931件中 91 - 100件表示
  • 巨勢文雄

    巨勢文雄から見た人災災害

    貞観13年(871年)応天門の変による焼亡から修復した応天門の改名の是非、および応天門・朱雀門・羅城門の名称の由来について、明経博士・文章博士らに議論が命じられた際、文雄は魏・唐において火災を理由に宮殿や城門を改称した故実を挙げ、天災と人災は共に国家の吉兆ではないことから、修復の後に改称することは妥当であること、また「応天」の名称は『礼緯含文嘉』にある「陽は人心に順い天に応ず」に因み、「朱雀」の名称については、唐の大明宮南面の門を「丹鳳門」というが「丹鳳」と「朱雀」は同義であることから、南方の門であることに因み、「羅城」の由来は明らかでないが、文勢を踏まえると羅列の意味と想定されることを述べた。巨勢文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田園都市づくり協議会

    田園都市づくり協議会から見た災害災害

    田園都市づくり協議会は久喜市・蓮田市・幸手市・南埼玉郡宮代町・南埼玉郡白岡町・南埼玉郡菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・北葛飾郡鷲宮町・北葛飾郡杉戸町の3市6町で開始され、久喜市・南埼玉郡菖蒲町・北葛飾郡栗橋町・北葛飾郡鷲宮町の1市3町による新設合併(平成の大合併)、南埼玉郡白岡町の市制を経て現在は久喜市・蓮田市・幸手市・白岡市・南埼玉郡宮代町・北葛飾郡杉戸町の4市2町となり、今日では主に公共施設の相互利用や災害時の相互応援を目的として運営されている。公共施設の相互利用は1998年(平成10年)より開始されており、災害時の相互応援に関しては「災害時における相互応援に関する協定書」が関連市町の間で取り交わされている。また過去には介護保険制度に関し、その広域化ついて田園都市づくり協議会において検討されたこともある。この他、平成の大合併の際に田園都市づくり協議会の構成自治体を合併させ、人口約40万人・214.45?の中核市の成立を目指す動きもあった。田園都市づくり協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 新中地山ダム

    新中地山ダムから見た災害災害

    亀谷料金所から有峰林道(有料道路)に入り、有峰ダムへと続く道の途中に新中地山ダムがある。ダム湖畔には和田川第二発電所があり、発電に使用した水をダム湖に放流している。送水先の新中地山発電所は小俣ダム湖畔にあり、小口川ダム上流の堰より取水して発電する小口川第一発電所(3,200キロワット)と建物を共有している。小俣ダムの先には水須料金所があり、こちらからも有峰林道に進入できる。ただし、現在は災害のため通行止めである。新中地山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 越冬支援

    越冬支援から見た災害災害

    越冬支援(えっとうしえん)は、生活困窮者やホームレスに対して行われる、炊き出しや衣類・毛布の配布などの冬季の支援活動である。災害時に住居が損壊を受けるなどした被災者に対して行われる場合もある。越冬支援 フレッシュアイペディアより)

  • エヒタナハの踊りの行進

    エヒタナハの踊りの行進から見た災害災害

    踊りに関しては、ウィリブロルドが、祭壇を背中に負って、踊って布教したからともいわれるが、一般には、1349年のペストの大流行の際に、この聖堂に詣でる人々が増え、1374年ごろから踊りが始まったといわれている。家畜の病気がはやった時に始まったとも、また、8世紀には既に始まっていたという説もある。当時の災害、戦争といった社会不安も、熱狂的な聖堂詣でを引き起こした一因と思われる。エヒタナハの踊りの行進 フレッシュアイペディアより)

  • 紙皿

    紙皿から見た災害災害

    紙皿は、板紙や厚紙などの紙を原料とする食器であるが、一般に流通しているこれら厚手の紙をプレス加工などで成形して大量生産されているものでは、使い捨てを前提とする。このようなことから、ピクニックのような行楽、食品売場などでの試食、災害において断水などの諸事情で食器を洗えない環境において衛生的に食事をとるためなど幅広く利用されている。紙皿 フレッシュアイペディアより)

  • 防災とボランティア週間

    防災とボランティア週間から見た災害災害

    防災とボランティア週間(ぼうさいとボランティアしゅうかん)とは、広く国民が災害時におけるボランティア活動及び自主防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的とした週間。防災とボランティア週間 フレッシュアイペディアより)

  • スペクタクル

    スペクタクルから見た天変地異災害

    スペクタクルとは視覚的に強い印象を与えるようなもののことであり、広くは光景や情景などが意味される。芸能での業界用語としては、視覚的に強い印象を与えるような大掛かりな場面や出し物のことが意味されている。芸能においてのスペクタクルとして当てはまる場面というのは、天変地異、戦争、自然の風景などであり、ともにこれらに変化が生じるということが、演出とされているということが多い。スペクタクル フレッシュアイペディアより)

  • 常食

    常食から見た災害災害

    災害時には、非常食が配布されたりするが、これは常食に対して、非常時の簡易的な食事ということである。普通のお弁当が配られたら常食といえる。常食 フレッシュアイペディアより)

  • 松戸運動公園

    松戸運動公園から見た災害災害

    松戸運動公園(まつどうんどうこうえん)は、千葉県松戸市にあるスポーツ施設が集合した公立の公園である。災害時には避難場所、ヘリコプター離着陸可能地として指定されている。松戸運動公園 フレッシュアイペディアより)

931件中 91 - 100件表示

「風水害」のニューストピックワード