1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 風呂敷

    風呂敷から見た家財道具

    二幅や中幅は、結婚祝いやお中元などの慶弔の際に、二四幅は買い物に、四幅は引越し・帰省に使われていた。六幅は、火災が多かった江戸において、布団の下に敷き、火事などの災害発生時に寝具の上に家財道具を放り投げ、一切合財をそのまま風呂敷に包んで逃げるために使われていたという。現代では、二幅・中幅・二四幅が主流で、四幅はコタツ掛けに、六幅はテーブル掛けや壁飾りなどにも使われている。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    下って、室町時代の風呂は蒸し風呂のようなものであったため「むしろ」「すのこ」「」などが床に敷かれていた。これが風呂敷の起源であるとの説もある。足利義満が大湯殿を建てた際、招かれた大名などが入浴する際に他者の衣服と間違えないよう家紋を付けた布に脱いだ衣服を包み、湯上りに際してこの布の上で装束を調えたという記録があり、この時用いられていた敷布が「風呂敷」と「平裹(平包)」の双方の役割を果たしていたものとしての最古の記録と考えられる。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見たちりめん

    また加工方法によって、独特の心地よい肌触りを持ったちりめん、家紋などを入れた一般的な紬(つむぎ)、夏用の着物と同じ絽(ろ)などの風合いがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

  • 風呂敷

    風呂敷から見た

    また加工方法によって、独特の心地よい肌触りを持ったちりめん、家紋などを入れた一般的な(つむぎ)、夏用の着物と同じ絽(ろ)などの風合いがある。風呂敷 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示

「手ぬぐい・風呂敷」のニューストピックワード