87件中 31 - 40件表示
  • 北条米

    北条米から見た食の安全食の安全

    福島第一原子力発電所事故以降、日本では放射性物質による食の安全への不安が高まったが、北条米から放射性物質は検出されなかった。2012年(平成24年)5月6日には北条地区に竜巻が襲来、北条米を栽培する田のうち約3 - 4haに飛ばされてきた瓦礫(がれき)が降り注ぐなどして田植えに支障が出た。つくば市の大半の地区は5月6日までに代掻きを終えていたが、北条ではまだであった。地元農家は朝日新聞社の取材に対して、田をきれいにして竜巻被害のイメージを取り去り、良い米を作りたい、とコメントした。北条米 フレッシュアイペディアより)

  • ナノテクノロジーの影響

    ナノテクノロジーの影響から見た食品安全食の安全

    ナノテクノロジーは情報技術、安全保障、医療、運送、エネルギー、食品安全、環境学などの分野で革新的な技術を生み出してきた。たとえば物質設計においては、スケールの微細化によって材料特性を飛躍的に向上させることができる。コンピュータやエレクトロニクスの分野では、記憶装置や演算回路の集積度を高めることで性能や携帯性の向上が期待できる。ナノスケールは生物学的プロセスが自然に生起するスケールでもあり、医療分野での病気予防、診断、治療の技術的発展も見込まれる。また、様々なエネルギー源の生産効率を高めたり、送電ロスを防ぐといった応用もある。ナノテクノロジーの影響 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見た食の安全食の安全

    中国産食品の安全性(ちゅうごくさんしょくひんのあんぜんせい)では、中華人民共和国産食品の安全性に関する問題を扱う。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • ボトルウォーター

    ボトルウォーターから見た食の安全食の安全

    自然災害に備えた応急用品の1つとして貯蔵されることが多い。防災専門家によれば一般に一人あたりの1日分として1米ガロン (3.8 L)貯蔵するのが良いとされている、この量は飲用、料理だけでなく手洗い、食器洗いやその他個人衛生での使用を想定している。工場生産の水容器は開封したり、損傷を受けない限り賞味期限は無いとされる。賞味期限は個々の生産メーカーが汚染や食の安全の問題を反映しているというよりは味が落ちないか、匂いが発生しないかを判断して自主的に設定している。ボトルウォーター フレッシュアイペディアより)

  • トレーサビリティ (流通)

    トレーサビリティ (流通)から見た食の安全性食の安全

    しかし、様々な部品が集約されて一つの製品となる工業製品とは逆に、末端に行くほど細分化されて流通する食料品の場合は、パック詰め状態にまで追跡すると、人的にも設備的にも膨大なコストを発生させる事から、なかなか進まない問題があった。一方では、年々高まる消費者の食品に対する関心により、生産者側から一方的に供給されるスタイルから、消費者が生産者によって購入するかどうかを選ぶスタイルも生まれて来た。特に海外からの輸入食料では、ポストハーベスト農薬等による、食の安全性という問題もあり、食品の流通にまで消費者が関心を寄せる傾向は1980年代より急速に高まっており、更に各種食品問題によってトレーサビリティの重要度は、多方面で認識され始めている。トレーサビリティ (流通) フレッシュアイペディアより)

  • トレーサビリティ (流通)

    トレーサビリティ (流通)から見た食の安全食の安全

    20世紀末頃より、遺伝子組み換え作物の登場や、有機農産物の人気の高まり、食物アレルギーやBSE問題、偽装表示、産地偽装問題などの発生に伴って、食品の安全性や、消費者の選択権に対する関心が高まっており、特に食品分野でのトレーサビリティが注目されている。トレーサビリティ (流通) フレッシュアイペディアより)

  • 地産地消

    地産地消から見た食の安全食の安全

    バブル経済期に始まる「本物志向」が平成不況期以降も定着する一方、1990年代には安価だが安全性に深刻な問題を抱える中国産などの農産物が市場に氾濫し、食の安全の問題がクローズアップされる。こうしたなか、国内の高い農産物でも「安心・安全で高品質」をアピールすることで市場での競争力が確保され、地産地消の流れが徐々に定着していった。地産地消 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な農業

    持続可能な農業から見た食の安全食の安全

    農産物、特に食の安全に関わる問題。品質や残留農薬の問題、添加物の問題など。持続可能な農業 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者担当)から見た食品安全食の安全

    なお、現在は消費者及び食品安全担当大臣が設置されており、消費者行政だけではなく食品安全行政も所管し、より広範な業務を担当している。内閣府特命担当大臣(消費者担当) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者担当)から見た食の安全食の安全

    2007年10月、第168回国会での所信表明演説にて、内閣総理大臣の福田康夫は「生産第一という思考から、国民の安全・安心が重視されなければならないという時代になったと認識すべき」と指摘し、消費者保護、食の安全、防災などの分野に注力し、国民生活の安全を実現し、安心をもたらすことを目指すと表明した。特に、消費者保護分野については、構造計算書偽造問題や悪徳商法問題など過去に発覚した問題を例示したうえで、「消費者保護のための行政機能の強化」を積極的に推進する考えを表明した。内閣府特命担当大臣(消費者担当) フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「食の安全」のニューストピックワード