931件中 61 - 70件表示
  • 農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律

    農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律から見た災害災害

    農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律(のうりんすいさんぎょうしせつさいがいふっきゅうじぎょうひこっこほじょのざんていそちにかんするほうりつ、昭和25年5月10日法律第169号、最近改正:平成11年12月22日法律第160号)は、異常気象により発生した災害により、農地や農林水産業に供される公共的施設などが被災した際に、施設の機能復旧に要する費用の一部を国が負担する事を定めた法律である。一般的には暫定法(ざんていほう)と呼ばれる。農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 広域処理

    広域処理から見た災害災害

    広域処理(こういきしょり)とは、災害などが発生した場合に生じた廃棄物を被災地のみでは処理しきれない場合に全国の廃棄物処理施設で処理すること。東日本大震災でも多くの廃棄物が発生しており、その量は岩手県では12年分、宮城県では14年分に達しており被災地の早い復旧のために全国の余力のある自治体への広域処理を要望している。阪神淡路大震災の兵庫県で発生した廃棄物の約14%が県外で広域処理され、新潟中越沖地震で発生した数十トンの廃棄物が川崎市で処理された。広域処理 フレッシュアイペディアより)

  • 広域処理

    広域処理から見た被災地災害

    広域処理(こういきしょり)とは、災害などが発生した場合に生じた廃棄物を被災地のみでは処理しきれない場合に全国の廃棄物処理施設で処理すること。東日本大震災でも多くの廃棄物が発生しており、その量は岩手県では12年分、宮城県では14年分に達しており被災地の早い復旧のために全国の余力のある自治体への広域処理を要望している。阪神淡路大震災の兵庫県で発生した廃棄物の約14%が県外で広域処理され、新潟中越沖地震で発生した数十トンの廃棄物が川崎市で処理された。広域処理 フレッシュアイペディアより)

  • SAVE JAPAN

    SAVE JAPANから見た被災地災害

    2011年3月11日に起きた東日本大震災より、自らを発起人とし復興支援プロジェクトSAVE JAPANを立ち上げた。現在も尚、多くの著名人やモータースポーツ関係者が集まり、義援金受付や被災地での継続的な復興活動を進めている。SAVE JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • SmartSat-1

    SmartSat-1から見た災害災害

    回路構成がソフトウェアによって変更可能なSRAM型FPGAによって構成される通信機である。従来の中継器では主系冗長系ともに障害が発生した際、それが回路の一部であっても全ての機能が使用不能となるが、RCEでは故障部位のみを論理的に切り離し再構成することによって、性能は低下するものの使用し続けることが可能となり、通信衛星の長寿命化を実現する。また、災害時における通信帯域の専用化や地上設備の進歩に伴う通信方式の変更など、運用の変化に柔軟に対応することが可能となっている。SmartSat-1 フレッシュアイペディアより)

  • 東の沢ダム

    東の沢ダムから見た災害災害

    安全に徹底した工事が進められたがそれでも日高山脈の自然は厳しくダム工事が実施された冬季の平均気温は氷点下5度、最低気温は氷点下23度に及ぶこともあった。こうした中で度々の雪崩、春季には落石や大規模な崩落などが相次いだものの、施工者と工事担当企業の安全への徹底と工事技術の進歩などによって1987年(昭和62年)2月にダム・発電所が完成するまでの約4年間、完全無事故・無災害を達成、「慰霊碑のない発電所」は実現したのである。東の沢ダム フレッシュアイペディアより)

  • ラプソデー

    ラプソデーから見た災害災害

    しかし、1958年9月27日にラプソデーが休養していた大仁温泉が台風22号の直撃を受ける。これが後に狩野川台風と呼ばれた大災害となり、この台風による大雨で、ラプソデーの休養していた狩野川沿いの牧場も鉄砲水に襲われた。ラプソデーは膝までつかるほどの泥水の中を一晩中必死にさまよい、全身傷だらけになりながらも翌朝奇跡的に救助されたが、担当していた馬丁(現在でいう厩務員)が亡くなるという悲劇に遭遇する。ラプソデー フレッシュアイペディアより)

  • 長野バイパス (滋賀県)

    長野バイパス (滋賀県)から見た災害災害

    同時計画されている国道307号を4車線拡幅する信楽道路とともに、国道307号の渋滞を解消し、災害時や緊急時の代替道路として期待されている。長野バイパス (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 臨速

    臨速から見た災害災害

    通常の速度ではなく特別な速度(減速)を必要とする場合に、運転指令所の輸送指令から発令される。自動列車制御装置が機能する区間においては、運転士の意志に関係なく自動的に減速が行われる。臨速が行われる例として集中豪雨や強風、積雪などの災害への対策時などがあげられる。東海道・山陽新幹線の場合、従来は駅で臨速手配扱いとしていたのを新幹線総合指令所でも取り扱えるようになった。臨速 フレッシュアイペディアより)

  • 胎内川ダム

    胎内川ダムから見た災害災害

    そんな中、1967年(昭和42年)8月、新潟県下越地方から山形県にかけての地域を集中豪雨が襲った。これに端を発する災害は羽越水害と呼ばれ、胎内川流域である胎内市(当時・北蒲原郡中条町および黒川村)に大きな被害を及ぼした。河川の氾濫、土石流の発生により、住宅313棟が全壊もしくは半壊、6,000棟が床上もしくは床下浸水、死傷者は300人以上を数えた。胎内川上流に建設された水力発電所への被害も甚大であった。胎内川では新潟県企業局の胎内第一発電所・胎内第二発電所が1962年(昭和37年)までに完成し、合計最大1万4,600キロワットの電力を発生させていた。羽越水害の際には取水先である胎内第一ダムにおける24時間降水量がゆうに600ミリを超え、下流の胎内第二ダムともどもダムから水があふれ出る異常事態に陥り、発電所が水没してしまった。胎内川ダム フレッシュアイペディアより)

931件中 61 - 70件表示

「風水害」のニューストピックワード