125件中 41 - 50件表示
  • アーリ・パシャ

    アーリ・パシャから見た領土問題領土問題

    1815年、イスタンブルの靴屋の家に生まれた。15歳でオスマン帝国の政庁に勤め、のち外交官となってからはムスタファ・レシト・パシャの庇護を受けた。1846年にレシト・パシャが大宰相になると外務大臣に抜擢され、1852年には帝国大宰相に任じられて、こののち4回にわたって大宰相を歴任した。地方王朝の分離を阻止すべく帝国の再統合に意を注ぎ、クリミア戦争の戦後処理やクレタ問題、領土問題の解決に努め、1856年の改革勅令では、その起草の中心メンバーとなった。アーリ・パシャ フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (タイ)

    民主党 (タイ)から見た領土問題領土問題

    アピシット内閣は、特権階級だけでなく、中産階級の支持を広げる政策を標榜する一方で、混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な国粋主義・民族主義にもとづく露骨な強硬外交を掲げ、2011年に領土問題を抱えるカンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだ武力紛争を引き起こした。この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。また、政権への批判は国王への反逆とみなし、国家警察や国軍などを動員して厳重な統制を行い、タクシン元首相派の多くの市民を虐殺した(暗黒の土曜日事件)。民主党 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 東安鎮事件

    東安鎮事件から見た領土問題領土問題

    ロシア沿海州と満州の国境を流れるアムール川を巡っては、満州事変以前から中ソ間の領土問題が存在した。特に、川上の島の帰属を巡る対立があり、ソ連側はアイグン条約を根拠に全島がソ連領であると主張していたのに対し、中国側はアイグン条約は不平等条約で無効であり、川の中央を国境線とする国際法の原則によるべきとの主張を行っていた。1931年(昭和6年)に日本が満州事変を起こした後も、日本・満州国と、ソ連の間で対立の構図が引き継がれていた。武力衝突もたびたび起きており、1937年(昭和12年)には乾岔子島事件で日本軍がソ連砲艇を撃沈している。東安鎮事件 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣の政策

    菅内閣の政策から見た領土問題領土問題

    日本と韓国との間には竹島の領土問題がある。竹島は韓国に不法占拠されているが、岡田克也外相は「不法占拠」との文言を使用しない姿勢を示している。菅内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の年表 (1939年)

    第二次世界大戦の年表 (1939年)から見た領土問題領土問題

    11月3日 - フィンランドとソビエト連邦、再び新たな国境について協議。フィンランド側はスターリン書記長の目的を疑って、領土問題での譲歩を拒否し、防衛線を堅持。第二次世界大戦の年表 (1939年) フレッシュアイペディアより)

  • 相馬義胤 (十六代当主)

    相馬義胤 (十六代当主)から見た領土問題領土問題

    永禄8年(1565年)、伊達稙宗が死去。伊達晴宗との間で稙宗の遺言をめぐり領土問題が起きる。この頃、家中では義胤の継母(実家は武石氏・亘理氏)の意見が多くなり、越河御前と離縁し、伊達家に帰したとされる。越河御前は離縁してからほどなくして死去したという。相馬義胤 (十六代当主) フレッシュアイペディアより)

  • サッカージブラルタル代表

    サッカージブラルタル代表から見た領土問題領土問題

    GFAは1999年からUEFAへの加盟を求める運動を始めたが、ジブラルタルの領土問題の関係で正式加盟はなかなか認められなかった。1701年に勃発したスペイン継承戦争の際にイギリスがこの地を占領し300年以上に渡って領有しているが、スペイン政府はこれを認めておらず、領有権を主張している。サッカージブラルタル代表 フレッシュアイペディアより)

  • 対日外交戦争

    対日外交戦争から見た領土問題領土問題

    を骨子とするものであり、そのなかで、日本国内の歴史教科書については、「過去の侵略と強権の歴史を賛美する教科書」と規定し、竹島問題については、単なる領土問題ではなく、大日本帝国の植民地問題・侵略問題ととらえ、現在の日本の竹島領有権主張は「解放の歴史を否定して過去の侵略を正当化する行為」であると断罪した。対日外交戦争 フレッシュアイペディアより)

  • インド陸軍

    インド陸軍から見た領土問題領土問題

    近年の中国の軍拡化やパキスタンとの領土問題により陸軍の近代化をめざし軍備を増強している。陸軍は北東部の中国国境正面に2個山岳師団を編成中である。さらに、2個山岳師団からなる山岳打撃軍を新編する計画中であり、2017年までに10万人規模の兵力増加となる。インド陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とクロアチアの関係

    日本とクロアチアの関係から見た領土問題領土問題

    1941年4月10日、クロアチア独立国はユーゴスラビア王国からの独立を宣言。同年6月7日、大日本帝国はクロアチア独立国の独立を承認。同15日、クロアチア独立国は日独伊三国同盟へ参加し、続く26日には日独伊防共協定にも加わり、日本とクロアチアの両国の間に強固な同盟関係が築かれた。しかし、クロアチアは、同じく日本と同盟を結んでいたイタリアとダルマチアの領土問題を抱えていたため、日本はイタリアへの外交配慮を重視し、1943年9月8日にイタリアが連合国に無条件降伏して枢軸国から離脱するまで、クロアチア国内に大使館も在外公館も設置しなかった。日本とクロアチアの関係 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「領土問題」のニューストピックワード