86件中 11 - 20件表示
  • 新日本文庫

    新日本文庫から見た領土問題領土問題

    注目すべきものとして、広津和郎の戦前の作品『風雨強かるべし』、峠三吉の詩集、日本共産党の論文としては、公明党との間で交わされた日本国憲法論争の文献、ソ連や中国の共産党と対立した1960年代の文献、全千島列島の日本返還を主張した領土問題の文献がある。新日本文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 珍宝島

    珍宝島から見た領土問題領土問題

    1860年の北京条約でウスリー川が両国の境界(国境)となったが、中州の帰属については両国で見解が分かれていた。両国はそれぞれ領有権を主張し長年対立したが、1991年5月16日に結ばれた中ソ国境協定で中華人民共和国領とすることで合意され、この部分の領土問題は解決した。現在は黒龍江省虎林市に属している。珍宝島 フレッシュアイペディアより)

  • トゥーズラの紛争

    トゥーズラの紛争から見た領土問題領土問題

    トゥーズラ島は狭いケルチ海峡に浮かぶ島であって、同海峡の領海権や航行権の問題に大きな影響を及ぼす地勢となっている。そのため、ロシアとウクライナの間において領土問題が発生することとなった。トゥーズラの紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 東安鎮事件

    東安鎮事件から見た領土問題領土問題

    ロシア沿海州と満州の国境を流れるアムール川を巡っては、満州事変以前から中ソ間の領土問題が存在した。特に、川上の島の帰属を巡る対立があり、ソ連側はアイグン条約を根拠に全島がソ連領であると主張していたのに対し、中国側はアイグン条約は不平等条約で無効であり、川の中央を国境線とする国際法の原則によるべきとの主張を行っていた。1931年(昭和6年)に日本が満州事変を起こした後も、日本・満州国と、ソ連の間で対立の構図が引き継がれていた。武力衝突もたびたび起きており、1937年(昭和12年)には乾岔子島事件で日本軍がソ連砲艇を撃沈している。東安鎮事件 フレッシュアイペディアより)

  • 反韓

    反韓から見た領土問題領土問題

    また近年では、日本の主に右派・保守派(冷戦時代、ほとんどの右翼団体は親韓の立場をとっていたが、冷戦終結後の現在の右翼団体による親韓的立場は売国主義や日本人を装う在日韓国人右翼の陰謀と見做され、親韓的立場をとる右翼団体や保守系団体は皆無といえ、逆に反韓的立場の保守・右翼団体が増えている)の人々の間で、歴史認識問題や竹島(韓国名:独島)の領土問題といった政治的対立をめぐって韓国に反感を抱く人々が増えており、反韓感情が拡大している現状がある。このほか、日本や中国や台湾において、「何でも自国文化を韓国発祥だと主張している」「著名人を根拠なくコリアンやコリアン系の同胞だと主張している」として、韓国に対して嫌悪感を持つ人々も出てきているが、これら一部の韓国人による個々人の問題行動に対する反感は嫌韓と呼ばれ、反韓とは似て非なる感情である。反韓 フレッシュアイペディアより)

  • 対日有害活動

    対日有害活動から見た領土問題領土問題

    ソ連が崩壊し、ロシア連邦となって以降も、SVR(KGBの後継組織)とGRUは諜報活動を続けている。とくに2000年にプーチンが大統領に就任して以降、諜報活動が活発化していることから、外事警察は領土問題や科学技術に対するロシアの外交官・情報機関員の活動を警戒している。近年の諜報事件としては2000年のボガチョンコフ事件、2006年のニコン社員事件などがある。対日有害活動 フレッシュアイペディアより)

  • 牧山弘恵

    牧山弘恵から見た領土問題領土問題

    2012年8月24日の参院予算委員会での集中審議において、「ロンドン五輪のサッカー日韓戦で、領土問題を持ち出した韓国の選手もいたが、それは極一部の方だと思う」「私が実際に接した中で、中国人や韓国人の多くは親日だ」と述べた。牧山弘恵 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーファシズム (共産主義)

    スーパーファシズム (共産主義)から見た領土問題領土問題

    ハイエクの見解が正しいとすれば、冷戦後も生き残り続ける日本国内の共産主義者の残党や、彼らに操られた役に立つ馬鹿である旧進歩主義者が何と言おうと、民主主義国である日本が尖閣諸島をめぐる問題で安易に現役のファシスト国家である中国に譲歩すれば(中国人の一部が既に新たに領有権の主張を始めている沖縄に関して)、民主主義諸国がナチスドイツに領土問題で譲歩することで第二次世界大戦への道を開いたミュンヘン協定の二の舞を踏むことになる可能性が高いが、それこそが日本の共産主義者の残党の真の目的である。そこで本当に平和を望むものはこのような宥和政策の危険こそ世界に訴えるべきであろう。スーパーファシズム (共産主義) フレッシュアイペディアより)

  • トゥーズラ島

    トゥーズラ島から見た領土問題領土問題

    ソ連崩壊後、独立したロシア連邦とウクライナとの間にはいくつもの領土問題が生じたが、この島も係争の地となっていた。特に、2003年から起こったトゥーズラの紛争は大きな問題となったが、2005年7月にロシアがトゥーズラ島とその海域がウクライナに属することを承認し、解決した。2012年7月12日には両国首脳会談にて島の領有権がウクライナ側にあることが再確認された。トゥーズラ島 フレッシュアイペディアより)

  • 暫定協定

    暫定協定から見た領土問題領土問題

    たとえば領土問題で争う二つの国が暫定協定に至った場合、両国とも互いの領域に対する価値観や紛争地に対する態度について合意することはなくても、互いの主張の違いを残したまま共存する道を達成することはできる。暫定協定 フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示