前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • 領土問題

    領土問題から見た国際司法裁判所

    領土問題は当事国同士での外交で解決されるのが望ましいが、当事国間で解決することが困難な場合には、国際司法裁判所 (ICJ) への付託ができる。もっとも国際司法裁判所への付託は、紛争当事国の一方が拒否すれば審判を行うことができず、つまり強制管轄権はない。ただし、双方の当事国が義務的管轄権受託宣言を事前に行っている場合には例外的に付託される。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たフランクリン・ルーズベルト

    北海道(日本・ソ連) :1798年から1807年にかけて江戸幕府が天領蝦夷地とし併合(併合範囲には樺太、千島列島をも含む)。1869年には明治政府が北海道として編入した。第二次世界大戦末期、ヤルタ会談での極東密約(ヤルタ協定)により、ルーズベルトはスターリンに千島列島と樺太の領有を認める見返りにソ連の参戦を促す。広島、長崎への原爆の投下成功を背景として、ポツダム宣言受諾の際に後任のトルーマンは翻言して千島列島のソ連による領有を認めない事とし、それに対抗してスターリンは千島列島と北海道の北半分の割譲を要求し南樺太と千島列島から侵攻を開始。停戦は兵力不足と、スタフカからの指令による。背景には、ソ連自身が(日ソ中立条約を一方的に破棄し)ポツダム宣言へ参加し攻撃を開始した事があり、侵攻は日本の降伏文書調印まで継続された。なお、日ソ共同宣言により表面上は戦争状態の終結が謳われた一方で南樺太や北方領土含む千島列島の領有を既成事実化する動きは、ソ連解体後のロシア連邦に至るまで一貫して見られている。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たアメリカ海軍

    チャゴス諸島(ディエゴガルシア島ほか):イギリスの属領(海外領土)として実効支配。米国の軍事拠点の置かれていることで知られる。かつて同じ植民地として統治されていたモーリシャスが諸島全域の領有権を主張。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たスターリン

    北海道(日本・ソ連) :1798年から1807年にかけて江戸幕府が天領蝦夷地とし併合(併合範囲には樺太、千島列島をも含む)。1869年には明治政府が北海道として編入した。第二次世界大戦末期、ヤルタ会談での極東密約(ヤルタ協定)により、ルーズベルトはスターリンに千島列島と樺太の領有を認める見返りにソ連の参戦を促す。広島、長崎への原爆の投下成功を背景として、ポツダム宣言受諾の際に後任のトルーマンは翻言して千島列島のソ連による領有を認めない事とし、それに対抗してスターリンは千島列島と北海道の北半分の割譲を要求し南樺太と千島列島から侵攻を開始。停戦は兵力不足と、スタフカからの指令による。背景には、ソ連自身が(日ソ中立条約を一方的に破棄し)ポツダム宣言へ参加し攻撃を開始した事があり、侵攻は日本の降伏文書調印まで継続された。なお、日ソ共同宣言により表面上は戦争状態の終結が謳われた一方で南樺太や北方領土含む千島列島の領有を既成事実化する動きは、ソ連解体後のロシア連邦に至るまで一貫して見られている。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見た塚本孝

    塚本孝によれば、これまでのICJ国際判例から次の様な規則が得られる。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たハリー・S・トルーマン

    北海道(日本・ソ連) :1798年から1807年にかけて江戸幕府が天領蝦夷地とし併合(併合範囲には樺太、千島列島をも含む)。1869年には明治政府が北海道として編入した。第二次世界大戦末期、ヤルタ会談での極東密約(ヤルタ協定)により、ルーズベルトはスターリンに千島列島と樺太の領有を認める見返りにソ連の参戦を促す。広島、長崎への原爆の投下成功を背景として、ポツダム宣言受諾の際に後任のトルーマンは翻言して千島列島のソ連による領有を認めない事とし、それに対抗してスターリンは千島列島と北海道の北半分の割譲を要求し南樺太と千島列島から侵攻を開始。停戦は兵力不足と、スタフカからの指令による。背景には、ソ連自身が(日ソ中立条約を一方的に破棄し)ポツダム宣言へ参加し攻撃を開始した事があり、侵攻は日本の降伏文書調印まで継続された。なお、日ソ共同宣言により表面上は戦争状態の終結が謳われた一方で南樺太や北方領土含む千島列島の領有を既成事実化する動きは、ソ連解体後のロシア連邦に至るまで一貫して見られている。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たニキータ・フルシチョフ

    クリミア半島:元はソ連のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国に属する州だったが、1954年にソ連の最高指導者でウクライナ出身だったニキータ・フルシチョフによりウクライナ・ソビエト社会主義共和国に移管された。移管当時はソ連国内での管轄の変更に過ぎなかったため大きな問題にはならなかったが、1991年のウクライナ独立の際にもロシアに戻されなかったことから多数派のロシア人が反発、1992年にはウクライナからの独立を宣言するもかなわず、ウクライナ国内の「クリミア自治共和国」として残留することとなった。しかし、2014年ウクライナ騒乱が起こると、ロシア軍がクリミアに展開し、ロシアの支援のもと独立を宣言した。その後、ロシア編入を問う2014年クリミア住民投票が行われ、圧倒的多数でロシア編入に賛成する結果が出たことから、ロシアと編入条約を結び、ロシアに編入された。2014年現在、ウクライナはクリミアのロシア編入を認めていない。2014年クリミア危機も参照。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見た西沙諸島

    パラセル諸島(中国名:西沙諸島):中華人民共和国が実効支配中。中華民国、ベトナムが領有を主張。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たベルリンの壁

    ドイツ:1989年のベルリンの壁崩壊により後日、東ドイツが西ドイツに吸収される形で東西統一。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見た北方限界線

    北方限界線(NLL)(韓国):韓国と北朝鮮の朝鮮半島西側海上における軍事境界線。1953年の朝鮮戦争休戦に際し、陸上の38度線(軍事境界線)と共に西側海上に設けられた休戦ライン。これは休戦協定において韓国側は同意したものの、北朝鮮側は国連とアメリカが一方的に決めたものだとして、いっさい認めなかった。この海上には延坪島をはじめとする多くの島嶼を韓国側が実効支配している。1999年には北朝鮮側が一方的に自らの主張する軍事境界線を設定し、これを根拠として韓国側と海上において軍事衝突を繰り返した。2010年には延坪島で砲撃事件があり多数の死傷者や難民を出した。領土問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示