58件中 41 - 50件表示
  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た食の安全食の安全

    具体的には、3つの領域での国の機能を強化するよう訴えている。まず、金融庁、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、食品安全委員会に代表される経済や食の安全に関する監視・監査・研究機能の強化を訴えている。次に、有事の土地収用や物資調達を都道府県知事の責任で実施することに疑問を呈し、防衛機能は国が直接責任を持つべきだとしている。さらに、欧米に比べ外交の陣容が貧弱だと主張し、外交機能の強化を訴えている。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーの女

    スーパーの女から見た食の安全食の安全

    最も大きな特色は、2000年の雪印集団食中毒事件を皮切りに相次いで起こった大規模な食品事故を機に社会的関心が高まった、食の安全や食品偽装といったテーマを、その数年前に既に描いていたという点である。例えば、スーパーの女 フレッシュアイペディアより)

  • 馬肉混入問題

    馬肉混入問題から見た食の安全食の安全

    当初は、馬肉を食べる「食のタブー」に係わる問題として注目されたが、生産地の偽装があわせて発覚したり、食品に意図しないまま化学物質が混入される可能性が生じるなど、食の安全性に係わる国際的な議論に発展した。馬肉混入問題 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産省

    農林水産省から見た食の安全食の安全

    国家行政組織法第3条第2項および農林水産省設置法第2条第1項に基づき、国の行政機関の省として設置されている。任務は、農林水産省設置法により、「農林水産省は、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ることを任務とする」(第3条)と規定されている。農業・畜産業、林業、水産業をはじめ、食料の安全・安定供給、農村の振興などを所管する。広義の「食」の安全については、農水省消費・安全局も関与しているが、狭義の「食品」の安全については、厚生労働省(医薬食品局)が所管している。競馬の監督官庁でもあり、競走名に「農林水産省賞典」がつく中央競馬の重賞競走がある。地方競馬の場合は農林水産大臣賞典となる。国営競馬時代には競馬部が競馬を主催したこともある。農林水産省 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(食品安全担当)

    内閣府特命担当大臣(食品安全担当)から見た食の安全食の安全

    BSE問題など食の安全が政治問題化したことを受け、第1次小泉内閣で食品安全委員会の設置が俎上に上るようになった。第1次小泉内閣では、国家公安委員会委員長と防災担当大臣を兼任していた村井仁に対し、食品安全委員会(仮称)担当の特命事項を兼任するよう命じた。続く第1次小泉第1次改造内閣では、食品安全委員会(仮称)担当に谷垣禎一が就いた。内閣府特命担当大臣(食品安全担当) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者担当)から見た食品安全食の安全

    なお、現在は消費者及び食品安全担当大臣が設置されており、消費者行政だけではなく食品安全行政も所管し、より広範な業務を担当している。内閣府特命担当大臣(消費者担当) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者担当)から見た食の安全食の安全

    2007年10月、第168回国会での所信表明演説にて、内閣総理大臣の福田康夫は「生産第一という思考から、国民の安全・安心が重視されなければならないという時代になったと認識すべき」と指摘し、消費者保護、食の安全、防災などの分野に注力し、国民生活の安全を実現し、安心をもたらすことを目指すと表明した。特に、消費者保護分野については、構造計算書偽造問題や悪徳商法問題など過去に発覚した問題を例示したうえで、「消費者保護のための行政機能の強化」を積極的に推進する考えを表明した。内閣府特命担当大臣(消費者担当) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)から見た食品安全食の安全

    日本の内閣府に置かれる内閣府特命担当大臣の一つである。主として消費者行政や食品安全行政を所管する国務大臣である。具体的には、消費者の権利の尊重、消費者の自立の支援、安心・安全で豊かな消費生活の実現などにかかわる政策を所管する。また、食品の安全性、食品の健康への影響評価などにかかわる政策を所管する。内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当) フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)

    内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)から見た食の安全食の安全

    BSE問題など食の安全が政治問題化したことを受け、第1次小泉第1次改造内閣にて「食品安全担当大臣」が設置され、谷垣禎一がその任に就いた。以降、食品安全行政を担当する特命担当大臣は継続して設置された。内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当) フレッシュアイペディアより)

  • 地産地消

    地産地消から見た食の安全食の安全

    バブル経済期に始まる「本物志向」が平成不況期以降も定着する一方、1990年代には安価だが安全性に深刻な問題を抱える中国産などの農産物が市場に氾濫し、食の安全の問題がクローズアップされる。こうしたなか、国内の高い農産物でも「安心・安全で高品質」をアピールすることで市場での競争力が確保され、地産地消の流れが徐々に定着していった。地産地消 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「食の安全」のニューストピックワード