1328件中 41 - 50件表示
  • チーズ

    チーズから見た食品食品

    チーズ(, , )とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれる乳を原料とし、凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見た食物食品

    乳汁(にゅうじゅう、ちちしる)とは、乳(ちち、にゅう)、ミルク()とも言われる、動物のうち哺乳類が幼児に栄養を与えて育てるために母体が作りだす分泌液である。特に母乳(ぼにゅう)と呼ぶ場合は、ヒトの女性が出す乳汁を指すのが、慣例である。誕生後の哺乳類が他の食物を摂取できるようになるまでの間、子供の成長に見合った栄養を獲得できる最初の源となる。 フレッシュアイペディアより)

  • 酵素

    酵素から見た食品食品

    古来から人類は発酵という形で酵素を利用してきた。今日では、酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上など、広い分野に応用されている。医療においても、酵素量を検査して診断したり、酵素作用を調節する治療薬を用いるなど、酵素が深く関っている。酵素 フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンC

    ビタミンCから見た食品食品

    多くの食品やサプリメントにおいて、「レモン何個分のビタミンC」という表現が用いられるが、このとき「レモン1個分のビタミンC」は 20mg に換算される。この表記は農林水産省によって昭和62年に制定された「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」によるものであるが、ビタミンCが主成分であるビタミン添加菓子を対象とするものであり、それ以外の食品やサプリメントに対して用いることは適当でない。また、このことから「レモンはビタミンCを豊富に含む果物である」と誤解されがちだが、実際には同じ柑橘類であるグレープフルーツやユズよりも含有量は低い。ビタミンC フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の影響

    地球温暖化の影響から見た食糧食品

    影響は広範囲に及ぶと予想されており、気象や自然環境への影響では、気温や海水温の上昇、海水面の変動(上昇)、異常気象や激しい気象の増加、気候の変化、生態系の変化、植生や地形(景観)の変化などが挙げられる。社会や経済への影響では、食糧生産や飲料水への影響、激しい気象や気候変化による物理的な被害や人的な被害、生活環境の変化、経済システムの変化、社会制度の変化などが懸念されている。既に一部では氷雪の減少などの顕著な変化が観測されている。地球温暖化の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 口

    から見た食物食品

    口は人が生命活動をしてゆく為に食物を取り入れる最初の体内であり、またそれゆえ外界からの異物に侵食され易い場所ともいえる。 フレッシュアイペディアより)

  • レストラン

    レストランから見た食品食品

    レストラン()または料理店とは客に調理した食品を供する店舗である。通常のサービスは店内での食事であるが、テイクアウトやデリバリーが行われることがある。「レストラン」という用語には、様々な料理およびサービスの多様な形態が含まれる。レストラン フレッシュアイペディアより)

  • 健康食品

    健康食品から見た食品食品

    健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である。健康食品の一部は行政による機能の認定を受け保健機能食品と呼ばれる。また業界団体である日本健康食品協会(日本健康食品・栄養食品協会)は(旧)厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している。健康食品 フレッシュアイペディアより)

  • 沿海地方

    沿海地方から見た食品食品

    漁業、水産加工品の食品業、林業、非鉄金属が中心で機械工業や海上輸送も発達している。沿海地方 フレッシュアイペディアより)

  • 缶詰

    缶詰から見た食品食品

    缶詰(かんづめ)は、一般に水分の多い食品を金属缶に詰めて密封した上で微生物による腐敗・変敗を防ぐために加熱・殺菌したもの。乾燥食品などの製品を単に金属缶に詰めて密封したものは厳密には「缶入り」と呼ばれ一般に缶詰とは区別される。缶詰 フレッシュアイペディアより)

1328件中 41 - 50件表示

「食べもの」のニューストピックワード