1328件中 51 - 60件表示
  • 食の安全

    食の安全から見た加工食品食品

    現代では食生活の環境や1が、かつての様式から変化し、生鮮野菜・肉・魚を買ってきて調理するだけでなく、加工食品が一般家庭に普及し、また惣菜や調理済みの食材も利用されており、食品が人の口に入る経路・経緯が多様化しているので、食品の安全性を確保することは以前に比べると複雑で難しい問題となってきている。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見た食品食品

    主な農作物は大まかに、食品、繊維、燃料、各種原材料に分けられる。21世紀になって、植物の農作物がバイオ燃料、バイオ医薬品、バイオプラスチック、薬剤(生薬)などの原料に使われることが多くなっている。食品としては、穀物、野菜、果実、食肉などがある。繊維としては、木綿、ウール、麻、絹、アマがある。原材料としては、ゴムや竹、動物獣皮、革がある。農作物を原料とする他の素材としては、天然樹脂もある。バイオ燃料にはバイオマスから作られるメタン、エタノール、バイオディーゼル燃料などがある。切り花や花壇苗など各種装飾物もある。農業 フレッシュアイペディアより)

  • ウド

    ウドから見た食用食品

    夏に小さな白い花をたくさん付け、秋に直径3mmほどの黒色の液果となる。一果中に3-5個のゴマ状の種子をもつ。高さは約2-3mに成長し、「ウドの大木」という慣用句もあるが、木ではない。春・初夏(ゴールデンウィーク頃)に芽吹いた小さな頃には山菜として利用できるが、大きくなると食用にも木材にも適さないことから例えとされたと言われている。だが、実際の所は夏ごろまで「若葉」や「つぼみ」も山菜として採取できる。ウド フレッシュアイペディアより)

  • ニチレイ

    ニチレイから見た加工食品食品

    株式会社ニチレイ()は日本の食品加工・流通企業。冷凍食品を中心とする加工食品の販売、水産畜産商品の輸入も行っている。ニチレイ フレッシュアイペディアより)

  • 食品廃材

    食品廃材から見た食品食品

    食品廃材(しょくひんはいざい)とは、食品加工の過程で発生する不可食部の事である。食品廃材 フレッシュアイペディアより)

  • 食品衛生法

    食品衛生法から見た食品食品

    食品衛生法(しょくひんえいせいほう、昭和22年法律第233号)は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。所管は厚生労働省(表示に関してのみ消費者庁)。食品と添加物などの基準・表示・検査などの原則を定める。食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。食品衛生法 フレッシュアイペディアより)

  • 大島寛史

    大島寛史から見た食品食品

    大島 寛史(おおしま ひろし、1949年8月 - )は、日本の厚生官僚、国際公務員、生理学者(食品栄養科学・腫瘍生化学・がん予防学・がん分子疫学)。学位は農学博士(東京大学・1987年)。静岡県立大学食品栄養科学部学部長(第7代)・大学院食品栄養環境科学研究院教授。大島寛史 フレッシュアイペディアより)

  • 石井剛志

    石井剛志から見た食品食品

    石井 剛志(いしい たけし、1977年3月 - )は。日本の農芸化学者(食品分子機能学・食品生化学・蛋白質質量分析)。学位は博士(農学)(名古屋大学・2005年)。静岡県立大学食品栄養科学部助教・大学院生活健康科学研究科助教。石井剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 新川野外市場

    新川野外市場から見た食料品食品

    新川野外市場(しんかわやがいいちば)は兵庫県豊岡市にある新川水路上に設けられた食料品を中心とした市場。通称:あおぞら市場。新川野外市場 フレッシュアイペディアより)

  • フーズフーズ

    フーズフーズから見た食品食品

    1986年に発売されたシリーズ第1作『プロ野球ファミリースタジアム』ではROMの容量の問題で、日本プロ野球(日本野球機構)12球団のうち、いずれも当時関東地方に本拠地を置くパ・リーグ加盟球団、かつ親会社が食品メーカーであったロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)と日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)を統合、連合チーム・フーズフーズとした。説明書における紹介は「関東食品連合」。略称はFチーム(日本ハムと同じ)。フーズフーズ フレッシュアイペディアより)

1328件中 51 - 60件表示

「食べもの」のニューストピックワード