58件中 31 - 40件表示
  • 森永ヒ素ミルク中毒事件

    森永ヒ素ミルク中毒事件から見た食の安全食の安全

    食品添加物の安全性や粉ミルクの是非などの問題で、現在でも引き合いに出される事例となっている。また、食の安全性が問われた事件の第1号としてもしばしば言及されている。森永ヒ素ミルク中毒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 木久蔵ラーメン

    木久蔵ラーメンから見た食の安全食の安全

    食の安全が深刻化してきた2007年に賞味期限偽装問題が日本全国の各社で発覚した際、木久扇自身は「黄色い恋人」・「ラーメンの付合せのスイーツは赤福」・「賞味期限のラベルの貼りかえる」、三遊亭小遊三からは「売れ残りを焼きそばにして再出荷」となどと食品偽装が問題となった品と関連付けられたネタになった。また、『ミシュランガイド』の東京版が発行された際には、「私のラーメン店には(『ミシュランガイド』の取材は来ないが)保健所の人が(食中毒の)調査に来た」と木久扇自身がネタにしていたこともある(保健所の調査が入ったというのは、あくまでネタの範囲の話)。木久蔵ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 農産物直売所

    農産物直売所から見た食の安全性食の安全

    消費者にとって、多くの小売店の農産物は、生産地はあるものの生産者は記載されていないが、直売所では、生産地と生産者が、いわゆる「顔の見える」状態で販売していることによる安心感が得られる。大規模な直売所では、売上精算の都合もあって、個々の農産品に出荷農家の個人名ラベルが添付されていることが多い。昨今は牛海綿状脳症(BSE)に代表されるような、食の安全性の不安が大きな社会問題となっており、生産者のモラルや、それを保障するトレーサビリティーの確立が叫ばれているが、生産者自身の販売する直売所では自ずと生産者、消費者の間に人間的な交流やつながりが生じるため、相互の良心に基づく関係が構築されやすくなる。農産物直売所 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年

    2000年から見た食品事故食の安全

    警察不祥事・食品事故・医療ミスの多発と隠蔽など社会信用失墜の年。2000年 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た食の安全食の安全

    食の安全の観点から、鯨肉が有害物質によって汚染されているとし、捕獲自体も止めるべきだとの主張もある。沿岸域の鯨肉、特に栄養段階が高次であるハクジラ類の鯨肉については安全性に問題があるとも言われる。ただし、ヒゲクジラ類では汚染の程度は低く、南極海産のヒゲクジラについては汚染はほとんどないことも判明している。予測される害悪の程度についても、研究によって差がある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た食品事故食の安全

    日常における不慮の事故(交通事故、列車事故、飛行機事故、海難事故、水難事故、遭難、製品欠陥に伴う製品事故、食品事故、医療事故)災害 フレッシュアイペディアより)

  • ファストフードが世界を食いつくす

    ファストフードが世界を食いつくすから見た食の安全食の安全

    第9章ではO157による集団食中毒事件、BSEなどの食の安全にかかわる調査を行っている。ファストフードが世界を食いつくす フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た食の安全食の安全

    中国、経済成長に伴い公害や食の安全の問題が深刻化。2000年代 フレッシュアイペディアより)

  • 被曝

    被曝から見た食の安全食の安全

    チェルノブイリ原子力発電所事故で甚大な被害を蒙り、内部被曝により病気になる人が多発したベラルーシやウクライナでは、食品中に含まれる放射性セシウムの基準値を定めて、基準値を超える食品を流通させないことで内部被曝を防止している。(→食の安全を参照)被曝 フレッシュアイペディアより)

  • 北条米

    北条米から見た食の安全食の安全

    福島第一原子力発電所事故以降、日本では放射性物質による食の安全への不安が高まったが、北条米から放射性物質は検出されなかった。2012年(平成24年)5月6日には北条地区に竜巻が襲来、北条米を栽培する田のうち約3 - 4haに飛ばされてきた瓦礫(がれき)が降り注ぐなどして田植えに支障が出た。つくば市の大半の地区は5月6日までに代掻きを終えていたが、北条ではまだであった。地元農家は朝日新聞社の取材に対して、田をきれいにして竜巻被害のイメージを取り去り、良い米を作りたい、とコメントした。北条米 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「食の安全」のニューストピックワード