛争を参照)竹島 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • 濱口和久

    濱口和久から見た領土問題領土問題

    1月、日本青年会議所近現代史教育実践委員会副委員長に就任。また、安全保障・領土問題、防災・危機管理に関する講演、執筆活動を本格的に開始する。濱口和久 フレッシュアイペディアより)

  • 下地島空港

    下地島空港から見た領土問題領土問題

    下地島空港は沖縄本島と台湾・中国大陸の中間にあり、また尖閣諸島にも近く、滑走路は日本全体でも数少ない両端にILSが設置された空港でもある。航空自衛隊が使用する那覇空港は軍民共用であり、かつ民間の発着便数の多さだけでも過密といえる状態である。中国の軍事的脅威や尖閣諸島の領土問題、普天間飛行場の移設問題(普天間基地移設問題)も含め、地政学的見地からも下地島空港への米軍や自衛隊配備を支持する意見がある一方、これに反対する意見もある。下地島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮舫

    蓮舫から見た領土問題領土問題

    行政刷新相を務めていた2010年9月14日、閣議後の記者会見で、尖閣諸島付近で起きた海上保安庁の巡視艇と中国籍の漁船の衝突事故に関連し、尖閣諸島について「領土問題であるから日本は毅然と対応する必要がある」と述べ、「東シナ海に領土問題は存在しない」とする政府の見解とは異なる見解を示したが、同日午後に「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有のものだ」と発言を修正した。蓮舫 フレッシュアイペディアより)

125件中 91 - 100件表示