931件中 51 - 60件表示
  • 永引

    永引から見た災害災害

    大きく分けると、年々引と連々引がある。前者は陣屋や郷倉、堤、溝、道路などの公共用地として提供された土地や検地や災害などの結果、名目の石高より実際の石高の方が低くなった土地を対象とする。後者も災害や地味の低下などによって荒地などになって土地の価値が下がったものを対象としているが、あくまでも復旧の可能性がある(ただし、時期が未定)な土地を対象とした。これに対して、復旧の見通しが立っている土地に対しては年単位での年貢の免除が行われた。これを一作引・当引と称した。永引 フレッシュアイペディアより)

  • 災害ゴミ

    災害ゴミから見た災害災害

    災害ごみ(さいがいごみ)とは、災害後に出される不要物のこと。災害ゴミ フレッシュアイペディアより)

  • 荒田

    荒田から見た災害災害

    これに対して未開地(未墾地)は荒地、災害によって一時的に利用が困難となった土地は損田と呼ばれて区別されている。荒田 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県道770号高奈上三瀬線

    三重県道770号高奈上三瀬線から見た災害災害

    現在、道路改良が進められ、順次供用が開始されている。2009年度(平成21年度)は、「災害防除事業」として法面工事に1500万円が予算として盛り込まれた。三重県道770号高奈上三瀬線 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道軌道整備法

    鉄道軌道整備法から見た災害災害

    産業の維持振興上特に重要な鉄道であって、運輸の確保又は災害の防止のため大規模な改良を必要とするもの鉄道軌道整備法 フレッシュアイペディアより)

  • 交通権学会

    交通権学会から見た災害災害

    人は、交通事故や交通公害から保護されて安全・安心に歩行・交通することができ、災害時には緊急・安全に避難し救助される。交通権学会 フレッシュアイペディアより)

  • 水文地形学

    水文地形学から見た災害災害

    崩壊とは、豪雨時に水が地中にしみ込んで引き起こす大規模な地形プロセスであるが、災害という側面を持つ一方で、山地地形を形成する重要なプロセスであるともいえる。また、崩壊によって地下水が流動する「場」も変化するので、崩壊は流域の水文特性を支配しているという特徴も持つ。水文地形学 フレッシュアイペディアより)

  • 片側交互通行

    片側交互通行から見た災害災害

    実施される理由としては路上あるいは道路に面した場所における工事によるものが一般的だが、事故や災害等により道路が危険になったために実施される場合もある。また同じ理由で本来の道路が通行止めになった際に利用される仮設迂回路で実施される場合(例:豊浜トンネル崩落に際し先代豊浜隧道を利用)もある。片側交互通行 フレッシュアイペディアより)

  • 地震家族

    地震家族から見た災害災害

    携帯電話に災害メールが送られてきたら、アクセスしてゲーム開始。制限時間内にゲームをクリアすると生き残ることができ、一定期間生き残れると生存者で賞金を山分けできる。地震家族 フレッシュアイペディアより)

  • 速度制限標識

    速度制限標識から見た災害災害

    高速道路などには規制速度の書かれた円盤またはLED表示式で、災害や荒天、事故や渋滞などの異常時に表示を変更できるものもある。速度制限標識 フレッシュアイペディアより)

931件中 51 - 60件表示

「風水害」のニューストピックワード

  • Sex&World Peace(性と世界平和)

  • 足裏新生児コース

  • SPA(スパ) DAMAIが運営するエステティックスパ