64件中 31 - 40件表示
  • 風呂敷

    風呂敷から見たえんじ色

    かつては、喜事を表し祝いに最適とされる朱色、先方への敬意を表すとされる紫色、弔事に用いるとされる藍色、慶弔両方に用いることができる利休(品のある山葵色)の他、日本の伝統色とされるえんじ、などが主流であったが、これも現在では多様化している。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た慶弔

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た文様

    「風呂敷」に用いられる文様には、それぞれの家の家紋が用いられたり、花鳥風月等を題材とする日本独特の吉祥文様が用いられることが多い。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た鯨尺

    短辺約34cm、長辺約37cm鯨尺九寸のものを一幅と呼び基本とする大きさである。一反を五等分して縫製したものを一反風呂敷(六幅)と言い、概ね畳二枚分の大きさが最大であった。現在では、一幅の倍(面積では四倍)となる約68cm×約71cmの二幅、そのさらに倍の四幅、六幅と呼ばれるそれぞれ約204cm×207cmの整数倍のもののほか、中幅と呼ばれる約45cm四方のもの、二四幅と呼ばれる約90cm四方のものがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た格子

    現在では文様も多様になり、無地、小紋、染め糸を用いた織による縞や格子文様を始め、意匠化された文様も増えている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た検察官

    検察庁 - 検察官は、現在でも伝統的に書類等を持ち運ぶ際に風呂敷を使用している(証拠品や凶器等、通常の鞄には収まりきらない物品が多いことも理由)。柄は検察独自の物を使用しており、さらに地検ごとにもその柄は異なる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た綿

    伝統的な素材は、絹と綿である。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た和名類聚抄

    平安時代には「平裹」・「平包」(ひらつつみ)と呼ばれていて、庶民が衣類を包んで頭にのせて運んでいる様子が描かれている(「裹」は「裏」(うら)とは別字)。また、古路毛都々美(ころもつつみ)という名称も和名類聚抄にうかがえる。一方この時代、入浴することは心身を清めるための厳粛な行事であったため、裸ではなく白衣で入るのが作法であった。そのため入浴前後に、広げた布の上で服を更衣したが、この布を「風呂敷」と呼んだのが呼称の起源という説がある。この説によると、濡れた風呂衣を風呂敷に包んで持ち帰ることなどによって敷布としての役割から包んで運ぶ用途が加わっていくようになったと考えられる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た朱色

    かつては、喜事を表し祝いに最適とされる朱色、先方への敬意を表すとされる紫色、弔事に用いるとされる藍色、慶弔両方に用いることができる利休(品のある山葵色)の他、日本の伝統色とされるえんじ、などが主流であったが、これも現在では多様化している。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た紫色

    かつては、喜事を表し祝いに最適とされる朱色、先方への敬意を表すとされる紫色、弔事に用いるとされる藍色、慶弔両方に用いることができる利休(品のある山葵色)の他、日本の伝統色とされるえんじ、などが主流であったが、これも現在では多様化している。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード