148件中 11 - 20件表示
  • 食の安全

    食の安全から見た松永和紀

    松永和紀『踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓』家の光協会, 2006, ISBN 4259546937食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た四国

    生産段階では、農家による無許可農薬の使用や、農薬の規制を破るといった行為がある。小売段階では、要冷商品の非冷販売や偽装表示などが行われる危険性がある。例えば、2007年には27都道府県で、表示偽造が発覚した。(産地偽装も参照されたい。)かつて、四国のシイタケを栽培する農業団体が中国産と国産の残留農薬を比較分析したところ、明らかに国産シイタケの方が数値が高かった。この団体は、この結果を公表しなかった。根から浸透させるタイプの防虫剤であるオルトランは、葉菜への使用は禁じられているにもかかわらず、実際には多くの農家で常識的に使われている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た道徳

    イギリスにおいては中世の時代まで、社会が農業を中心として成り立っており、人々のほとんどが小さな村で暮らしていたので互いに知り合いであり、食物に混ぜ物をされる危険はほとんどなく、食品は、まずまず健康的で安全だった。ところが産業革命が始まって、人々が農村から街に移り住むようになるとともに、インチキな食品が横行するようになった。ひとたび大きな街ができると、金儲けの為なら道徳や倫理のことを何とも思わないような食品製造業者や商人が集まってきたのである。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た健康食品

    1970年?79年までに寄せられた相談の件数でも食料品の相談が1位を占めている。食品添加物や健康食品などに関する相談が多かった。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た狂牛病

    2001年には日本でもBSE(狂牛病)が発生したが、消費者の多くは狂牛病はヨーロッパでの出来事で、日本では発生するとは思っていなかったので、非常なショックを憶えた。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た食品医薬品局

    2007年には中国から輸入する食品の安全性が新聞で取り上げられたが、そもそも輸入食品が増加する中で、検査機関の人数が少なく、体制の不備が指摘されている。食品医薬品局(FDA)の検査員は、全米で700人しかおらず、以前と比べて人数が減少している。輸入食品全体に対する検査数の割合は、10年前の8.0%→0.6%まで低下している。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た厚生労働省

    現在の所管省庁は、農林水産省と、厚生労働省。また、全体のリスク管理を行う組織として、食品安全委員会(内閣府に設置)が置かれている。また、2002年6月11日より食品安全を担当する国務大臣が置かれている。詳細は内閣府特命担当大臣(食品安全担当)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)を参照。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見たベータ粒子

    米国では飲料水の最大汚染基準として、ベータ線およびガンマ線の摂取量を年間4mレム(すなわち40マイクロシーベルト)以下とするよう定めている。放射性ヨウ素、および放射性セシウムはこれに該当する。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た消費生活センター

    1970年に消費生活センターが開設された当時、消費者の最大の関心事は食品の安全性であった。当時、牛乳のBHC汚染、発がん性が問題となったフリルフラマイド(AF2)やチクロなどの食品添加物、魚の水銀汚染などの問題が発生していた。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た農薬

    施策としては、農薬対策として残留農薬等に関するポジティブリスト制度、消費者の食品への信頼を増すための対策としてトレーサビリティの導入や、原料原産地表示の推進などを行っている。しかし、この原産地表示が「日本」とされていても実際は「中国産」等の産地偽装や、原産地表示を拒む企業の問題もある。食の安全 フレッシュアイペディアより)

148件中 11 - 20件表示

「食の安全」のニューストピックワード