86件中 71 - 80件表示
  • 日韓問題

    日韓問題から見た領土問題領土問題

    日本と韓国が互いに領有権を主張している竹島(韓国側名称:獨島、または独島)の領土問題。1905年の島根県への編入以降は日本が領有していたが、第二次世界大戦終戦後の1952年1月18日、韓国の李承晩大統領の海洋主権宣言の翌年1953年に韓国の武装市民が武力制圧し、1956年には韓国政府に引き渡した。以後、韓国武装警察が駐留している。日本政府はこれを不法占拠として非難している。日本政府は1954年、国際司法裁判所に裁定を求めたが韓国政府はこれに応じず、警備隊を常駐させたり、500t級船舶が利用できる接岸施設を作るなどしている。日韓問題 フレッシュアイペディアより)

  • 下地島空港

    下地島空港から見た領土問題領土問題

    先島諸島は、宮古島にある航空自衛隊レーダーサイト以外は自衛隊がまったく駐留していない「軍事空白域」となっている(海上保安庁の巡視艇は配置されている)。しかも、中華人民共和国や台湾に接しており、尖閣諸島などの領土問題も抱えている。日中間では排他的経済水域の問題でも対立があり、先島諸島近海では、中華人民共和国の科学調査船による無許可海洋調査が頻発しており、調査船の護衛名目で中華人民共和国の艦隊の威力航海が何度も行われている。また、台湾有事の可能性もあるなど軍事情勢は平穏とは言い難い。下地島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 間島

    間島から見た領土問題領土問題

    今後、南北朝鮮が統一されると、この地の帰属をめぐる領土問題が再燃する可能性がないわけではない。その例として現在中国社会科学院は中国東北部の少数民族の歴史研究プロジェクト、「東北工程」(1996年重点研究課題に決定、2002年から本格的に開始)を進めているが、これにより高句麗は中国の一地方政権として中国史に編入されつつあり、韓国国内の民族派からは「満洲に起源と多くの領土を持っていた高句麗を韓国史から排除することによって、満洲を南北統一後の韓国が領有することの正当性をあらかじめ排除しようとするもの」との推測が生まれ、高句麗史をめぐって中国と韓国の衝突がすでに始まっている。間島 フレッシュアイペディアより)

  • 反中

    反中から見た領土問題領土問題

    また、その他にも、様々な問題、例えば靖国参拝における中国の反応や、反日デモなどが日本で度々報じられたり、尖閣諸島に対する領土問題や東シナ海の天然ガス田をめぐる摩擦(東シナ海ガス田問題)や上海総領事館員自殺事件などが重なり、一方では中国が反日教育を自国民に施しているのではないかとの意識が日本で広がった。その背景には、1990年代の「失われた10年」で疲弊した日本国内で高揚してきた強い日本の復活を願うナショナリズムとの関連も指摘される。反中 フレッシュアイペディアより)

  • ピースボート

    ピースボートから見た領土問題領土問題

    第38回クルーズに於いて、ピースボートは日本・ロシア間の領土問題となっている国後島へ渡航した。領土が他国に占拠されている状態で日本人が渡航してしまうと、その領土があたかも相手国の領土であるかのごとく入域することになる。そのため、北方領土に対する日本の法的立場を害することになるおそれがある。こうした危惧から日本の外務省はピースボートに対し事前に渡航自粛要請をしていた。しかし、ピースボートは渡航を敢行した。クルーズ後の2002年10月31日に、外務省は欧州局ロシア課長名でピースボートに改めて自粛を要請した(自粛を再要請した事実はピースボートのHPに記述されている(2002.11.1))。ピースボート フレッシュアイペディアより)

  • 竹島問題外交交渉史

    竹島問題外交交渉史から見た領土問題領土問題

    竹島問題外交交渉史(たけしまもんだいがいこうこうしょうし)は、現在、韓国が支配下に置き、日本が領有権を主張している日本名:竹島、韓国名:独島、英名:リアンクール岩礁(当項目では以下「竹島」を使用)に関する日本・韓国・連合国(主としてアメリカ合衆国)の3国間で交わされた外交交渉を一次一級史料(当時の公的機関が発行した文書で、原本が現在でも確認できるもの)を基にまとめたものである。なお、史料については、明らかに現在の竹島を指し示していると断定できるもの、第三者が検証可能なものを中心に一覧にし、領有権問題についての歴史的考察は当項目では扱っていない。竹島問題外交交渉史 フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見た領土紛争領土問題

    インドの陸地はほとんどがインド洋に突き出した南アジアの半島上にあり、南西をアラビア海に、南東をベンガル湾に区切られて7000kmの海岸線をもつ。多くの地域では雨期が存在し、三つの季節、夏、雨期、冬に分けられ、雨期を除いてほとんど雨の降らない地域も多い。北インド・中央インドはほぼ全域に肥沃なヒンドスタン平野がひろがり、南インドのほぼ全域はデカン高原が占める。国土の西部には岩と砂のタール砂漠があり、東部と北東部の国境地帯は峻険なヒマラヤ山脈が占める。インドが主張するインド最高点はパキスタンと係争中のカシミール地方にあるK2峰(標高8,611m)である。確定した領土の最高点はカンチェンジュンガ峰(同8,598m)である。気候は南端の赤道地帯からヒマラヤの高山地帯まで多様性に富む。インド フレッシュアイペディアより)

  • 海南省

    海南省から見た領土問題領土問題

    中国広東省雷州半島の南に位置する海南島と南シナ海の西沙諸島、南沙諸島、中沙諸島からなる。海南島以外の所属については近隣諸国との領土問題がある。西はトンキン湾を隔ててベトナムとなる。海南省 フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た領土問題領土問題

    ロシアと中国、中国とインドは国境を接している。かつては領土問題で揉めていたが、近年解決に向かう動きが出てきた。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • ユーロ圏

    ユーロ圏から見た領土紛争領土問題

    欧州連合加盟国の特別領域の中には、欧州連合の領域には含まれないが、ユーロが使われている地域がいくつかある。なおこのうちアクロティリおよびデケリアは非ユーロ圏の加盟国イギリスの主権基地領域だが、隣接するキプロスのユーロが流通している(キプロス島内に位置するがキプロス領でもキプロスが主張する領土でもない)。ユーロ圏 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「領土問題」のニューストピックワード