1683件中 41 - 50件表示
  • マルクス・ガビウス・アピシウス

    マルクス・ガビウス・アピシウスから見た食物食品

    マルクス・ガビウス・アピシウスの生涯については、同時期あるいは同年代の資料から証拠を得る事はできるものの、アピオンによって名付けられた著書を通して遮断されている部分もある。特に名前や贅沢な食物の由来となった部分を説明するには、多分に著書『アピシウス』と逸話風に密接な形で結びついているのである。マルクス・ガビウス・アピシウス(以後「アピシウス」と呼ぶ事にする)について逸話風にこれらの証拠を語ろうとする事は、実際の生涯とは間違った形で後世に残ってしまう事になった。マルクス・ガビウス・アピシウス フレッシュアイペディアより)

  • 大島寛史

    大島寛史から見た食品食品

    大島 寛史(おおしま ひろし、1949年8月 - )は、日本の厚生官僚、国際公務員、生理学者(食品栄養科学・腫瘍生化学・がん予防学・がん分子疫学)。学位は農学博士(東京大学・1987年)。静岡県立大学名誉教授。大島寛史 フレッシュアイペディアより)

  • 食品廃材

    食品廃材から見た食品食品

    食品廃材(しょくひんはいざい)とは、食品加工の過程で発生する不可食部の事である。食品廃材 フレッシュアイペディアより)

  • 引出物

    引出物から見た食品食品

    日本には古くからある習慣であり、主に鰹節などの食品などが配られる。また地域・式典の規模によっても大きな差が出る。法事のお返しにも引出物という言い方をするので、必ずしも慶事のみとは限らない。なお、弔事の場合のお礼の品には「通夜返礼品」、「会葬返礼品」、「香典返し」などの名称がある。引出物 フレッシュアイペディアより)

  • 口

    から見た食物食品

    口は人が生命活動をしてゆく為に食物を取り入れる最初の体内であり、またそれゆえ外界からの異物に侵食され易い場所ともいえる。 フレッシュアイペディアより)

  • 乳

    から見た食物食品

    乳汁(にゅうじゅう、ちちしる)とは、乳(ちち、にゅう)、ミルク()とも言われる、動物のうち哺乳類が幼児に栄養を与えて育てるために母体が作りだす分泌液である。特に母乳(ぼにゅう)と呼ぶ場合は、ヒトの女性が出す乳汁を指すのが慣例である。誕生後の哺乳類が他の食物を摂取できるようになるまでの間、子供の成長に見合った栄養を獲得できる最初の源となる。 フレッシュアイペディアより)

  • かて飯

    かて飯から見た食品食品

    かて飯(かてめし)は、米に他の穀物や野菜・海藻などの食品を混ぜて炊いた飯。「かて」ともよび、「糅飯」とも書く。かて飯 フレッシュアイペディアより)

  • おどや

    おどやから見た食品食品

    スーパーセンターとは、スーパーセンターで扱う食品を中心とした品や衣服など生活雑貨を取り扱うおどやの大型店舗。本店となる館山店を含め2店舗が入る。 統括・運営をする本社とは異なり、営業する中心的な店となるため本店となる。なお、「本店」という名称を付けて呼ばないため、館山店のみ本店の意味で、スーパーセンターを頭につけるときもある。その際は他店は何もつけない(種別での名称と本店と他店舗との区別で目的が違うため)。おどや フレッシュアイペディアより)

  • 沿海地方

    沿海地方から見た食品食品

    漁業、水産加工品の食品業、林業、非鉄金属が中心で機械工業や海上輸送も発達している。沿海地方 フレッシュアイペディアより)

  • 生活

    生活から見た食品食品

    人類の歴史を俯瞰して見ると、実は、人類はその歴史の90%以上、野外での生活(=キャンプ)をして生きてきた。食べるものを得るために狩りをしたり木の実などを採りまた漁をし、動物の皮を身にまとい、洞穴や樹木の陰で雨風をしのぎ眠り、新たな獲物を求めて移動を繰り返してきた。人類は自然界(山や野や海)に生きている動物や植物を食糧とし、またそれをほとんどそのまま(あるいはわずかに加工して)衣類として用い、自然の地形や樹木等をそのまま活かして眠る場所を確保して生活してきた。生活 フレッシュアイペディアより)

1683件中 41 - 50件表示

「食べもの」のニューストピックワード