64件中 51 - 60件表示
  • 風呂敷

    風呂敷から見たすのこ

    下って、室町時代の風呂は蒸し風呂のようなものであったため「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていた。これが風呂敷の起源であるとの説もある。足利義満が大湯殿を建てた際、招かれた大名などが入浴する際に他者の衣服と間違えないよう家紋を付けた布に脱いだ衣服を包み、湯上りに際してこの布の上で装束を調えたという記録があり、この時用いられていた敷布が「風呂敷」と「平裹(平包)」の双方の役割を果たしていたものとしての最古の記録と考えられる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    伝統的な素材は、と綿である。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た織物

    風呂敷の大きさは、古くから織物の一反(幅約35cm?40cm、長さ約12m)を利用して無駄無く裁断し縫製するため、若干の長短があって正方形ではなかった。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た意匠

    現在では文様も多様になり、無地、小紋、染め糸を用いた織による縞や格子文様を始め、意匠化された文様も増えている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た縫製

    短辺約34cm、長辺約37cm鯨尺九寸のものを一幅と呼び基本とする大きさである。一反を五等分して縫製したものを一反風呂敷(六幅)と言い、概ね畳二枚分の大きさが最大であった。現在では、一幅の倍(面積では四倍)となる約68cm×約71cmの二幅、そのさらに倍の四幅、六幅と呼ばれるそれぞれ約204cm×207cmの整数倍のもののほか、中幅と呼ばれる約45cm四方のもの、二四幅と呼ばれる約90cm四方のものがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た刺子

    一枚の布ではあるが様々の形状、大きさのものを包むことができるため広く普及していった。風呂敷自体、様々な大きさのものが作られ強度を上げるため刺子を施すなどもされた。サイズの大きいものは大風呂敷といい布団を包めるようなものもある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    短辺約34cm、長辺約37cm鯨尺九寸のものを一幅と呼び基本とする大きさである。一反を五等分して縫製したものを一反風呂敷(六幅)と言い、概ね二枚分の大きさが最大であった。現在では、一幅の倍(面積では四倍)となる約68cm×約71cmの二幅、そのさらに倍の四幅、六幅と呼ばれるそれぞれ約204cm×207cmの整数倍のもののほか、中幅と呼ばれる約45cm四方のもの、二四幅と呼ばれる約90cm四方のものがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た二酸化炭素

    レジ袋1枚を約8?10gとすると、製造過程で小さな猪口1杯分(約16?18ml)の原油を使うとされている。また、製造過程で30g、焼却過程で31gの二酸化炭素を排出するため、1枚のレジ袋を使用しないと約61gの二酸化炭素の排出抑制ができる。環境省によると、現在日本で年間に使われるレジ袋は約300億枚で、原油換算すると約60万キロリットルに達し、ごみとして出される量は約60万トンにもなるという。このため、買物に際してレジ袋の利用を止めて風呂敷へと転換するごとに二酸化炭素とごみの削減効果に個人レベルで日常的に貢献でき、ひいては地球温暖化防止に貢献することにつながるといえる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見たレーヨン

    現代ではこれらに加えてレーヨン、ポリエステル、アセテートなどの化学繊維も多く用いられている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た本結び

    固結びは、風呂敷の二つの角を二度絡めて結び目を作ることである。その際、誤って縦結びとすると、簡単にほどけて危険である(本結びを参照)。結び方の正誤は二度目に絡める際の左右の前後関係だけに起因する。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード