227件中 91 - 100件表示
  • 災害

    災害から見た自治

    古くより、災害(天災)が発生した時には「自助」と「共助」、つまり自分でできる範囲で負傷の手当てや復旧を行うとともにコミュニティの中で助け合うという考え方があった。災害時の助け合いは自治の1つとなっていて、その流れは現在の日本における消防団・水防団や自主防災組織に至る。災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た前線 (気象)

    水害 - 低気圧・台風・前線などの集中豪雨や大雨、副振動による、洪水、土石流、鉄砲水、高潮など災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た国際人道法

    1993年に採択された「ウィーン宣言及び行動計画」の第1部、第23節においては、難民の支援についての記述に続いて、自然災害と人的災害について言及し、国際連合憲章と国際人道法の原則に従って、被災者に人道支援を行うことの重要性を強調している。災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見たラハール

    積もった灰が雨などと一緒に一気に流れるラハール(火山泥流)災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見たデリンジャー現象

    大規模フレアによるCME、太陽嵐により放出される電磁波・粒子線、太陽エネルギー粒子線による、宇宙滞在者への影響、デリンジャー現象、磁気嵐災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た政府

    近代法が成立した国家では(日本では明治以降)、政府や行政による「公助」の考え方が浸透した。救急や消防、警察、軍(自衛隊)、あるいは専門機関(日本の災害対策本部、アメリカのFEMA、ロシアの非常事態省など)の役割が明確化され、それぞれが責任を負っている。大規模災害においても、政府や行政が復旧・復興の責任を負うのが普通となっている。一方で、有志による「公助」の考え方も進化してきており、企業やNPOによる援助、ボランティア(災害ボランティア)活動も行われる。災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た冷害

    上空に達した火山灰や火山ガスが太陽光を遮る(日傘効果)事による冷害(火山の冬)災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た砂嵐

    砂塵を伴った砂嵐、砂の降下(黄砂など)災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た製品

    日常における不慮の事故(交通事故、列車事故、飛行機事故、海難事故、水難事故、遭難、製品欠陥に伴う製品事故、食品事故、医療事故)災害 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た治水

    水害や土砂災害に対する治水構造物の設置、斜面改良災害 フレッシュアイペディアより)

227件中 91 - 100件表示

「風水害」のニューストピックワード