64件中 41 - 50件表示
  • 風呂敷

    風呂敷から見た猪口

    レジ袋1枚を約8?10gとすると、製造過程で小さな猪口1杯分(約16?18ml)の原油を使うとされている。また、製造過程で30g、焼却過程で31gの二酸化炭素を排出するため、1枚のレジ袋を使用しないと約61gの二酸化炭素の排出抑制ができる。環境省によると、現在日本で年間に使われるレジ袋は約300億枚で、原油換算すると約60万キロリットルに達し、ごみとして出される量は約60万トンにもなるという。このため、買物に際してレジ袋の利用を止めて風呂敷へと転換するごとに二酸化炭素とごみの削減効果に個人レベルで日常的に貢献でき、ひいては地球温暖化防止に貢献することにつながるといえる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た包装

    現在でもほとんどの場合、手渡す際に風呂敷を解き、贈答品のみを置いて風呂敷を持ち帰るのは、後者の作法に準じているためであるが、風呂敷での包み自体を新しい感覚のギフトラッピングと捉えて、そのまま贈ろうという提案も近年なされている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た小紋

    現在では文様も多様になり、無地、小紋、染め糸を用いた織による縞や格子文様を始め、意匠化された文様も増えている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た引越し

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た化学繊維

    現代ではこれらに加えてレーヨン、ポリエステル、アセテートなどの化学繊維も多く用いられている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見たアセテート

    現代ではこれらに加えてレーヨン、ポリエステル、アセテートなどの化学繊維も多く用いられている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た帰省

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た地方検察庁

    検察庁 - 検察官は、現在でも伝統的に書類等を持ち運ぶ際に風呂敷を使用している(証拠品や凶器等、通常の鞄には収まりきらない物品が多いことも理由)。柄は検察独自の物を使用しており、さらに地検ごとにもその柄は異なる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    下って、室町時代の風呂は蒸し風呂のようなものであったため「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていた。これが風呂敷の起源であるとの説もある。足利義満が大湯殿を建てた際、招かれた大名などが入浴する際に他者の衣服と間違えないよう家紋を付けた布に脱いだ衣服を包み、湯上りに際してこの布の上で装束を調えたという記録があり、この時用いられていた敷布が「風呂敷」と「平裹(平包)」の双方の役割を果たしていたものとしての最古の記録と考えられる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    西洋渡来のなどに比べ、包むものの大小・形状に囚われることなく変幻自在に包むことができること、包むものが無い時には畳んでかなり小さくすることができて軽量であることなど、その融通性・自在性が、環境問題への貢献とともに、「風呂敷」が近年見直されている点であると考えられる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード