148件中 51 - 60件表示
  • 食の安全

    食の安全から見たチェルノブイリ原子力発電所事故

    ベラルーシという国はチェルノブイリ原子力発電所事故によって国土が放射性物質を含んだ雲に襲われ現在でも国土の23%が放射能汚染地帯となっている。その汚染レベルは日本の福島第一原子力発電所事故で設定された警戒区域から計画避難区域とほぼ同等である。チェルノブイリ事故では住民に様々な健康被害が出た。ベラルーシでは、チェルノブイリ原発事故から25年の間に、放射能が関連する食の安全確保について様々な体制や制度が構築された。それは次の3つを柱とするものである。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た福島第一原子力発電所事故

    ベラルーシという国はチェルノブイリ原子力発電所事故によって国土が放射性物質を含んだ雲に襲われ現在でも国土の23%が放射能汚染地帯となっている。その汚染レベルは日本の福島第一原子力発電所事故で設定された警戒区域から計画避難区域とほぼ同等である。チェルノブイリ事故では住民に様々な健康被害が出た。ベラルーシでは、チェルノブイリ原発事故から25年の間に、放射能が関連する食の安全確保について様々な体制や制度が構築された。それは次の3つを柱とするものである。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た食品

    食品の安全性のこと。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た安全

    現代では食生活の環境や1が、かつての様式から変化し、生鮮野菜・肉・魚を買ってきて調理するだけでなく、加工食品が一般家庭に普及し、また惣菜や調理済みの食材も利用されており、食品が人の口に入る経路・経緯が多様化しているので、食品の安全性を確保することは以前に比べると複雑で難しい問題となってきている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た流通

    食の安全に関しては、生産・流通・消費のどの一つがつまづいても深刻な事態となりうるのであり、生産者、流通業者、生活者のすべてを巻き込んだ問題となっている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た神通川

    1945年頃、富山県神通川流域で、イタイイタイ病が発生した。神通川上流にある三井金属神岡工業所が川に流した金属廃液にカドミウムが含まれており、下流域の田畑を汚染、そこで収穫された作物や飲み水を利用した人々の骨がゆがんだり、ひびが入ったりした。(神通川流域では1998年にもカドミウム腎症が多発した、という)食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た食品添加物

    1970年に消費生活センターが開設された当時、消費者の最大の関心事は食品の安全性であった。当時、牛乳のBHC汚染、発がん性が問題となったフリルフラマイド(AF2)やチクロなどの食品添加物、魚の水銀汚染などの問題が発生していた。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た農林水産省

    現在の所管省庁は、農林水産省と、厚生労働省。また、全体のリスク管理を行う組織として、食品安全委員会(内閣府に設置)が置かれている。また、2002年6月11日より食品安全を担当する国務大臣が置かれている。詳細は内閣府特命担当大臣(食品安全担当)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)を参照。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た環境ホルモン

    長期的危害:環境ホルモンなどの影響による健康被害食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見た雪印集団食中毒事件

    最近の細菌性食中毒菌による食中毒事故 (日本では1996年に岡山や堺で起きたO157事件や雪印乳業の集団食中毒事件が該当)食の安全 フレッシュアイペディアより)

148件中 51 - 60件表示

「食の安全」のニューストピックワード