86件中 51 - 60件表示
  • デザインあ

    デザインあから見た風呂敷風呂敷

    身の回りに日常的にあるもの(醤油差し、風呂敷、寿司など)をテーマに、デザインの視点から観察してみる映像表現。デザインあ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ぼん太

    東京ぼん太から見た風呂敷風呂敷

    東京 ぼん太(とうきょう ぼんた、1939年4月17日 - 1986年10月14日)は、日本の芸人、歌手、漫談家。栃木県出身。トレードマークは唐草模様の風呂敷。本名は中山孝一。東京ぼん太 フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た風呂敷風呂敷

    近年では見直され、風呂敷と同様の包装としての利用方法の提案もあり、近代的なものも含めいろいろな柄の手拭が和小物の店や手芸店で見ることができるようになった。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 怪物くんの登場キャラクター

    怪物くんの登場キャラクターから見た風呂敷風呂敷

    怪物保険の訪問員。死んだものを生き返らせる風呂敷を持っている。最後に交通事故死するが、自身は保険に入っていなかった。カラーアニメ版ではデモーニッシュの幹部悪魔として登場、怪物たちが保険金目当てに自殺することをもくろんで保険に強制加入させたが、結末は前述どおりになってしまった。怪物くんの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 宗十郎頭巾

    宗十郎頭巾から見た風呂敷風呂敷

    当時チャンバラ遊びで正義の味方といえば鞍馬天狗だった。その鞍馬天狗に扮するために、子供たちは風呂敷を使って宗十郎頭巾をこしらえたが、どうしてもうまく出来ないのが錣だった。宗十郎頭巾は1枚の布でできているわけではなく、錣の部分は別に縫い合わせてある。したがってこれを1枚の風呂敷で真似るというのはそもそも無理な話で、逆に泥棒の頬っ被りのようなものになってしまうのが常だった。こうして宗十郎頭巾は、ますます子供たちの憧憬の的となっていったのである。宗十郎頭巾 フレッシュアイペディアより)

  • 三角巾

    三角巾から見た風呂敷風呂敷

    三角巾は、負傷(→外傷)個所の止血や固定といった様々な用途に用いられる布である。形状としては直角二等辺三角形をしているが、これは正方形の布を対角線で一回折った状態と同じである。このため適度な大きさの正方形の布(風呂敷など)でも代用可能である。三角巾 フレッシュアイペディアより)

  • お返し

    お返しから見た風呂敷風呂敷

    結婚の場合は、半紙を20枚ずつ抱き合わせにして水引を結び切りにしておうつりとして、普通は、盆、袱紗、風呂敷などを返すときには、タメ、トメ、などと称して、白紙2枚くらいを四つ折りにしてそえることもある。また熨斗をいれることがあり、附木(つけぎ。硫黄を祝うの意にとって)、転じてはマッチなどが用いられる。お返し フレッシュアイペディアより)

  • 押絵と旅する男

    押絵と旅する男から見た風呂敷風呂敷

    魚津へ蜃気楼を観に行った帰りの汽車の中、二等車内には「私」ともう一人の同乗者しかいなかった。「私」は同乗者の男の持つ風呂敷に興味を持ち、観察する。押絵と旅する男 フレッシュアイペディアより)

  • 再使用

    再使用から見た風呂敷風呂敷

    国土が狭く資源が少ない日本では、古くから物を大事に再使用する文化があり、「もったいない」という形容詞はその典型的なパターンである。また、物は最初から再使用を前提としていた。その典型例として、何度でも何にでも使え、持ちまわる包装材である風呂敷が挙げられる。これは近年の大量消費社会の形成によって、また旧来の製品に見られた再使用性の高さが失われたことにより、姿を消しつつあるが、年輩者のうちには根強く残っている。このことは戦中・戦後において物資が配給となり、需要と供給とのバランスが完全に崩れていた時代の影響が大きいと考えられ、また神道によって社会に根付いている、物品にも魂が宿っていると考える精神観念(付喪神・アニミズム)に基づいているとも考えられる。このような物品の乏しい・精神性を重視する時代に育った年配者の中には、モーターや電熱線を利用した家電製品程度であれば、分解修理してしまう人もある。再使用 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た風呂敷風呂敷

    「大風呂敷おばさん」:風呂敷の有効利用を促した環境大臣小池百合子を指して。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード