216件中 11 - 20件表示
  • 食の安全

    食の安全から見た

    食品への不正な物質の混入はありとあらゆる種類の食品で行われていた。例えば砂糖には、や炭酸鉛を混ぜるなどということも行われていた。こうした不正があまりに広範囲に行われたので、都市部の住民は健康や生命に深刻な打撃を受けていた。子供たちは混ぜ物を入れたパンや、水で薄めたミルクを口にしていたので、感染症や胃の病気にかかりやすくなってしまった。幼児(子供よりも抵抗力の弱い存在)にいたっては、死亡率は驚くほど高かった。唐辛子などに不正に鉛が混ぜられたために、大人ですら体が麻痺した。影響は短期間では済まず身体に蓄積した。鉛、、水銀、ヒ素などの元素が、微量ずつではあっても長期間にわたって人々の体内に蓄積してゆき、多くの人が慢性胃炎になり(慢性胃炎は当時のイギリスの都市住民に蔓延した病気となっていた)、また死にかけたり、実際に死んだりした。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た水銀

    食品への不正な物質の混入はありとあらゆる種類の食品で行われていた。例えば砂糖には、銅や炭酸鉛を混ぜるなどということも行われていた。こうした不正があまりに広範囲に行われたので、都市部の住民は健康や生命に深刻な打撃を受けていた。子供たちは混ぜ物を入れたパンや、水で薄めたミルクを口にしていたので、感染症や胃の病気にかかりやすくなってしまった。幼児(子供よりも抵抗力の弱い存在)にいたっては、死亡率は驚くほど高かった。唐辛子などに不正に鉛が混ぜられたために、大人ですら体が麻痺した。影響は短期間では済まず身体に蓄積した。鉛、銅、水銀、ヒ素などの元素が、微量ずつではあっても長期間にわたって人々の体内に蓄積してゆき、多くの人が慢性胃炎になり(慢性胃炎は当時のイギリスの都市住民に蔓延した病気となっていた)、また死にかけたり、実際に死んだりした。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た和歌山毒物カレー事件

    故意などの犯罪的要素の食中毒事故 (和歌山毒物カレー事件やアクリフーズ農薬混入事件などが該当)食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た消費生活センター

    1968年に消費者保護基本法が制定され、ようやく産業優先の考え方から消費者優先の原則へと移行し、消費者保護の基本的方向が示されることとなった。また、1970年には消費生活センターが開設された。当時、消費者の最大の関心事は食品の安全性であった。当時、牛乳のBHC汚染、発がん性が問題となったフリルフラマイド(AF2)やチクロなどの食品添加物、魚の水銀汚染などの問題が発生していた。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た生活習慣病

    中期的危害:生活習慣病などの栄養素の偏りによる健康被害食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た第二水俣病

    公害に含まれる化学物質による食中毒事故 (日本では水俣病や第二水俣病などがこれに当たる)食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た太田誠一

    2008年8月10日、太田誠一 農林水産大臣は、「日本国内は心配ないと思っているが、消費者がやかましいから、さらに徹底していく。」と消費者を軽視するような問題発言を行った。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た奥むめお

    戦後の配給体制に対して、1948年には奥むめおらによる主婦連合会が発足し、消費者運動が始まり、不良品の配給などに対して抗議運動が起こるようになる。1951年(昭和26年)、配給米のビルマ産米の3分の1がカビに汚染された黄変米だったことが発覚する黄変米事件が発生。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た松永和紀

    松永和紀『踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓』家の光協会, 2006, ISBN 4259546937食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た四国

    国内産の食品も、生産段階及び小売段階で安全性を損なう危険性が多分にある。また、過去にも多くの事故が判明している。生産段階では、農家による無許可農薬の使用や、農薬の規制を破るといった行為がある。小売段階では、要冷商品の非冷販売や偽装表示などが行われる危険性がある。例えば、2007年には27都道府県で、表示偽造が発覚した。(産地偽装も参照されたい。)かつて、四国のシイタケを栽培する農業団体が中国産と国産の残留農薬を比較分析したところ、明らかに国産シイタケの方が数値が高かった。この団体は、この結果を公表しなかった。根から浸透させるタイプの防虫剤であるオルトランは、葉菜への使用は禁じられているにもかかわらず、実際には多くの農家で常識的に使われている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

216件中 11 - 20件表示

「食の安全」のニューストピックワード