931件中 41 - 50件表示
  • チャリティー

    チャリティーから見た災害災害

    チャリティー()とは、慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動・行為もしくはそれを行う組織のこと。世界各地でチャリティーの活動・組織が見られ、それらの多くは宗教的な背景を持つ。チャリティーはしばしば身体障害者や高齢者などに対する社会福祉、貧困地域の飢餓救済、紛争地域の難民救済、または災害・事故などの犠牲者や遺族に対する支援活動などといった形態をとるが、本来的には以上の活動にとどまらず、社会に対する貢献全般がチャリティーであると言える。また、チャリティーに係る費用は寄付・寄進によって支弁されることが多い。チャリティー フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た災害災害

    大きな地震はしばしば建造物を破壊して家財を散乱させ、火災、土砂災害などを引き起こし、人的被害をもたらす、典型的な自然災害の1つである。地震予知の研究も行われているが、天気予報のような科学的な予報・予知が確立されておらず、前触れもなく突然やってくる。そのため、建造物や地盤の強度を調べて補強する、震災時の生活物資を備蓄する、避難計画を立てるなど、災害に備える「防災」や災害を軽減する「減災」の考え方から対策をとり、「いつ来てもいいように」備えるのが一般的である。地震 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁警備部

    警視庁警備部から見た災害災害

    1972年に警視庁に創設され警備部機動隊に所属するが、警備部災害対策課が統括運用している部隊で、災害や事故における救助活動を主要な任務としており、通称「レスキュー110」と呼ばれている。警視庁警備部 フレッシュアイペディアより)

  • 災害対策

    災害対策から見た災害災害

    災害対策 フレッシュアイペディアより)

  • 被災地

    被災地から見た災害災害

    被災地 フレッシュアイペディアより)

  • 大規模災害

    大規模災害から見た災害災害

    大規模災害 フレッシュアイペディアより)

  • 請雨経法

    請雨経法から見た天変地異災害

    請雨経法(しょううきょうほう)とは、雨乞いのほか洪水の時の止雨、ひいては天変地異を防ぐための護国修法である。請雨経法 フレッシュアイペディアより)

  • 南藤蔓綿録

    南藤蔓綿録から見た災害災害

    著者は人吉藩の剣術師範であった梅山無一軒(実名:西源六郎昌盛)で、成立年は文化年間である。相良家に於ける政治、社会、文化のみならず、経済や交通、気象、災害、風俗、寺社及び仏像の縁起等にまで言及して記されている。文久2年(1862年)に藩内で起こった大火「寅助火事」により相良家の家記が消失した事を受け、同年 『探源記』、『嗣誠独集覧』などと共に、無一軒の孫である梅山昌寿により藩へと献上された。南藤蔓綿録 フレッシュアイペディアより)

  • 防災拠点

    防災拠点から見た災害災害

    防災拠点(ぼうさいきょてん)とは、災害時に防災活動の拠点となる施設や場所のこと。平常時には防災講習・訓練や地域住民の憩いの場として活用される。防災拠点 フレッシュアイペディアより)

  • 初動態勢

    初動態勢から見た災害災害

    初動態勢(しょどうたいせい)とは、軍や警察が、不意の事件・事故・災害に即応する態勢を指す。初動態勢 フレッシュアイペディアより)

931件中 41 - 50件表示

「風水害」のニューストピックワード