86件中 71 - 80件表示
  • 和妻

    和妻から見た風呂敷風呂敷

    1729年の『続たはふれ草』に掲載されている。10代前半の子供を釜に入れて鍵をかけ、さらに風呂敷で包む。しかし、開けてみると子供は釜の中から消失しており、同じことを再び繰り返すとまた出現する。同様の脱出術として葛篭抜けがあるが、これは『盃席玉手妻』に解説されている。和妻 フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た風呂敷風呂敷

    1990年5月12日の対巨人7回戦(広島市民球場)。6回表の巨人の攻撃が始まろうとした19時20分、黄色の風呂敷で頭と顔を包み、黄色の忍者のような服装、背中にリュックサック、足に黒色の地下足袋を履いた男が出現。一塁側ダグアウト付近からバックネットの頂上までよじ登り、リュックサックから垂れ幕を取り出しネットに掛けて広げた。向かって右から「巨人ハ永遠ニ不ケツデス!」「ファンヲアザムクナ!」「天誅!悪ハ必ヅ滅ビル!」。この他にもう1本、「カープハ永久ニ不滅デス」と書いてあったと言われるものがあったが、リュックから取り出す際にグラウンドに落としたため掲げられなかった。垂れ幕をネットに掛け終えると、三塁側巨人ダグアウトに顔を向け何事かを怒鳴った。更にネット上で3本の発煙筒を焚き、煙玉とオモチャの手裏剣を投げた。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • かいけつゾロリ

    かいけつゾロリから見たふろしき風呂敷

    ゾロリを慕って旅についてきている。ちなみに右の目と鼻の穴が大きいイノシシが兄のイシシで、左の目と鼻の穴が大きく右頬にホクロがあるイノシシが弟のノシシである。彼らはいつも、緑のふろしきと紫色の腹巻きをしている。1993年版の見分け方は、オレンジ色の服を着ているのがイシシで、緑色の服を着ているのがノシシ。この時は、2匹とも黄色い腹巻きだった。どちらも一人称は「おら」で、語尾に「〜だ」「〜だよ」とつける訛りがある(本人は「よく言われると自覚している。なお、1993年版ではいささか訛りが強い)。どちらもかなりのドジで食いしん坊で、食べ物には目がない。小柄な体(TVアニメ版では、どちらも声優が女性である)をしているが二人ともれっきとした大人である。なお、イシシはメロンパン、ノシシはおにぎりが大好物だが一度だけ互いの好物を食べたがったこともあった。難しいことを考えるとおならが出る体質で変装も下手で誰でも出来そうな計算もできない(ただし、第3シリーズではゾロリに教わったのか九九を言えた)。相違点は基本的に兄のイシシはしっかり者だが不器用なため、うっかりミスが多くノシシは手先が器用だが損な役回りであることが多い(『ぜったいぜつめい』でワニに食われる、『なぞのまほうしょうじょ』で谷に落とされる、『なぞのうちゅうじん』で宇宙人にさらわれる、『きょうふのサッカー』で花子さんの格好をさせられて便器の中に隠れ、そのまま流されるなど)。お互い、名前で呼んでいるが一部の作品ではノシシはイシシを「イシシにいちゃん」と呼び、1993年版では「(イシシ)あんちゃん」と呼んでいた。かいけつゾロリ フレッシュアイペディアより)

  • ランドセル

    ランドセルから見た風呂敷風呂敷

    通学鞄としての利用は、明治に入って官立の模範小学校として開校した学習院で将兵の背嚢を元にした物が使われるようになった。当時は学習院に通う子弟の間に経済格差が存在し、「教育の場での平等」との理念から導入された。当初はリュックサックのような形だった。後に伊藤博文が当時皇太子だった大正天皇の学習院初等科の入学祝い品として献上し、それがきっかけで世間に徐々に浸透して今のような形になったとされる。しかし太平洋戦争以前はほぼ都市部でのみ用いられており、地方では風呂敷が一般的に用いられていた。ランドセルが全国的に普及したのは昭和30年代以降、戦後統制が解除された頃からと言われる。ランドセル フレッシュアイペディアより)

  • ちりめん

    ちりめんから見た風呂敷風呂敷

    縦糸にはほとんど撚りのない糸を使い、横糸に強い撚りをかけた右より(右回りにねじる)と左より(左回りにねじる)の糸を交互に織ったものである。そのため精練すると布が縮み生地の表面にしぼ(凹凸)が現れる。主に高級な呉服や風呂敷に使われる。主なものに、京都府丹後地方の丹後ちりめん、滋賀県長浜市の浜ちりめんがある。現在、京都府丹後地方では原料の糸を絹から綿・化合繊に変えた丹後ちりめんも織られている。ちりめん フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た風呂敷風呂敷

    小渕恵三内閣官房長官(当時)が記者会見で使用した台紙に平成と文字を墨書きしたのは、内閣総理大臣官房(当時。中央省庁再編後は内閣府大臣官房)人事課辞令専門職の河東純一である。記者発表の20分ほど前、「平成」と鉛筆で書かれた紙片を渡され、新元号名を知る。その後、河東自らが用意した4枚の奉書紙にそれぞれに平成と書き、4枚目を額に入れ、ダンボールと風呂敷で梱包したものが小渕内閣官房長官の元へと運ばれた。河東本人談として、初めて平成と知った時、「画数の少ない字は形が取りにくく、書きにくい」と思ったそうである。また、4枚目を選んだのは上手い下手に関係なく、初めから4枚目を提出するつもりだったとも語っている。新元号を墨書する場所は、予め同官房内政審議室の会議室と決められていた。入室した際の同室では数人が別の作業を行っていたので、頼んで作業机の片隅を空けてもらい、「平成」を書き上げた。作業机は比較的高く、椅子はパイプ椅子で、周囲もやや喧騒であったため、非常に書きにくかったそうである。河東純一は、2005年(平成17年)12月に職務(20万枚以上に及ぶ官記・位記・辞令及び表彰状等の作成)の功績を認められ、第18回「人事院総裁賞」個人部門を受賞した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • リャマ

    リャマから見た風呂敷風呂敷

    このリャマ追いの姿はオルロなどで行なわれるカルナバル(カーニバル)の踊りの一つにもなっている。踊りでは赤を主体としたきれいな衣装を着て、キリスト教の神父がかぶる帽子に似た型の帽子をかぶる。背中にはアグァヨ(アンデスの伝統的な風呂敷)で小さな荷物をくるんだものを背負う。軽快なブラスバンドの曲に合わせて軽やかなステップでひもを回しながら自分も回るように踊る。リャマ フレッシュアイペディアより)

  • 大妻コタカ

    大妻コタカから見た風呂敷風呂敷

    当初近所の子供を集めた10数人の私塾だったが大妻の教授法は好評で、また女子教育普及の波に乗り生徒数が増加の一途をたどり1916年、大妻技芸伝習所、1917年、麹町に私立大妻技芸学校開校、1919年、高等女学校に発展。戦前の良妻賢母教育の代表といわれた。また五尺帯、半反でできる服やツーピースの着物、風呂敷を三角にした戦時袋などを考案して評判を呼ぶ。1927年から1932年にかけて和服のたち方縫い方、手芸などを分かりやすく図で説明した本を次々出版、30万部、50万部などと売上げ、当時としては驚異的なベストセラーとなった。大妻コタカ フレッシュアイペディアより)

  • 金茶

    金茶から見た風呂敷風呂敷

    着物の地色のほか、小物類、風呂敷、袱紗などにもよく染められる。金茶 フレッシュアイペディアより)

  • 鬱金色

    鬱金色から見た風呂敷風呂敷

    また、鬱金という字は「金がさかんに増える」(「鬱蒼とした森」のように、鬱には木々が生い茂るさまを表す意味もある)という意味に通じ、縁起を担いで財布や風呂敷の染色にも用いられた。鬱金色 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード