1328件中 91 - 100件表示
  • 酸化防止剤

    酸化防止剤から見た食品食品

    酸化防止剤(さんかぼうしざい、英語:antioxidant)とは、製品中の成分の酸化を抑制するために添加される抗酸化物質である。例えば食品、化粧品、合成樹脂、ボディソープなどに使用されることがある。なお日本では食品添加物として食品に加えられた場合、食品衛生法の定めに応じて「酸化防止剤」と表示されることになっている。酸化防止剤 フレッシュアイペディアより)

  • 上位概念、下位概念、同位概念および同一概念

    上位概念、下位概念、同位概念および同一概念から見た食物食品

    食物は野菜の上位概念である。野菜はピーマンの上位概念である。食物はピーマンの上位概念でもある。上位概念、下位概念、同位概念および同一概念 フレッシュアイペディアより)

  • チューブ (容器)

    チューブ (容器)から見た食品食品

    チューブは、半固形状の材質のものを充填し、柔らかく搾り出すことができる容器である。円筒形で中空の構造で、断面は円状あるいは卵形であるものが多い。内容物の保存性に優れ、食品、歯磨剤、医薬品、化粧品、絵具、接着剤などに幅広く用いられている。チューブ (容器) フレッシュアイペディアより)

  • 行方バーガー

    行方バーガーから見た食用食品

    霞ヶ浦に面した行方郡(現・行方市)周辺では、1975年(昭和50年)頃からアメリカナマズが食用として養殖されてきた。しかし、2000年(平成12年)頃には養殖場から逃げ出したアメリカナマズが湖内で繁殖し、エビやハゼを食い荒らすようになり、地域の人を困らせていた。行方バーガー フレッシュアイペディアより)

  • ビスカッチャ

    ビスカッチャから見た食用食品

    現地では狩猟の対象である。主に食用にされており、毛皮をとる対象でもある。毛皮は頻繁に生え変わるため商品価値は同生息域のビクーニャなどに比べると低い。ビスカッチャ フレッシュアイペディアより)

  • ビスカッチャ

    ビスカッチャから見た食物食品

    草についた霜が溶け始めると食物をさがし始める。基本的に草食性であり、草や草の種子などを食す。乾燥地には草があまりなく、採餌は楽ではない。生きるために必要な水分は食物からとる。ビスカッチャ フレッシュアイペディアより)

  • 顆粒

    顆粒から見た食品食品

    顆粒とは、一般に粉末よりも粒径の大きい粒をいうが、特に粉末を固めてやや大型(粒径0.1?1mm程度)の粒に成形(顆粒化)したものを指す。高圧をかけて打錠する錠剤とは違い、粉末粒子間に多くの空気を含み、水に入れた際に崩壊しやすく、同じ粒径の固体あるいは結晶よりもはるかに溶解しやすい。一方で粉末のように、粉塵を発生したり、水を加えた際に凝固し溶解が妨げられたりするおそれが少ないという利点がある。これらの利点から、医薬品(顆粒剤)、食品(調味料、インスタント食品等)、洗剤などに広く用いられている。顆粒 フレッシュアイペディアより)

  • 磯野計

    磯野計から見た食料品食品

    神戸港で勤務していた頃、同社の船舶の食料品・雑貨類はイギリスやデンマークの商社が独占的に納入していた。これを見て計は船舶納入業を始めることを決意し、1885年(明治18年)9月に日本郵船が設立されると同社への雑貨納入権を獲得し、10月に三菱を退職して横浜で明治屋を創業した。明治屋は、船舶納入業の他に食料品の卸売・小売、酒や煙草の輸入業務も行なった。なお当時は食料品販売は「賎業」とも評され、友人の中村弥六や大久保利和も計の心境をいぶかしむほどだったという。磯野計 フレッシュアイペディアより)

  • 京極杜藻

    京極杜藻から見た食料品食品

    鳥取県米子市尾高町出身。家業は食料品商。桶谷庄蔵の次男。京極杜藻 フレッシュアイペディアより)

  • 味王

    味王から見た食品食品

    味王(みほう)は、1959年に設立した台湾の食品工業の会社である。以前は中国醗酵工業股份有限公司という。台湾証券取引所での株式の番号は1203である。インスタントラーメン(王子麺が有名)、エキス、醤油などを生産しており、またタイ、ベトナム、インドネシアでも投資を行っている。味王 フレッシュアイペディアより)

1328件中 91 - 100件表示

「食べもの」のニューストピックワード