食品衛生法 ニュース&Wiki etc.

食品衛生法(しょくひんえいせいほう、昭和22年法律第233号)は、日本において飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。所管は厚生労働省(表示に関してのみ消費者庁)。食品と添加物などの基準・表示・検査などの原則を定める。食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃについても規制の対象となっている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「食品衛生法」のつながり調べ

  • 酢酸イソブチル

    酢酸イソブチルから見た食品衛生法

    引火性が高く、空気と混合すると爆発の危険がある。α位がフェニル基で置き換わったフェニル酢酸イソブチルはバラの香りの香料として、食品衛生法で食品添加物に指定されている。(酢酸イソブチル フレッシュアイペディアより)

  • 秋田味噌

    秋田味噌から見た食品衛生法

    明治時代になると味噌や醤油を工場で生産する企業が誕生し、1910年には小玉合名会社が初めて「秋田味噌」という名称を使用している。一方で秋田県内の多くの家庭では、1940年頃まで味噌と副産物のたまりを造っていた。また、第二次世界大戦末期は原料の供給難から粗悪な商用品が多く、大戦後は反動で自家製品が増加したという。農産物の市などで県内の農家が醸造した味噌が販売される事もあったが、食品衛生法の普及にともない消滅していった。(秋田味噌 フレッシュアイペディアより)