64件中 21 - 30件表示
  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    現在では文様も多様になり、無地、小紋、染め糸を用いた織によるや格子文様を始め、意匠化された文様も増えている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た結婚祝い

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た唐草模様

    現代では漫画などで「泥棒が盗品を風呂敷に包んで背負う姿」などに描かれている「唐草模様」(当ページの写真参照)も元来吉祥文様であって、めでたいもののひとつであり、犯罪に関連するものでは全くなかったことに留意すべきである。この唐草文様の風呂敷は実は明治から昭和に掛けて大量生産された。当時泥棒は手ぶらで家屋に侵入し、まず盗んだ物を持ち運べる大判の風呂敷を探した。そこから泥棒=唐草の風呂敷と言うイメージが定着した。唐草文様は古代エジプトで生まれ、シルクロードを渡って日本にもたらされた。そして江戸時代には風呂敷の文様として定着したのである。唐草は四方八方に伸びて限りが無く延命長寿や子孫繁栄の印として大変縁起が良い物とされていた。当時は婚礼道具や夜具地(布団)を唐草の風呂敷で包んでいたようである。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た寝具

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た吉祥文様

    「風呂敷」に用いられる文様には、それぞれの家の家紋が用いられたり、花鳥風月等を題材とする日本独特の吉祥文様が用いられることが多い。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た藍色

    かつては、喜事を表し祝いに最適とされる朱色、先方への敬意を表すとされる紫色、弔事に用いるとされる藍色、慶弔両方に用いることができる利休(品のある山葵色)の他、日本の伝統色とされるえんじ、などが主流であったが、これも現在では多様化している。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た贈答品

    贈答品を渡す際は、直接手で持って渡すことは失礼にあたるとされ、風呂敷に包んで持参するのが礼儀とされている。その際、包んだまま渡すことを作法とする説と、包んだまま渡すと「この風呂敷にお返しを包んで戻せ」という催促の意となるため、厳に慎むべしとする説がある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    風呂敷の大きさは、古くから織物の一(幅約35cm?40cm、長さ約12m)を利用して無駄無く裁断し縫製するため、若干の長短があって正方形ではなかった。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    また加工方法によって、独特の心地よい肌触りを持ったちりめん、家紋などを入れた一般的な紬(つむぎ)、夏用の着物と同じ(ろ)などの風合いがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    明治時代以降、西欧から鞄類が入り風呂敷の利用は減っていき、現代、街中で見ることは希である。しかし近年、環境問題が取り上げられる中、レジ袋に代わるものとして利用を提案する意見がある(にて詳述)。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード