前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
931件中 1 - 10件表示
  • フェーズフリー

    フェーズフリーから見た災害災害

    フェーズフリーまたはフェイズフリー(Phase Free)とは、平常時と災害時という社会のフェーズ(時期、状態)を取り払い、普段利用している商品やサービスが災害時に適切に使えるようにする価値を表した言葉である。なお、Phase Free(フェーズフリー)は、スペラディウス株式会社の登録商標(登録番号5727971など)となっている。フェーズフリー フレッシュアイペディアより)

  • All or Nothing

    All or Nothingから見た被災地災害

    東日本大震災が起こってから約半年後となる2011年9月、当時、自身で音楽活動をしていた楓(現:All or Nothingプロデューサー)のもとに、音楽仲間であったスリーピースアコロックバンド『メリチョコ』メンバー『及川タクマ(スズ)』(現:特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会理事長)より、「震災で全国から送られた支援物資の古着が現地で余ってしまい、自治体の倉庫に入りきらず困っている」という相談があった。そこで、古着を使って何か社会貢献が出来ないかと考えたところ、当時、アイドルグループ全盛期だった事から、『古着』をテーマにした女性グループを結成してみてはどうかと考えた。また、女性グループの大多数は衣装がみんな一緒だというところに疑問を抱き、『古着』という観点をコンセプトの中心にする事で、「衣装がバラバラでも、グループ感が出るのではないか」、「ステージ衣装として余った古着を着て活動する事によって、常にタレントの個性を出しながら、その古着を着て活動する事で、震災の風化を防げるのではないか」と考え、『古着系アイドル』というコンセプトを立案。自身が所属していたレーベル『Turtle Entertainment』に、この話を提案したところ、楓をプロデューサーとしてプロジェクトが始動。グループ名は「人生イチかバチか」と「アイドル戦国時代に殴り込みをかける」という意味合いから『古着系アイドル18(いちはち)』とする事が決定。同年2011年11月よりレーベル『Turtle Entertainment』内に新規芸能事業部となる『Crane Production』を立ち上げ、メンバー募集を開始。最終オーディションを勝ち残った6名にて、2012年1月に結成。お披露目ライブを開催。2012年2月より正式に活動開始。2012年5月にメンバー1名追加、2012年12月にはメンバー11名追加となり、最大18名のメンバーが在籍。その後、グループ名を『古着系18』に変更。メンバーの脱退、卒業、追加といった紆余曲折を経て、2015年6月、約3年半の活動に終止符を打ち、解散。(※詳細は古着系18のページにて)当時、プロデューサーであった楓は、復興支援の為に結成したという強い想いがグループにあり、支援を途絶えさせたくないという考えから、解散させる事への抵抗もあったが、メンバー総意にて解散の希望が出た事もあり、その意思を尊重し、解散に同意したという。しかし、楓の「最低10年は復興支援の活動をしたい」という強い想いから、再び被災地支援のグループを結成する事を模索。その頃、『古着系18』に追加メンバーとして加入予定だった『秋野はるか』、『柳沢ちさと』の2名(現:All or Nothing0期メンバー)がお披露目前のレッスン中だった事から、新たなグループを結成し、その初期メンバーとして活動してみないかという話をしたところ、2名の了承を得て、新たなグループとしての活動準備期間に入る。その後、グループ名を以前の「イチかバチか」という意味を継承した『All or Nothing』(おーるおあなっしんぐ)という名称が正式決定。2015年8月11日、宮城県石巻市雄勝町の被災地で開催された、東日本大震災復興支援イベント『LIGHT UP NIPPON』にて、All or Nothing2名での活動が開始。少人数という事もあり、プレオープン活動として『0期生』という呼び名となる。その後、4か月の活動を経て、2015年12月23日、All or Nothing初のワンマンライブで、『いいだひかる』、『桜木なな』が新規加入。ここで、1期生4名によるAll or Nothingとしての活動が正式にスタートする。2016年3月11日に、東日本大震災から5年という節目のタイミングで、All or Nothingの1st Maxi Single『Stand up!』を世界243ヵ国に音楽配信。1ダウンロードにつき1円を、『特定非営利活動法人雄勝まちづくり協会』に支援金として寄付するという企画をスタートさせる。翌月4月29日に同タイトルを1st Maxi Singleとして全国リリース。2016年5月7日に開催されたAll or Nothingプチワンマンライブにて、2期生『泉ひろな』、『佐藤ゆう』が新規加入し、メンバー6名となる。2016年8月10日には、All or Nothingの2nd Maxi Singleとなる『ビビット☆ビーチ』を全国リリース。同作リリースに先駆けて、8月10日?17日の計8日間、All or Nothing初となる全国ツアーを開催(8月10日宮城県/8月11日宮城県/8月12日福島県/8月13日茨城県/8月14日埼玉県/8月15日千葉県/8月16日神奈川県/8月17日東京都)また、ツアー中日となる8月15日に開催されたプチワンマンライブにて、3期生『佐倉杏』、『大和結依』が新規加入し、メンバー8名となる。同時に、All or Nothingとしては8名での活動で行う事が決定。メンバー追加は卒業メンバーが出た場合のみとなる。2016年12月23日、All or Nothing結成1周年となる同日、初台The Doorsにて、2回目のワンマンライブ『This is the All or Nothing!!!』?ここから始まる新たなストーリー【目指せ集客150人!】?を開催。この日、集客150名を目標とし、最終的には151名の集客を達成(主催者発表)。なお、このワンマンライブ中に、翌2017年12月23日に同じく初台The Doorsにてワンマンライブの開催を発表。倍となる300人の集客目標とする事も決定された。2017年2月21日及び3月21日には、All or Nothing初となる地上波冠番組「AoNチャンネル」が千葉テレビにて放送された。All or Nothing フレッシュアイペディアより)

  • 中森広道

    中森広道から見た災害災害

    中森 広道(なかもり ひろみち)は、日本の社会学者、災害情報学者である。日本大学文理学部社会学科教授。専攻は災害社会学、災害情報論、社会情報論。中森広道 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同

    菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同から見た災害災害

    2011年3月11日の東日本大震災により宮城県名取市に4月10日、緊急災害用FMラジオ局「なとらじ はちまる・いち」(周波数80.1Mhz)が開局となる予定であった。しかし資金難により日本音楽著作権協会への使用料が払えず音楽をかける見通しがたたなかった。この状況を憂いた同市出身のNHKプロデューサーKが、3月後半に同局の旅番組である街道てくてく旅の音楽を担当し福島県白河市で幼少期を過ごした菊池常利と青森県八戸市出身の真形テルコとのデュエット曲作成を懇願し彼らもまたそれに快く応じた。ヴェンタインレコードのプロデューサーユニットコペルニクス(吉田哲、木村敦、児島由美)は元気いっぱいの曲やありきたりの応援ソングを作るべきなのかと悩み曲作りは難航を極めたが最終的にはアフリカ飢饉のために立ち上がったUSAフォー・アフリカのチャリティーソング「We Are The World」のようにヴェンタインレコード系のアーティスト一同が手を取り合って歌うことによって被災者の方々や日本中が一つになることを体現できるのではないかと考えた。こうして4月10日、たった二週間という短い期間で応援ソング「あした日和」は完成し開局に間に合ったのである。さらに4月30日にはスケジュールの関係で参加できなかったアーティストを加えた「あした日和デラックス版」が完成。これを機に「菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同」としての活動は終了したがアーティスト個人でのチャリティー活動は今後も続けていく予定である。菊池常利&真形テルコwithヴェンタイン系アーティスト一同 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤俊彦

    加藤俊彦から見た被災地災害

    里神楽では笛、太鼓、大拍子、舞を担当。派手な演奏が特徴。神楽にとどまらず、日本の祭りのリズムを取り入れた音楽を作曲し、わかりやすい邦楽を広める活動を行なう。またポップスやジャズなど様々なジャンルの演奏家とも共演をしている。海外に滞在する日本人にむけた伝統芸能の体験や普及活動、被災地復興支援に積極的に取り組んでいる。加藤俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • サバイバル

    サバイバルから見た災害災害

    サバイバル(英語:survival)とは、遭難、災害などの生命の危機から、何とかして生き残ること。サバイバル フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(防災担当)

    内閣府特命担当大臣(防災担当)から見た災害災害

    日本の内閣府に置かれる内閣府特命担当大臣の一つである。主として防災行政を所管する国務大臣である。具体的には、災害予防、災害応急対策、災害復旧、災害からの復興などにかかわる政策を所管する。また、大規模災害が発生した場合や、発生の虞がある場合には、その災害への対処も所管している。内閣府特命担当大臣(防災担当) フレッシュアイペディアより)

  • 制服

    制服から見た災害災害

    消防庁職員(私服勤務の場合が多いが、式典・訓練・災害などの際には消防吏員の物に準じたデザインの制服または活動服と職名章を着用することがある)。制服 フレッシュアイペディアより)

  • 機動隊

    機動隊から見た災害災害

    機動隊(きどうたい)は、日本の警察において、集団的警備力及び機動力を有し、警備実施の中核部隊として治安警備及び災害警備等に当たる警備警察の部隊である。基幹となる機動隊は約8,000人体制、これを補完する増援部隊として広域運用される管区機動隊は約4,000人体制として整備されている。機動隊 フレッシュアイペディアより)

  • 災害派遣

    災害派遣から見た災害災害

    災害派遣(さいがいはけん)とは、地震や水害等の大規模な天変地異や、大量の死傷者の発生が伴う大規模な事故などといった各種災害の発生に際して、救助活動や予防活動などの対応限界を超えた地域に陸海空の自衛隊部隊を派遣し、その組織を以て救援活動を行うことである。「災派」と略称されることもある。災害派遣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
931件中 1 - 10件表示

「風水害」のニューストピックワード

  • Sex&World Peace(性と世界平和)

  • 足裏新生児コース

  • SPA(スパ) DAMAIが運営するエステティックスパ