前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示
  • 食の安全

    食の安全から見たO157

    最近の細菌性食中毒菌による食中毒事故 (日本では1996年に岡山や堺で起きたO157事件や雪印乳業の集団食中毒事件が該当)食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た偽装表示

    JAS法改正されによって、すべての生鮮食品に原産地表示が義務づけられた後も偽装表示が後を絶たず、輸入肉を「鹿児島産」と表示するものや、輸入肉を8割も混入しているロースハムやベーコンを「国産」と表示するもの等々が後を絶たなかった。そのため、消費者は食品表示を信頼することができなくなったともいわれる。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た食品添加物

    ファーストフードやジャンクフードに問題があることは各国で指摘されている。また、コレステロールの過剰摂取、トランス脂肪酸の問題、また加工食品における食品添加物の問題についてもこれまでに様々な指摘や研究があり、報道もなされている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た水俣病

    公害に含まれる化学物質による食中毒事故 (日本では水俣病や第二水俣病などがこれに当たる)食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た化学物質

    急性的危害:薬物や化学物質による急性食中毒などの健康被害食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た昭和電工

    1965年6月(昭和40年)、新潟県で第二水俣病(新潟水俣病)が発生。昭和電工鹿瀬工場の排水に、アセトアルデヒド合成を行う際の有機水銀が含まれており、それによって汚染された川魚を食べた人々に被害が生じた。死者33名、患者数625名(昭和51年3月時点)。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た日本ハム

    2002年、日本政府の牛海綿状脳症対策の「国産牛肉買い上げ制度」を悪用し、輸入肉を国産と偽装し助成金を詐取する詐欺事件が相次いで発覚した(牛肉偽装事件)。1月、雪印食品関西ミートセンターで偽装牛肉事件が発覚、その後の調査で関東ミートセンターや雪印食品本社のミート営業調達部でも同様の偽装が見つかった。詐欺容疑で一斉捜索を受け、その後は雪印食品は解散に追い込まれることになった(偽装と判明した量は約30トン)。6月、福岡市に本社を置く食肉加工会社が、輸入スジ肉を国産肉に偽装し、制度を悪用して不正な利益を得ようとしていたことが発覚した(偽装と判明した量は120トン余り)。8月、日本ハム(株)の牛肉偽装が内部告発によって発覚した。同社は、売上高が75%減少した。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た森永乳業

    1955年6月(昭和30年)森永ヒ素ミルク事件が発生。森永乳業で製造された粉ミルクに多量のヒ素が含まれていた。死者131名。患者数12,159名(昭和31年2月時点)。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た三井金属

    戦後になって、公害に対する認識が高まり、富山県神通川流域で1910年代から発生していたイタイイタイ病が問題視された。原因は上流にある三井金属神岡工業所が川に流した金属廃液にカドミウムが含まれており、下流域の田畑を汚染、そこで収穫されたコメなどの作物や飲み水を利用した人々の骨がゆがんだり、ひびが入ったりした(神通川流域では1998年にもカドミウム腎症が多発した、という)。その後、水俣病などとともに四大公害病に数えられるようになった。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た消費者

    戦後の配給体制に対して、1948年には奥むめおらによる主婦連合会が発足し、消費者運動が始まり、不良品の配給などに対して抗議運動が起こるようになる。1951年(昭和26年)、配給米のビルマ産米の3分の1がカビに汚染された黄変米だったことが発覚する黄変米事件が発生。食の安全 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示

「食の安全」のニューストピックワード