735件中 51 - 60件表示
  • 南藤蔓綿録

    南藤蔓綿録から見た災害災害

    著者は人吉藩の剣術師範であった梅山無一軒(実名:西源六郎昌盛)で、成立年は文化年間である。相良家に於ける政治、社会、文化のみならず、経済や交通、気象、災害、風俗、寺社及び仏像の縁起等にまで言及して記されている。文久2年(1862年)に藩内で起こった大火「寅助火事」により相良家の家記が消失した事を受け、同年 『探源記』、『嗣誠独集覧』などと共に、無一軒の孫である梅山昌寿により藩へと献上された。南藤蔓綿録 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史資料

    歴史資料から見た災害災害

    ここでは、文献史学においては、典拠とする史料そのものに偏りが生まれるのは避けられないとしており、それゆえ、公文書などに示された一揆や災害とかかわる民衆の姿をそこで確認できたとしても、その生活文化総体は決してみえてこないという認識が示されている。「常民」の生活文化史の解明を目的とする民俗学にとっては、文献資料にのみ依拠することには限界と危険がともなうのであり、それゆえフィールドワークによる民俗資料の収集が重要だと論じているのである。歴史資料 フレッシュアイペディアより)

  • 防災拠点

    防災拠点から見た災害災害

    防災拠点(ぼうさいきょてん)とは、災害時に防災活動の拠点となる施設や場所のこと。平常時には防災講習・訓練や地域住民の憩いの場として活用される。防災拠点 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー伊勢湾台風

    スーパー伊勢湾台風から見た天変地異災害

    この「中部地方の天変地異を考える会」の2006年6月13日第3回検討会において、スーパー伊勢湾台風が初めて提示された。この仮想台風の規模は、地球温暖化による影響を考慮して、実際に起こりえる最悪の規模のものを想定したという。スーパー伊勢湾台風 フレッシュアイペディアより)

  • 初動態勢

    初動態勢から見た災害災害

    初動態勢(しょどうたいせい)とは、軍や警察が、不意の事件・事故・災害に即応する態勢を指す。初動態勢 フレッシュアイペディアより)

  • Ogrish.com

    Ogrish.comから見た災害災害

    現実に発生した戦争・テロ・犯罪・事故・災害などの出来事をありのままに配信するニュースサイトの一種だが、そのほとんどは一般的に残虐で猟奇的であると受け止められる記事に特化されており、閲覧の際には細心の注意と自己責任を要する。Ogrish.com フレッシュアイペディアより)

  • 追加入試

    追加入試から見た災害災害

    インフルエンザなどの災害が原因となって受験できなかった者を救済する事を目的として追加入試を実施している所が存在し、その場合は進学校や名門大学の実施例も見られる。追加入試 フレッシュアイペディアより)

  • 守ってあげたい!

    守ってあげたい!から見た災害災害

    陸上自衛隊の協力により、クライマックスの演習シーンや災害に於ける救助活動のシーン等に対する迫力を表現した。守ってあげたい! フレッシュアイペディアより)

  • 福井県道112号栃神谷鳴鹿森田線

    福井県道112号栃神谷鳴鹿森田線から見た災害災害

    福井県内における地方区分である越前と奥越前(奥越)を結ぶ役割を担う路線である。国道416号および福井県道17号の役割りを補完し、災害時に不通となった場合に迂回路として活躍することが見込まれる路線である。ただし永平寺町内では全区間が重複しているため、この役割りが完全に果たせているか疑問ももたれる。福井県道112号栃神谷鳴鹿森田線 フレッシュアイペディアより)

  • 第二の災害

    第二の災害から見た災害災害

    第二の災害(だいにのさいがい)とは、大規模な災害が発生した際に、被災地域に届けられながらも、実際の役に立たないなどの理由で、余計な混乱を被災地域に発生させる膨大な量の救援物資のことである。第二の災害 フレッシュアイペディアより)

735件中 51 - 60件表示

「風水害」のニューストピックワード