231件中 91 - 100件表示
  • 1-ケストース

    1-ケストースから見た食品衛生法食品衛生法

    2008年3月19日、明治製菓は、砂糖に黒麹菌の酵素(インベルターゼ)を作用させて製造していたが、遺伝子組み換えを行なった黒麹菌を使っていたことを食品衛生法に基づいて申請することを怠っていたため、自主回収をするというプレスリリースを出した。その中で、酵素は最終製品に残留していないから安全であると考えている旨が、記述されている。1-ケストース フレッシュアイペディアより)

  • 白い恋人

    白い恋人から見た食品衛生法食品衛生法

    2007年(平成19年)8月、「白い恋人」の一部商品が賞味期限を改竄して販売されていたとして問題となり、食品衛生法並びにJAS法違反で販売停止となった。そのため、2008年(平成20年)と2009年(平成21年)のコンサドーレ札幌のユニフォームは胸が「ニトリ」、背中が「白い恋人」となった。白い恋人 フレッシュアイペディアより)

  • カニ

    カニから見た食品衛生法食品衛生法

    食物アレルギーを起こしやすい食品とされる。日本では「食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 別表第四」により特定原材料に指定されており、食品衛生法第19条の適用を受けるため、カニを原材料として含む製品を販売する場合にはカニを原材料に使用している旨を表示する義務がある。エビも同様に特定原材料に指定されている。カニ フレッシュアイペディアより)

  • 田口乳業

    田口乳業から見た食品衛生法食品衛生法

    2002年に兵庫県相生市に竣工した工場は、NASAが開発した技術による、細菌やホコリなど0.5μm以上の物質を取り除く特殊フィルターを装備したクリーンルームを設置しており、室内の細菌数は、食品衛生法で定めた基準の0.3%以下に抑えるという徹底ぶりに加え、現在食品業界の中では、国内最新鋭の設備を誇っている。田口乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 生キャラメル

    生キャラメルから見た食品衛生法食品衛生法

    製法は一般的なキャラメルと基本的に同じであるが、出来上がりは全くの別物である。発祥は、北海道紋別郡興部町に所在するノースプレインファーム。他の生がつく食品(生クリーム、生チョコレート、生菓子、生ビール、生醤油)のように、公正競争規約や厚生労働省、乳等省令、食品衛生法によって定義されているものではない。生キャラメル フレッシュアイペディアより)

  • チルド飲料

    チルド飲料から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法で殺菌処理を定められており、コーヒー液とミルク液をブレンドしてから一括処理、もしくは個々で処理した後にブレンドしてから容器詰めする方式を採用しており、スチール缶などの缶容器に入れた状態で処理するため、容器素材の影響で独特の香りを発生してしまう缶コーヒーと比べ、コーヒー分やミルク分の素材の香りやフレッシュ感を高く保てる利点がある。チルド飲料 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た食品衛生法食品衛生法

    米をはじめとして食物には含有基準が設けられており、基準値以上のカドミウムを含む農作物は販売することが出来ない。食品衛生法上では玄米において1 ppmと規定され、これを超過したものは全て焼却処分となっている。また、食糧庁通達により玄米中0.4 ppm以上の検出がされた米については、食用にされず全て工業用に利用されていることになっているが、2008年に発覚した汚染米問題で明らかになったように、糊原料には小麦粉が用いられており米の工業用用途は確認されていない。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • ベビーフード

    ベビーフードから見た食品衛生法食品衛生法

    ベビーフード各社で作るベビーフード協議会は、食品衛生法やJAS法、健康増進法などに基づき、非常に厳しい安全基準を設定している。ベビーフード フレッシュアイペディアより)

  • 専門調理師・調理技能士

    専門調理師・調理技能士から見た食品衛生法食品衛生法

    関係法規(調理師法関係法令および食品衛生法関係法令のうち調理にかんする部分)専門調理師・調理技能士 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサメチレンテトラミン

    ヘキサメチレンテトラミンから見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法:指定外添加物ヘキサメチレンテトラミン フレッシュアイペディアより)

231件中 91 - 100件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード