前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • アクア (ARIA)

    アクア (ARIA)から見た風鈴風鈴

    『ARIA』の世界でのマンホームは美観化と合理化が進み、買い物や仕事を自宅で済ませることが可能。気候制御装置も用いられ、アクアの手動制御と違いこちらは自動機械制御。合理化の影響か、風鈴や花火といった風物詩的なものも幾つか廃れてしまったようである(花火は擬似映像=ホログラムとして存在)。『ARIA』第16話でのアリシア・フローレンスの言葉によれば「自然の海ではもう泳ぐことが出来ない環境になっている」とのことだが、『月刊ウンディーネ』第2巻(2302年13月号)のゴンドラ協会報には「マンホームでは特定地域外での遊泳が禁止されている」と記載されているのでごく僅かな浜辺では遊泳可能である。アクア (ARIA) フレッシュアイペディアより)

  • 納涼電車

    納涼電車から見た風鈴風鈴

    伊勢電気鉄道(現、近鉄名古屋線などの前身)・豊川鉄道(現、飯田線)などで風鈴を車内に備えた「納涼電車」を運行していたといわれる。2005年現在の津軽鉄道では、「ストーブ列車」の夏期版としての意味合いで風鈴を備えた列車を運行している。納涼電車 フレッシュアイペディアより)

  • パイプウニ

    パイプウニから見た風鈴風鈴

    棘は風鈴などの工芸品に利用されることがあり、涼しげな音が鳴る。パイプウニ フレッシュアイペディアより)

  • 行商

    行商から見た風鈴風鈴

    江戸時代には都市の発達に伴い都市の消費需要を満たすため商職人が発達し、行商も出現した。行商は天秤棒を担いだ業態では棒手売・背負商人などの呼称で呼ばれ、扱われる商品は魚介類(シジミやアサリのような貝も)から豆腐・飴といった食品のほか医薬品など生活物資、朝顔や金魚・風鈴といった生活に潤いを与える物品もあれば、大きな箪笥などの家具を扱う業態も存在し、果ては水を行商する者もいた。その様子は浮世絵などに描かれて、江戸時代の風物詩を今に伝えている。行商 フレッシュアイペディアより)

  • mink

    minkから見た風鈴風鈴

    バラード曲を得意とする。癒しの歌声とも形容され、J-WAVE『ASAHI SUPER DRY SUPER LINE'J'』内「MUSIC TABLET」コーナー(2006年5月27日放送)に出演した際には実際に音声分析を行い、振幅ゆらぎが計測されるなど学術的にも検証されている。振幅ゆらぎとは本来除夜の鐘や風鈴と同じ波動を示すもので、日本音響研究所の鈴木松美所長曰く「このゆらぎを人間の声帯で作り出すのは本来不可能で、自身の研究では美空ひばり以来」とコメントしている。mink フレッシュアイペディアより)

  • 宿場一夜夢街道

    宿場一夜夢街道から見た風鈴風鈴

    地蔵盆の時期にあわせ、古い宿場町の面影を残す篠山市古市の旧街道沿いや地区内に色とりどりの提灯、灯篭、竹の行灯「たんころ」をはじめ様々な灯りを点し各所見どころをライトアップし、幻想的風景を浮かび上がらせ、また家々の軒先に風鈴をつるすなどして音と光のコラボレーションを演出。200年以上前に途絶えた「古市焼」の再現が地元住民の手による60個の風鈴によっても行われる。また、一般家屋内や商店の内部にて地元伝統工芸品や手芸品、絵画などの展示即売も行われる。赤穂浪士ゆかりの、至心山宗玄寺の境内も会場となり、様々な演出が見られ、周辺には夜店なども出店される。宿場一夜夢街道 フレッシュアイペディアより)

  • 出石藩夏まつり

    出石藩夏まつりから見た風鈴風鈴

    但馬の小京都と呼ばれる城下町出石で、例年7月13日から3日間にわたって開催される夏祭りである。出石城跡を中心に谷山川親水公園に竹灯籠約1000本と約1000個の出石焼風鈴が吊るされ、辰鼓楼から出石城にかけての大手前通りに行灯およそ1000基が設置されるなど、幻想的な出石を演出する。出石藩夏まつり フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・エクスポート

    パシフィック・エクスポートから見た風鈴風鈴

    パシフィック・エクスポートはミッキーマウスやミニーマウスなどのディズニーキャラクターが描かれた茶碗や風鈴などの日本の伝統品が売られているショップであった。商品にデザインされているディズニーキャラクターも紋付羽織袴や和服などを着ていた。このデザインは日本オリジナルデザインであった。パシフィック・エクスポート フレッシュアイペディアより)

  • 空阿弥陀仏

    空阿弥陀仏から見た風鈴風鈴

    法性寺の空阿弥陀仏の来歴について、詳しいことはわかっていない。かつて延暦寺の僧であったが、比叡山を下りた後は京都に向かい、そこで法然に弟子入りして専修念仏に励むようになったとされる。修行生活に関しては清貧な態度を貫き、経典も読まずにひたすら称名念仏するのみであった。また、極楽の「七重宝樹の風の響き」や「八功徳池の波の音」を想像させるとして風鈴の音を愛していたことも有名で、あちこちの道場で人々から尊敬されていた。法性寺の空阿弥陀仏は法然の死後も活動を積極的に行ったが、比叡山延暦寺が専修念仏停止の強訴を朝廷に起こしたことをきっかけに、嘉禄3年(1227年)7月、隆寛・幸西の2人とともに流罪に処されることとなった(嘉禄の法難)。しかし彼は、流罪先の薩摩へ赴く前に入滅したとされている。空阿弥陀仏 フレッシュアイペディアより)

  • 明珍火箸

    明珍火箸から見た風鈴風鈴

    火箸の型は、20種類程あり、現在代表的なものはツクシ型、ツヅミ型、ワラビ型、カワクギ型の4種類である。火箸の需要が落ちた現在では、火箸を利用して風鈴が作られている。明珍火箸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「風鈴」のニューストピックワード