87件中 41 - 50件表示
  • 生活協同組合

    生活協同組合から見た食の安全性食の安全

    日本の地域生協の事業の特徴として、組合員がグループを作って、そこへトラックで配達するという「共同購入事業」が挙げられる。これは1970年前後に、日本で食の安全性に対する信頼が低下した時期に、大学生協を母体として、各地に地域生協が設立する動きが広がり、その中で生まれてきた業態である。日本独自のシステムとなっている。生活協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た食の安全食の安全

    中国食品薬品監督管理局の資料によれば、工場からの汚染された排水や、化学肥料、農薬によって、河川、湖及び近海に深刻な環境汚染が起きているという。河川、湖については6割が深刻な汚染に侵されている。また、重金属によって土壌汚染が起きている地域(渤海沿岸、華東、華南)もあり、汚染地域では癌や奇病の多発、奇形生物の発生も指摘されている。土壌や河川の汚染は、食品の安全性にも影響を及ぼし、中国製食品を汚染している。中国の耕地面積の5分の1近くは何らかの形で汚染され、10%以上は重金属汚染によって耕作できない「毒土」と化しているとされる。詳細は食の安全、中国産食品の安全性を参照。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の医療

    アメリカ合衆国の医療から見た食の安全食の安全

    医療品規制、食の安全はアメリカ食品医薬品局(FDA)が規制を所管する。アメリカ合衆国の医療 フレッシュアイペディアより)

  • ガミー・ベアの冒険

    ガミー・ベアの冒険から見た食の安全食の安全

    これは日本で喩えるなら、「醤油味の丸い煎餅」というくらい、どこの地方でも安価で手に入る、ごく一般的な(そして親が幼小児へ与えるに当たり、比較的高い食品安全性と歯・あごの発育促進効果とが期待できる、自らも幼少時に親しんだソウルフード的な)菓子である、という認識に等しい。ガミー・ベアの冒険 フレッシュアイペディアより)

  • 広島レモン

    広島レモンから見た食の安全食の安全

    日本のレモンの食料自給率は1割を越えるかそれに満たないほどで、国内に流通しているレモンの殆どが外国産である。自給率が上がらない理由にはいくつかあるが、一つには国内ではレモンが栽培できる気候条件にあう場所は限られていることが挙げられる。ただ外国産レモンは輸送に時間がかかることから未成熟のまま防カビ剤や防腐剤が使われた状態で船積みされるのに対し、国産レモンはその薬剤は使用せず完熟した新鮮なものを市場に出せるという大きな強みがある。年々食の安全が注目されていったことにより、需要が高まっている。広島レモン フレッシュアイペディアより)

  • シャトレーゼホールディングス

    シャトレーゼホールディングスから見た食の安全食の安全

    一方で本業の食品事業も同じ時期に山梨県外初の生産拠点である「栗山工場」が稼働開始し、北海道にも店舗が相次いで開店するなど全国展開が進められていった。しかし2004年に発生した金属片混入や水道水白濁など食の安全に関わる問題を起こす。これらは(旧)シャトレーゼが主原因ではないものの、昨今の健康ブームによる煽りに加え雪印乳業や不二家など同業他社が相次いで食に関する不祥事を起こしていたさなかの出来事であったため売上が低迷してしまう。これに対し食物アレルギーや糖尿病の対策を取り込んだ健康志向の商品を開発するとともにこれまで一族経営だった経営を改め、2008年(平成20年)1月に埼玉高速鉄道の経営再建を手掛けた杉野正を社長に招集した(これまで社長だった齊藤寛は会長に就任)。しかしリゾート事業の進出に積極的だった創業者一族に対しあくまで菓子事業で得た利益は菓子事業に還元すべきと主張する杉野とで対立が発生し、就任わずか5ヶ月の同年6月に杉野は退任。後任には齊藤寛の子である斎藤誠が就任した。一族経営に戻ったシャトレーゼであるが杉野の主張は全面的に否定されたわけではなく、後述のホールディングス化へ繋がることになる。シャトレーゼホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • さんわグループ

    さんわグループから見た食の安全食の安全

    ”愛知ブランド”認定と食品安全に関するマネージメントシステムの国際規格ISO22000:2005を取得さんわグループ フレッシュアイペディアより)

  • 医療

    医療から見た食の安全食の安全

    いくつかの医療従事者は医療施設以外にて業務を行っている。それには公衆衛生分野も含まれ、食の安全監査や、疾患予防のためのコンドームや注射針配布なども含まれる。医療 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ食品医薬品局

    アメリカ食品医薬品局から見た食の安全食の安全

    アメリカ食品医薬品局(アメリカしょくひんいやくひんきょく、Food and Drug Administration; FDA)は、アメリカ合衆国保健福祉省(Department of Health and Human Services, HHS)配下の政府機関。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を責務とする。アメリカ食品医薬品局 フレッシュアイペディアより)

  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た食の安全食の安全

    具体的には、3つの領域での国の機能を強化するよう訴えている。まず、金融庁、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、食品安全委員会に代表される経済や食の安全に関する監視・監査・研究機能の強化を訴えている。次に、有事の土地収用や物資調達を都道府県知事の責任で実施することに疑問を呈し、防衛機能は国が直接責任を持つべきだとしている。さらに、欧米に比べ外交の陣容が貧弱だと主張し、外交機能の強化を訴えている。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「食の安全」のニューストピックワード