前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 消費者

    消費者から見た食の安全食の安全

    1955年には森永ヒ素ミルク中毒事件が発生。その一年後の1956年には水俣病が発生し、食品の安全性に疑問を持つ消費者が多くなった。1960年には「うそつき缶詰事件」(にせ牛缶事件)が発生。消費者 フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た食の安全食の安全

    食の安全や食品表示の問題は、食品の安全性に関わる問題である。国際的にはバイオセーフティーに関するカルタヘナ議定書によって遺伝子組み換え作物の貿易が規制されている。欧州連合では遺伝子組み換え作物を使った食品には表示が義務付けられているが、アメリカでは必ずしも必須ではない。遺伝子組み換え作物の安全性についてはまだ疑問があるため、遺伝子組み換え作物を使っているかどうかを食品に表示し、一般大衆が選べるようにすることが必須だと考える者もいる。農業 フレッシュアイペディアより)

  • 食品危害情報総括官

    食品危害情報総括官から見た食の安全食の安全

    食品危害情報総括官は、各中央省庁に設置され、「食の安全」に関する情報を統括する職として位置づけられている。日本国民の生命、財産に影響を及ぼしかねない食品事故情報などの収集、問題分析、対応立案、情報提供を実施することで、国民生活の保護を図っている。日本の官制では局長級のポストとされている。食品危害情報総括官 フレッシュアイペディアより)

  • 消費者安全情報総括官

    消費者安全情報総括官から見た食の安全食の安全

    福田康夫内閣では、2008年2月に「食品危害情報総括官」ポストを新設し、内閣府2名、文部科学省、厚生労働省、農林水産省各1名の体制を敷いてきた。このポストは、食の安全に関する情報を統括し国民生活を保護する職であったが、消費者安全情報総括官は対象業務を「食の安全」から「消費者問題全般」に拡大し機能を強化したものである。また、食品危害情報総括官が1府3省体制だったのに対し、消費者安全情報総括官は1府6省1庁体制となっている。消費者安全情報総括官 フレッシュアイペディアより)

  • 家畜保健衛生所

    家畜保健衛生所から見た食の安全食の安全

    家畜保健衛生所(かちくほけんえいせいじょ、略称:家保〔かほ〕)とは、家畜衛生全般の向上を通して食の安全の確保や畜産業の発展を支える公的機関の一つであり、家畜保健衛生所法に基づく都道府県の必置機関である。家畜保健衛生所 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た食の安全食の安全

    土壌や河川の汚染は、食品の安全性にも影響を及ぼし、中国製食品を汚染している。詳細は食の安全、中国産食品の安全性を参照。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • JAンビニANN・AN

    JAンビニANN・ANから見た食の安全食の安全

    2007年3月に秋田やまもと農業協同組合が地産地消運動の一環として開業した。店舗の運営は同組合の女性部員がおこない、「地域密着」と「食の安全」をコンセプトにしており、地元組合員から直接仕入れた新鮮な食材だけを用いることにより人気を呼んでいる。店舗に来られない高齢者世帯に対して配送事業もおこなっている。JAンビニANN・AN フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のペットフード大量リコール事件の年表

    2007年のペットフード大量リコール事件の年表から見た食の安全食の安全

    米国の食の安全に関する政府関係者は共同でリスクアセスメントの結果を発表し、人間が汚染ペットフードのような汚染飼料によって飼育された豚あるいは鶏の肉を食べ、その結果メラミンとシアヌル酸の化合物の毒性によって発病する可能性は現在の研究結果では極めて低いと述べた。2007年のペットフード大量リコール事件の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示検定協会

    食品表示検定協会から見た食の安全食の安全

    食の安全          食品表示検定協会 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な農業

    持続可能な農業から見た食の安全食の安全

    農産物、特に食の安全に関わる問題。品質や残留農薬の問題、添加物の問題など。持続可能な農業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「食の安全」のニューストピックワード