191件中 91 - 100件表示
  • 料亭

    料亭から見た食品衛生法食品衛生法

    営業に際しては食品衛生法だけでなく、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の規制を受ける。いわゆる2号営業である。従って午前0時から日の出までの間の営業はできず、18歳未満の者の入店は禁止されている。立地面でも厳しい条件があり、建築基準法により商業地域・準工業地域以外の用途地域には建設できないうえ、都道府県の条例により建設できない地域が設けられている。料亭 フレッシュアイペディアより)

  • 飲食店

    飲食店から見た食品衛生法食品衛生法

    飲食店(いんしょくてん)は、食品衛生法第3条でいう「食品等事業者」の一種。同法は「食品等事業者」を「食品もしくは添加物を採取し、製造し、輸入し、加工し、調理し、貯蔵し、運搬し、もしくは販売することもしくは器具もしくは容器包装を製造し、輸入し、もしくは販売することを営む人もしくは法人または学校、病院その他の施設において継続的に不特定もしくは多数の者に食品を供与する人もしくは法人をいう。」と定義している。飲食店 フレッシュアイペディアより)

  • 石屋製菓

    石屋製菓から見た食品衛生法食品衛生法

    同年8月24日、札幌市保健所は食品衛生法に基づき、大腸菌群が検出されたアイス菓子類の廃棄を命令し、衛生面の改善を求める行政処分を行い、8月29日、札幌市の命令に従い、大腸菌群が検出された6月11日製造の「雪だるまくんアイスクリーム(抹茶)」232個を廃棄した。石屋製菓 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサメチレンテトラミン

    ヘキサメチレンテトラミンから見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法:指定外添加物ヘキサメチレンテトラミン フレッシュアイペディアより)

  • へんば餅

    へんば餅から見た食品衛生法食品衛生法

    2007年10月31日、原材料表示に「水あめ」と「食塩」を記載していなかったとへんばや商店からの申し出があり、三重県農水商工部と伊勢保健所は、11月1日にJAS法違反の疑いで本店に立ち入り検査を行った。その結果、原材料の表示漏れ以外に、原材料の表示順が重量順ではなかったこと、一部の商品で消費期限以外の表示が購入時に見えないことが新たに判明、へんばや商店は伊勢保健所からの指導を受けて11月3日から表示を訂正した。その後、11月30日に伊勢保健所は食品衛生法違反に対して始末書処分、三重県農水商工部はJAS法違反に対し文書指導を行った。へんば餅 フレッシュアイペディアより)

  • パラフィン

    パラフィンから見た食品衛生法食品衛生法

    日本では、食品衛生法上、石油系ワックスに関する品質規制はない。(『流動パラフィンは化学的合成品ではないので、食品衛生法第六条に基づく指定の必要がない』とされている)。食品包装全般に使用されるワックスの品質をワックス業界が自ら管理することを目的に日本ワックス工業会が基準を制定している。パラフィン フレッシュアイペディアより)

  • 日東ベスト

    日東ベストから見た食品衛生法食品衛生法

    2008年11月1日業務用冷凍ソーセージ類6製品から、食品衛生法の基準(70ppm)を超える食品添加物の亜硝酸ナトリウムが検出されたことが明らかになった基準超の亜硝酸ナトリウム、日東ベスト製ソーセージから検出 読売新聞 2008年11月1日付。日東ベスト フレッシュアイペディアより)

  • タンクローリー

    タンクローリーから見た食品衛生法食品衛生法

    公道を走行するためには、大きさなどの区分で大型自動車(平成19年6月1日改正前の特定大型車)となるので、対応した運転免許が必要となる。その他、運搬に際しては危険物は消防法、火薬は火薬類取締法、毒物は毒物及び劇物取締法、高圧ガスは高圧ガス保安法、飲料水、食品は食品衛生法、大きさは度量衡法、計量法、輸送については道路交通法の適用を受けることになる。また、危険物の運搬は危険物取扱者の資格(あるいは有資格者の同乗)、毒物の運搬は毒物劇物取扱責任者の居る事業所から業務上取扱者としての届出、高圧ガスの運搬は高圧ガス移動監視者講習(冷凍機械以外の高圧ガス製造保安責任者免状所持者は受講不要)の修了(あるいは修了者の同乗)が必要になる。なお、火薬の運搬に関しては、運転免許以外に必要な資格等は無いが、運搬のたびに荷送人が都道府県公安委員会から運搬証明書の交付を受け、運転者はそれを携帯する義務がある。タンクローリー フレッシュアイペディアより)

  • 消費期限

    消費期限から見た食品衛生法食品衛生法

    食品の消費期限は、食品衛生面での安全性に問題の出やすい生鮮食品や加工食品等に対して設定される。日本においてこれらは食品衛生法や農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)上で規定された物で、概ね5日以内に品質面で著しい品質低下が認められる食品や食材(例としては精肉や刺身、一部日配食品(パン、生菓子、弁当、惣菜など))は、旧来の製造年月日表示に代わって、この消費期限表記が義務付けられている。刺身や弁当など製造(調製)から消費期限までが短いものについては、年月日に加えて時刻まで表記されることもある。消費期限 フレッシュアイペディアより)

  • 発色剤

    発色剤から見た食品衛生法食品衛生法

    一酸化炭素 - 鮮魚に添加すると鮮やかな赤みを発色する。日本の食品衛生法では使用を禁止している。発色剤 フレッシュアイペディアより)

191件中 91 - 100件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード