86件中 21 - 30件表示
  • ドラえもんのひみつ道具 (す)

    ドラえもんのひみつ道具 (す)から見た風呂敷風呂敷

    未来(ドラえもんの住む22世紀の世界をさす)の子供たちが遊び道具として使用する風呂敷。スーパーダンはスーパーマンのパロディ。遊び道具ではあるが身に着けると、透視、飛行、一時的な筋力増強といった力を得られる。ドラえもんのひみつ道具 (す) フレッシュアイペディアより)

  • 金封

    金封から見た風呂敷風呂敷

    大杉判の紙を折って作った外袋と斜め折の内袋からなる金封。多当折や大阪折より、かなり大きいので台付袱紗には収まらない。贈答時には片木(白木の台)にのせ、袱紗を掛け、さらに風呂敷に包んで贈る。もっとも正式な形。折り方の形から、ひだ折とも呼ばれる。金封 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・マイナス6%

    チーム・マイナス6%から見た風呂敷風呂敷

    過剰包装防止 - 風呂敷、マイバッグチーム・マイナス6% フレッシュアイペディアより)

  • 仮名手本硯高島

    仮名手本硯高島から見た風呂敷風呂敷

    そのあとに与左衛門の弟の中垣源蔵が、そぼろななりで兄を訪ねに塩山邸にあらわれる。見れば手には風呂敷に包んだ酒入りの徳利を持っていて、兄与左衛門への進物だという。塩山家の若党や下女は日頃の酒癖の悪さを知っているので、箒を逆さに立てようかなどと密かに話し合うが、さみや与之助が源蔵の応対をする。源蔵は与左衛門がいつ戻るかわからないと聞いて残念がる。さみは源蔵がいつも金の無心に塩山家を訪れるので、そのことかとそれとなく聞くといやそうではない、じつはこのたびさる大名家に仕官が決まり、明朝その国許へ出立するので暇乞いに来たのだという。それはめでたい事と、さみは酒肴の用意をさせる。仮名手本硯高島 フレッシュアイペディアより)

  • 袱紗

    袱紗から見た風呂敷風呂敷

    袱紗は一般にちりめんや絹製の風呂敷より小さく包む対象も小さい正方形の布で色は進物用に使用される色である紫だけが慶事弔事兼用であり、角の1つには紐と止め具がある場合がある。袱紗 フレッシュアイペディアより)

  • 山下清

    山下清から見た風呂敷風呂敷

    八幡学園での在籍期間は長かったものの、18歳の時に突如学園を後にし、放浪の旅へと出て行った(1940年(昭和15年)から1954年(昭和29年)まで)。しかも、脱走の翌々年、受けることになっていた徴兵検査を受けたくなかったため、更に放浪を続けた。21歳の時、食堂で手伝いをしていたところにやって来た八幡学園の職員によって、無理やり徴兵検査を受けさせられたが、兵役免除となる。この記録は『放浪日記』(1956年(昭和31年))にまとめられた。なお、この時のいでたちとして、テレビドラマなどの影響もあり、リュックを背負う姿はあまりにも有名であるが、実際にリュックを使っていた期間は2年程度と短く、当初は茶箱を抱えての旅であり、その後風呂敷、リュックと変化していく。山下清 フレッシュアイペディアより)

  • 目玉おやじ

    目玉おやじから見た風呂敷風呂敷

    『死神』(アニメ第2作第30話)にて、死神に宇宙旅行と称して大砲で打ち上げられた際に変化。普通の生物なら粉砕される所だが、目玉親父はフロシキ状に膨張、鬼太郎の魂を奪った死神を包み捕らえた。目玉おやじ フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもんのひみつ道具 (おは-おん)

    ドラえもんのひみつ道具 (おは-おん)から見た風呂敷風呂敷

    一見すると空っぽの風呂敷包みだが、どこかの家を訪問するとき、家の前で品物の名前を言うと、包みがむくむくと膨らみ、その品物が出てくる。よそへの土産を出すための道具であり、自分の欲しいものを自分で言って出すことはできない。ドラえもんのひみつ道具 (おは-おん) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・C・デュラント

    ウィリアム・C・デュラントから見た大風呂敷風呂敷

    その後、パーキンスとデュラントはパーキンスが用意したニューヨーク=シカゴ間の列車上の特別客室で話合いをもった。彼らが直接話し合ったのは初めてだった。デュラントは両者合併の資本金を150万ドルと見積もったがモルガンのパーキンズは渋々50万ドルだけ新株引き受けに応じただけだった。このとき、デュラントが「自動車は年産50万台となる」とパーキンズに語ったが、保守的な金融界のパーキンズにとってこれは大風呂敷としか思えず、「デュラントは分別のない人物」という印象をもった。一方のデュラントは現金を出さないモルガンを非難した。ウィリアム・C・デュラント フレッシュアイペディアより)

  • 風合い

    風合いから見た風呂敷風呂敷

    風合い(ふうあい、英:handling)とは、織物や紙などの手触りや肌ざわり、着心地など、人がものに触れた時に感じる材質感のことである。その使用例はタオルや風呂敷等に関する記述で見られる。風合い フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード