1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示
  • 飛込競技

    飛込競技から見た演技

    弾力性の高い飛び板がプールにせり出しており、この上で競技者は助走・ハードルステップを経て、または飛び板の先端に立ってその弾力を利用して跳ね上がり、空中で体勢を整えた後水面に突入する。この際、空中で回転したり、ひねりを加えたり、体を丸めてみたりといった様々な演技を行い、得点を得る。高飛び込みより高度な技術力が必要であり、ベテランになると高飛び込みから飛び板飛び込みへ移行する選手が多い。飛込競技 フレッシュアイペディアより)

  • 飛込競技

    飛込競技から見たセントルイスオリンピック

    近代オリンピックでは1904年のセントルイスオリンピックから行われ、アメリカのグレッグ・ローガニスは、1984年ロサンゼルスオリンピックと1988年ソウルオリンピックの高飛び込みと飛び板飛込みで4つの金メダルを獲得し、飛込み界で伝説の選手になっている。飛込競技 フレッシュアイペディアより)

  • 飛込競技

    飛込競技から見たアメリカ合衆国

    近代オリンピックでは1904年のセントルイスオリンピックから行われ、アメリカのグレッグ・ローガニスは、1984年ロサンゼルスオリンピックと1988年ソウルオリンピックの高飛び込みと飛び板飛込みで4つの金メダルを獲得し、飛込み界で伝説の選手になっている。飛込競技 フレッシュアイペディアより)

  • 飛込競技

    飛込競技から見たオーストラリア

    1998年にオーストラリアのパースで開催された世界選手権で初めて行われ、2000年のシドニーオリンピックからオリンピック正式種目となった。2名1組の選手が同時に演技を行い、その演技の完成度と2名の同調性(シンクロナイズゼーション)により順位を競う。得点の占める割合は演技が40%、同調性が60%で良い演技をしても2名のタイミングが合っていなければ高い得点を得ることができない。3m飛板飛込と10m高飛込の2つの種目がある。飛込競技 フレッシュアイペディアより)

  • 飛込競技

    飛込競技から見たパース (西オーストラリア州)

    1998年にオーストラリアのパースで開催された世界選手権で初めて行われ、2000年のシドニーオリンピックからオリンピック正式種目となった。2名1組の選手が同時に演技を行い、その演技の完成度と2名の同調性(シンクロナイズゼーション)により順位を競う。得点の占める割合は演技が40%、同調性が60%で良い演技をしても2名のタイミングが合っていなければ高い得点を得ることができない。3m飛板飛込と10m高飛込の2つの種目がある。飛込競技 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
25件中 21 - 25件表示

「飛び込み」のニューストピックワード