87件中 11 - 20件表示
  • 食品表示診断士

    食品表示診断士から見た食の安全食の安全

    食品を購入する際、ラベルに記載されている食品表示について正しく理解し読みととること、また、食関連事業者が、食品表示ラベルを記載する際正しい食品情報を記載できることを目的としている。数々の食品偽装事件や、異物・薬品の混入事件からなる食の安全、また近年問題となっている食物アレルギーや食品添加物、また健康に対する関心の高まりから注目されている栄養補助食品など、あらゆる食の問題を正しく理解し、商品の流通と選択に役立てる。食品表示診断士 フレッシュアイペディアより)

  • 家畜保健衛生所

    家畜保健衛生所から見た食の安全食の安全

    家畜保健衛生所(かちくほけんえいせいじょ、略称:家保〔かほ〕)とは、家畜衛生全般の向上を通して食の安全の確保や畜産業の発展を支える公的機関の一つであり、家畜保健衛生所法に基づく都道府県の必置機関である。家畜保健衛生所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本農業経営大学校

    日本農業経営大学校から見た食の安全食の安全

    Cゼミ - 食の安全、食生活・食文化、六次産業化日本農業経営大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 食品安全近代化法

    食品安全近代化法から見た食の安全食の安全

    食の安全の強化を望む声が国民から高まっていたことを背景に、2007年より大統領府と上下両院で対応や議論が起こりいくつかの法案が発表された。2009年7月30日に下院法案が可決され、2010年11月30日には超党派の支持を集め賛成73反対25で上院法案が通過し、両院の調整を経て、翌年1月4日にバラク・オバマ大統領が署名し発効した。食品安全近代化法 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のペットフード大量リコール事件の年表

    2007年のペットフード大量リコール事件の年表から見た食の安全食の安全

    米国の食の安全に関する政府関係者は共同でリスクアセスメントの結果を発表し、人間が汚染ペットフードのような汚染飼料によって飼育された豚あるいは鶏の肉を食べ、その結果メラミンとシアヌル酸の化合物の毒性によって発病する可能性は現在の研究結果では極めて低いと述べた。2007年のペットフード大量リコール事件の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 旭屋

    旭屋から見た食の安全食の安全

    老舗の神戸牛専門店として、経営者自らが牧場を回り生育環境をチェックした上、使用する牛を選択。「神戸肉共励会」チャンピオン牛をはじめとする牛をセリで落札し、精肉し直販する。運営店舗として「ミート&デリカ 旭屋」を高砂に置くが、近年は通信販売に注力しており、多くのショッピングサイトを運営している。これは鮮度と品質を保つためには、売上の予測のできない店舗での販売よりも通信販売による予約制を採用することで客のニーズに細やかに対応し、食の安全や品質にこだわる近年の消費者の風潮に対応している新しいビジネスモデルとして注目されている。また、ネットショップを通じ手ごろなコロッケを消費者に食べてもらうことで、消費者に神戸牛を求め実際に神戸まで来てもらう目的があるという。2014年には、社長の新田滋が神戸ビーフ発展に寄与した功績で、兵庫県知事賞を受賞した。旭屋 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦食品・医薬品・化粧品法

    連邦食品・医薬品・化粧品法から見た食の安全食の安全

    連邦食品・医薬品・化粧品法(Federal Food, Drug, and Cosmetic Act、FFDCA、FDCA、FD&C)は、アメリカ食品医薬品局(FDA)に、食の安全性、薬品、化粧品に関する権限を与える法律である。1938年にアメリカ合衆国議会で可決された。この法律の主な著者はニューヨークから上院議員に三選したRoyal S. Copelandである。1968年には、電子製品からの放射線の管理条項が追加された。またこの年にFDAは、米国科学アカデミーによるFD&C法以前の市販医薬品の有効性についての勧告を組み込むために薬効再評価通知(DESI)を作成した。この法律は何度も改正されており、最近ではバイオテロに関する条項の準備が要求されている。連邦食品・医薬品・化粧品法 フレッシュアイペディアより)

  • ウースター (オハイオ州)

    ウースター (オハイオ州)から見た食の安全食の安全

    農業技術学校の北隣には、同じくオハイオ州立大学のオハイオ農業研究開発センター(OARDC)のキャンパスが広がっている。OARDCは1882年にコロンバスの本校キャンパス内で創設され、1892年にウースターに移設されたオハイオ農業実験所を前身とする研究所である。OARDCは特に、先進バイオエネルギー・バイオ製品、環境品質・持続可能性、および食の安全・生産・人間健康の3分野の研究に注力している。ウースター (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ファーマーズマーケット

    ファーマーズマーケットから見た食の安全食の安全

    ファーマーズマーケットのうち、特に有機農産物(オーガニック)のものを扱うスタイルの市場。有機栽培農法は、食の安全を守る手段であることはもとより、農薬や化学肥料を使用しない循環型農業であるためエコロジーと密接な関係にある。オーガニックファーマーズマーケットではこれら有機農法で生産されたもののみを扱うことで、生産者と消費者それぞれの商業メリットを超えたフィロソフィーを体現していると考えられる。ファーマーズマーケット フレッシュアイペディアより)

  • 米国産牛肉

    米国産牛肉から見た食の安全食の安全

    日本での禁輸措置が解除されない事で、畜産業界選出の連邦議会議員たちは、2004年から2005年にかけて駐日大使館へ出向いて輸出再開を要請する書簡を手渡したり、米国通商代表部に対して日本輸出品の関税引き上げによる制裁を要請するなどの強い行使で構え、2005年11月に来日したジョージ・W・ブッシュ大統領と小泉純一郎首相の日米首脳会談などでの外交交渉の結果、日本政府は2005年12月の再開を決定した。条件として、生後20か月以下の危険部位の除去が為された牛肉を対象に輸入が限定的に再開された。輸入再開(禁輸解除)については、外交政策・通商政策をめぐる思惑から、政策決定までのプロセスが不透明であったこともあり、「米国産」のブランド価値の低下や、牛肉を含めた食の安全に対する信頼性の低下などが懸念された。米国産牛肉 フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「食の安全」のニューストピックワード