前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 消費者

    消費者から見た食の安全食の安全

    1955年(昭和30年0には、森永ヒ素ミルク中毒事件が発生。その一年後の1956年(昭和31年)には水俣病が発生し、食品の安全性に疑問を持つ消費者が多くなった。1960年(昭和35年)には「うそつき缶詰事件」(にせ牛缶事件)が発生。消費者 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見た食の安全食の安全

    食品表示(しょくひんひょうじ)とは、食品の安全性の確保や取引の公正、人々の栄養の改善・健康の増進等を図る目的で、食品に表示される事項。食品表示 フレッシュアイペディアより)

  • 世界保健デー

    世界保健デーから見た食の安全食の安全

    2015年:食品安全:あなたの食べものはどれくらい安全ですか?世界保健デー フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た食の安全食の安全

    食の安全や食品表示の問題は、食品の安全性に関わる問題である。国際的にはバイオセーフティーに関するカルタヘナ議定書によって遺伝子組み換え作物の貿易が規制されている。欧州連合では遺伝子組み換え作物を使った食品には表示が義務付けられているというのに、アメリカ合衆国ではそれが必須とされていない。遺伝子組み換え作物の安全性についてはまだ疑問があるため、遺伝子組み換え作物を使っているかどうかを食品に表示し 一般大衆が選べるようにすることが必須だ、と考える者もいる。農業 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(食品安全担当)

    内閣府特命担当大臣(食品安全担当)から見た食の安全食の安全

    日本の内閣府に置かれていた内閣府特命担当大臣の一つである。内閣府食品安全委員会などの食品安全行政を所管していた。内閣府特命担当大臣(食品安全担当) フレッシュアイペディアより)

  • 食品危害情報総括官

    食品危害情報総括官から見た食の安全食の安全

    食品危害情報総括官は、各中央省庁に設置され、「食の安全」に関する情報を統括する職として位置づけられている。日本国民の生命、財産に影響を及ぼしかねない食品事故情報などの収集、問題分析、対応立案、情報提供を実施することで、国民生活の保護を図っている。日本の官制では局長級のポストとされている。食品危害情報総括官 フレッシュアイペディアより)

  • 消費者安全情報総括官

    消費者安全情報総括官から見た食の安全食の安全

    福田康夫内閣では、2008年2月に「食品危害情報総括官」ポストを新設し、内閣府2名、文部科学省、厚生労働省、農林水産省各1名の体制を敷いてきた。このポストは、食の安全に関する情報を統括し国民生活を保護する職であったが、消費者安全情報総括官は対象業務を「食の安全」から「消費者問題全般」に拡大し機能を強化したものである。また、食品危害情報総括官が1府3省体制だったのに対し、消費者安全情報総括官は1府6省1庁体制となっている。消費者安全情報総括官 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉混入問題

    馬肉混入問題から見た食の安全食の安全

    当初は、馬肉を食べる「食のタブー」に係わる問題として注目されたが、生産地の偽装があわせて発覚したり、食品に意図しないまま化学物質が混入される可能性が生じるなど、食の安全性に係わる国際的な議論に発展した。馬肉混入問題 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢たくあん

    伊勢たくあんから見た食の安全食の安全

    三重県は、2006年(平成18年)に「御薗大根」を「みえ伝統野菜品目」とし、さらに同年、三重県地域特産品認証食品(Eマーク)として「大根漬物」を認証、食の安心・安全、「伊勢たくあん」のブランド化と保護に取り組んでいる。伊勢たくあん フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示検定協会

    食品表示検定協会から見た食の安全食の安全

    食の安全          食品表示検定協会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「食の安全」のニューストピックワード