86件中 41 - 50件表示
  • Google マップ

    Google マップから見た領土問題領土問題

    なお、領土問題や表記問題がある地域の地名は、中立を保つため表示されないか併記されている(例外有り)。 ただし、竹島やパレスチナなど一部は一方の国側の領土と連想させる表現がある。Google マップ フレッシュアイペディアより)

  • 相馬義胤 (十六代当主)

    相馬義胤 (十六代当主)から見た領土問題領土問題

    永禄2年(1559年)、伊達稙宗(丸森城)が小高城へ来訪、自分の娘を義胤の嫁に薦める。翌年(1560年)、稙宗の末娘・越河御前と結婚した。永禄6年(1563年)、青田顕治と中村城代・草野直清の反乱鎮圧にて初陣する。永禄8年(1565年)、伊達稙宗が死去。伊達氏との間で稙宗の遺言をめぐり領土問題が起きる。この頃、相馬家では越河御前と離縁し、伊達家に帰したとされる。越河御前は離縁してからほどなくして死去したという(『戦国相馬三代記』森鎮雄著)。相馬義胤 (十六代当主) フレッシュアイペディアより)

  • 頑張れ日本!全国行動委員会

    頑張れ日本!全国行動委員会から見た領土問題領土問題

    平成24年(2012年)7月21日に領土問題を主題として韓国、ロシア、中国の日本大使館前で抗議活動を行った。頑張れ日本!全国行動委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルにおけるコーヒー生産

    ブラジルにおけるコーヒー生産から見た領土紛争領土問題

    元々アメリカ大陸に自生するコーヒー種はなく、ブラジルで栽培されたコーヒーもまた外国から移入されたものであった。最初のコーヒー栽培は1727年にパラー州で始まった。一説によると、ブラジル政府は領土紛争解決のためという表向きでフランス領ギアナにFrancisco de Melo Palheta縦隊長を派遣し、フランス領ギアナのファーストレディと懇意になったFrancisco de Melo Palhetaがブラジルにコーヒーの種を密輸したとも言われる。ブラジルにおけるコーヒー生産 フレッシュアイペディアより)

  • サイバー戦争

    サイバー戦争から見た領土問題領土問題

    企業間の技術革新競争、国家の利権や領土問題の国民感情が、サイバー戦争の原因になることが多い。主に想定される「敵」やその他の第三者が管理するサーバー及びコンピューターを目標とする。「敵」の場合には侵入、諜報、企業のイントラネットに不正アクセスして技術情報や意思決定等のデータを収集、サービスの停止、もしくは破壊が行われる。「第三者」の場合には他のコンピューターを攻撃する為の踏み台として侵入、乗っ取り、バックドアの設置、攻撃拠点としてのプログラム、ウィルス、ワームの設置を行う。サイバー戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た領土問題領土問題

    2012年12月26日に発足した第2次安倍内閣にて初入閣を果たし、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)、内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当)の3ポストを兼務することとなった。また、国務大臣としての所管事項として、「情報通信技術(IT)による産業・社会構造の変革を円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」と「海洋及び領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」をそれぞれ担当することとなった。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 宋文洲

    宋文洲から見た領土問題領土問題

    2013年2月17日に日本テレビの番組「真相報道_バンキシャ!」にコメンテイターとしてゲスト出演し、2日前に起きた2013年チェリャビンスク州の隕石落下を伝えるニュースの中で、「尖閣に落ちて島がなくなれば、領土問題がなくなる」といった趣旨の発言をし、約20分後に女性アナウンサーが「スタジオで不適切な発言がありました」と謝罪した。ただし、本人は後に「私の発言趣旨への歪曲に対して私は断固として反対し、その歪曲に基づく批判も一切拒否します。また、平和を真摯に願う話を政治化した上、謝罪の強要は言論自由を保障する日本の法律に違反していると考えます。」とし、「日本テレビさんが私の了解もなしで「不適切」と釈明した」と述べている。宋文洲 フレッシュアイペディアより)

  • 制限戦争指導論

    制限戦争指導論から見た領土問題領土問題

    マルクス主義の理念によって指導されたロシア革命とそれに続くソビエト連邦の革命・戦争は外部だけでなく内部に対する包括的な資本主義に対する戦争を含むものであった。ソ連の指導者レーニンはクラウゼヴィッツの戦争理論を研究し、戦争が政治の延長であるという考えを持っていた。その後、第一次世界大戦が終結してからの20年の戦間期では戦勝国によって平和条約に基づいたドイツに対する領土問題、経済問題、軍事問題に関する屈服が強制された。ドイツでは世界恐慌を契機に国家社会主義の思想が大衆の支持を獲得することになり、アドルフ・ヒトラーが国家政策を指導するに至る。制限戦争指導論 フレッシュアイペディアより)

  • 相馬盛胤 (十五代当主)

    相馬盛胤 (十五代当主)から見た領土問題領土問題

    永禄8年(1565年)、征夷大将軍足利義輝が死去し、同年に伊達稙宗、佐竹義昭も死去。稙宗の遺言をめぐり、相馬氏と伊達氏の間で領土問題が起きる。伊達氏と佐竹氏、両雄の勢力に挟まれる形勢となっていた浜通りの相馬氏・岩城氏は方針転換の時期を迎えた。この頃、相馬家では義胤の正室・越河御前(伊達稙宗女)と離縁し、伊達家に帰したとされる。越河御前は離縁してからほどなくして死去したという。盛胤は田村氏との不戦関係を維持する一方で天文の乱以来の宿敵となる伊達氏と、伊具郡丸森城を巡って激しく争った。相馬盛胤 (十五代当主) フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋戦争

    太平洋戦争から見た領土問題領土問題

    詳細は領土問題を参照太平洋戦争 フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「領土問題」のニューストピックワード