125件中 61 - 70件表示
  • 竹島問題外交交渉史

    竹島問題外交交渉史から見た領土問題領土問題

    竹島問題外交交渉史(たけしまもんだいがいこうこうしょうし)は、現在、韓国が支配下に置き、日本が領有権を主張している日本名:竹島、韓国名:独島、英名:リアンクール岩礁(当項目では以下「竹島」を使用)に関する日本・韓国・連合国(主としてアメリカ合衆国)の3国間で交わされた外交交渉を一次一級史料(当時の公的機関が発行した文書で、原本が現在でも確認できるもの)を基にまとめたものである。なお、史料については、明らかに現在の竹島を指し示していると断定できるもの、第三者が検証可能なものを中心に一覧にし、領有権問題についての歴史的考察は当項目では扱っていない。竹島問題外交交渉史 フレッシュアイペディアより)

  • タイムクライシス3

    タイムクライシス3から見た領土問題領土問題

    自らは独立した主権国家であると主張する地中海の小国『ルカノ』とそのルカノが自国領土の一部と主張する『ザゴリアス連邦』の間では、長らく領土問題及び独立問題がくすぶっていた。タイムクライシス3 フレッシュアイペディアより)

  • 鬱陵島

    鬱陵島から見た領土問題領土問題

    鬱陵島から東南東へ約90kmのところには、日韓で領土問題となっている竹島(韓国名:独島)がある。現在、韓国がこの島を自国領であるとして、鬱陵郡に属する形で実効支配しているが、これに対して日本は「不法占拠」として抗議している。鬱陵島 フレッシュアイペディアより)

  • ミドル・ロックス

    ミドル・ロックスから見た領土問題領土問題

    ミドル・ロックスは、近在のペドラ・ブランカ島、サウス・レッジ岩礁とともに、マレーシアとシンガポールの間での領土問題の対象となった。ミドル・ロックス フレッシュアイペディアより)

  • バーレーン

    バーレーンから見た領土問題領土問題

    外交面では中東地域の国々やイギリス、フランス、日本、アメリカを始め、多くの国と良好な関係を築いており、また親米国だが、カタールとハワール諸島に関しての領土問題がある。イラクと関係が悪かったこともあり、湾岸戦争時にミサイルで狙われたこともある。またペルシア湾を挟んで向かい合う大国イランとは、パフラヴィー朝が「バーレーンは歴史的にみてイラン(ペルシア)の領土である」と領有権を主張していたことから、同国に対して警戒心が強いとされる。イスラーム革命後は、イランが国内のシーア派を扇動して体制転覆を図るのではないかと脅威に感じており、バーレーンのスンナ派住民の間には、こうした警戒心から反イラン・反シーア派感情が強いとされる。アメリカも「敵の敵は味方」思考からスンナ派(政権側で少数派)のシーア派(国内多数)弾圧に懸念を表明しつつも、対話を促す程度にとどまってきた。バーレーン フレッシュアイペディアより)

  • ジブラルタル

    ジブラルタルから見た領土問題領土問題

    1713年のユトレヒト条約以降イギリスが統治を続けているジブラルタルだが、スペインは今も返還を求めている。ジブラルタルはヨーロッパに残る最後の「植民地」であり、また係争当事国がいずれもEU加盟国である点、係争が300年もの長きにわたっている点で、世界の領土問題のなかでも異色の存在と言える。ジブラルタル フレッシュアイペディアより)

  • 地名

    地名から見た領土問題領土問題

    民族問題や領土問題、海洋権益を巡る国家間の争いが生じている地域・海域では、地名とその国際的な通用性も対立の一部となることが多い。例えば竹島 (島根県)について、島を占拠する大韓民国は「独島」(ドクト)と呼称している。また東欧のマケドニア共和国に対して、その国号を南隣のギリシャは認めず、変更を要求している(マケドニア共和国#マケドニア呼称問題)。地名 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓問題

    日韓問題から見た領土問題領土問題

    日本と韓国が互いに領有権を主張している竹島(韓国側名称:獨島、または独島)の領土問題。1905年の島根県への編入以降は日本が領有していたが、第二次世界大戦終戦後の1952年1月18日、韓国の李承晩大統領の海洋主権宣言の翌年1953年に韓国の武装市民が武力制圧し、1956年には韓国政府に引き渡した。以後、韓国武装警察が駐留している。日本政府はこれを不法占拠として非難している。日本政府は1954年、国際司法裁判所に裁定を求めたが韓国政府はこれに応じず、警備隊を常駐させたり、500t級船舶が利用できる接岸施設を作るなどしている。日韓問題 フレッシュアイペディアより)

  • 西沙諸島の戦い

    西沙諸島の戦いから見た領土問題領土問題

    南シナ海上の西沙諸島は、第一次インドシナ戦争後、中華人民共和国と南ベトナムが領有権を主張して領土問題を生じていた。中国が西沙諸島の東部を、ベトナム共和国(以下、南ベトナム)が珊瑚島等の西部(永楽群島)を実効支配していた。1971年には中国軍が西沙諸島に艦隊を派遣し、多数の施設の建築を行って軍事的緊張が高まったことがあった。西沙諸島の戦い フレッシュアイペディアより)

  • トレド戦争

    トレド戦争から見た領土問題領土問題

    トレド戦争(Toledo War)、またはオハイオ=ミシガン戦争は、1835年から1836年に起こった、アメリカ合衆国オハイオ州と隣接するミシガン準州の間の無血の境界紛争トレド戦争 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示