1328件中 71 - 80件表示
  • 公定法

    公定法から見た食品食品

    日本においては鉱業、工業分野では経済産業省が定める日本工業規格(JIS)法、農林水産分野では農林水産省が定める日本農林規格(JAS)法、医薬品、食品分野では厚生労働省が定める日本薬局方、食品衛生検査指針などがそれぞれ定められており、分析結果の上申にはそれぞれの分野指定の方法で得られた試験結果を求められる場合が多い。公定法 フレッシュアイペディアより)

  • 産地判別技術

    産地判別技術から見た食品食品

    80年代よりヨーロッパにおいてワインの産地偽装事件が多発したため開発されたのが始めと言われている。日本においては平成13年に食品の産地表示が義務化されたことに伴い、各種食品の産地判別技術が開発され始めた。ちなみに、平成13年は雪印食品の牛肉産地偽装などが起こった年でもあった。平成19年は耐震偽装事件から赤福、白い恋人及び船場吉兆等、各方面で偽装事件が問題となり、その年の漢字は「偽」になったほどであった。それに伴い、現在、独立行政法人食品総合研究所などの国公立の試験研究所では食品の産地判別技術の研究開発が精力的に行われている。また、独立行政法人農林水産消費安全技術センターにおいては食品、林産物、飼料及び肥料などにおいて多数の産地判別技術が研究開発されており、同所では開発した産地判別技術を用いて表示の監視もしている。最近は独立行政法人森林総合研究所において木材の産地判別技術の研究開発も行われている。産地判別技術 フレッシュアイペディアより)

  • 丸善食品工業

    丸善食品工業から見た食品食品

    長野県千曲市に本社をおく食品メーカー。「テーブルランド」ブランドを持つ。丸善食品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 倉商

    倉商から見た食品食品

    株式会社倉商(くらしょう)は、1973(昭和48)年5月28日に設立された大阪府泉佐野市住吉町にある食品流通商社。大阪市西区に実質的な本社機能を構える。多数の冷凍・冷蔵倉庫を所有し、おもに水産品の流通を手がけている。倉商 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪北港食品流通センター

    大阪北港食品流通センターから見た食品食品

    大阪北港食品流通センター(おおさかほっこうしょくひんりゅうつうセンター)は、鴻池運輸が大阪市此花区舞洲に建設している食品流通センターのことである。大阪北港食品流通センター フレッシュアイペディアより)

  • 俗信

    俗信から見た食品食品

    例えば、現在はほとんど廃れたが、半世紀ほど前には広く流布していた俗信に、「食い合わせ」というものがあった。これは特定の食品を同時に食べると、有害であるという考えである。例えば、「スイカと天ぷら」、「ウナギと梅干し」、「トウモロコシと氷水」などがある。俗信 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターオーブン

    ウォーターオーブンから見た食品食品

    ウォーターオーブン (Water oven) とは、水を極度に加熱して超高温の水蒸気「過熱水蒸気」に変え、食品を焼く調理器具である。水蒸気の温度は家庭用製品では摂氏300 - 400度である。また、家庭用ではスペースの問題から電子レンジやオーブンやIH調理器の機能も併せて実装する。ウォーターオーブン フレッシュアイペディアより)

  • 特定農薬

    特定農薬から見た食品食品

    化学合成農薬以外の農薬の代替資材には、天敵、食品、植物抽出液、微生物などがある。特定農薬 フレッシュアイペディアより)

  • 総合衛生管理製造過程

    総合衛生管理製造過程から見た食品食品

    総合衛生管理製造過程(そうごうえいせいかんりせいぞうかてい、通称はマルソウ、マル総、丸総)は厚生省が HACCPの考え方を取り入れてつくった食品の安全管理の認証制度である。総合衛生管理製造過程 フレッシュアイペディアより)

  • ジャー

    ジャーから見た食品食品

    ジャー(jar) - 食品や飲料などを保存する容器。口広瓶や甕を差す。ジャー フレッシュアイペディアより)

1328件中 71 - 80件表示

「食べもの」のニューストピックワード