136件中 51 - 60件表示
  • ニック・マクローリー

    ニック・マクローリーから見た飛込競技飛込競技

    ニコラス・モントゴメリ・"ニック"・マクローリー(Nicholas Montgomery "Nick" McCrory、1991年8月9日- )は、アメリカ合衆国の飛込競技選手であり、2007年以来同国の飛び込みチームに参加している。ニック・マクローリー フレッシュアイペディアより)

  • 何衝

    何衝から見た飛込競技飛込競技

    何衝(かしょう、、、、1987年6月10日 - )は中華人民共和国広東省湛江出身の男子飛込競技選手。身長170センチ、体重62キロ。何衝 フレッシュアイペディアより)

  • 浅田雅子

    浅田雅子から見た飛込競技飛込競技

    浅田 雅子(あさだ まさこ)は、日本の飛び込み選手。ソウルオリンピック日本代表。浅田雅子 フレッシュアイペディアより)

  • ルイセンコ

    ルイセンコから見た飛込競技飛込競技

    ドミトロ・ルイセンコ - ウクライナの飛込競技選手。ルイセンコ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国際プール

    横浜国際プールから見た飛込競技飛込競技

    50m×25mの国際公認された屋内温水プール。飛び込みを除いた水泳競技全般を行うことができる。競泳の大会の際には長水路(50mプール)として行われることが多く、この際は10コースである。短水路(25mプール)として使用されることもある。また、可動床を採用しており、深さが0mから3.5mまで変更できる(個人利用時は水深1.2m)。横浜国際プール フレッシュアイペディアより)

  • 野沢グランドホテル

    野沢グランドホテルから見た飛込競技飛込競技

    1950年(昭和25年)の開館時からある長野県下初の甲種公認50mプールと、その4年後に設置された飛び込みプールが有名で、飛込競技の馬淵良選手(長野電鉄)はこのプールで練習し、メルボルン五輪・ローマ五輪に出場を果たした。しかし、1994年(平成6年)の改装時にプールの規模は半分に縮小され、飛び込みプールも撤去されている。野沢グランドホテル フレッシュアイペディアより)

  • 日本選手権水泳競技大会

    日本選手権水泳競技大会から見た飛込競技飛込競技

    大会は競泳・飛込競技・水球・シンクロナイズドスイミングの4部門からなるが、日程・会場などの問題から4部門は同時ではなく、それぞれ別箇に行われている。競泳競技には、第81回大会(2005年)よりJAPAN SWIM(ジャパンスイム)という呼称が取り入れられている。シンクロナイズドスイミング競技は、JAPAN SYNCHRO CHAMPIONSHIP OPEN(ジャパンオープン)も兼ねており、海外招待選手も交えて実施されている。2011年よりそれまでの日本短水路選手権水泳競技大会も日本選手権水泳競技大会競泳競技 (25m)と改められ、5部門となった。日本選手権水泳競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 伏明霞

    伏明霞から見た飛込競技飛込競技

    伏明霞(Fu Mingxia、1978年8月16日 - )は、中華人民共和国湖北省武漢出身の女子飛込競技選手。伏明霞 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・ローガニス

    グレゴリー・ローガニスから見た飛込競技飛込競技

    グレゴリー・"グレッグ"・ローガニス(Gregory Efthimios “Greg” Louganis、1960年1月29日 - )は、アメリカの飛込み選手。モントリオール、ロサンゼルス、ソウルオリンピックにて、計5個のメダルを獲得し、1984年にはジェームスサリバン賞 (James E. Sullivan Award) を受賞した。なお Louganis の英語本来の発音は「ルゲイニス」に近い。グレゴリー・ローガニス フレッシュアイペディアより)

  • 東京辰巳国際水泳場

    東京辰巳国際水泳場から見た飛込競技飛込競技

    50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。東京辰巳国際水泳場 フレッシュアイペディアより)

136件中 51 - 60件表示

「飛び込み」のニューストピックワード