231件中 31 - 40件表示
  • トリフルラリン

    トリフルラリンから見た食品衛生法食品衛生法

    半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で2,517mg/kg、ラットへの経皮投与で5,000mg/kg以上。一日摂取許容量(ADI)は0.024mg/kg/day。条件により可燃性で、加熱・燃焼により分解し、窒素酸化物やフッ化水素を含む腐食性のある有毒ガスを生じる。 発癌の疑い、および水生生物やミツバチへの毒性がある。日本の食品衛生法による残留基準値は、0.001ppmである。トリフルラリン フレッシュアイペディアより)

  • タンパク加水分解物

    タンパク加水分解物から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法では食品添加物に指定されていないが、JAS法で表記が義務づけられている。タンパク加水分解物 フレッシュアイペディアより)

  • 離型剤

    離型剤から見た食品衛生法食品衛生法

    製パンの工程で、自動分割機で生地を分割する際にカッターに付着しないよう、カッターに噴霧、もしくは滴下・塗布する液状の油脂。デバイダー油とも呼ばれる。以前は鉱物油が使われていたが、日本では現在は主に流動パラフィンや、植物性ワックスが使われる。流動パラフィンは日本の食品衛生法ではパンの離型剤としてのみ認可されており、パン以外の離型剤や、パンのつや出しなどとして添加することは禁止されている。パンへの残存量は0.1%以下と規定されている。高度に精製されており保存中に酸化しやすいため、酸化防止剤としてα-トコフェロールの添加が認められている。離型剤 フレッシュアイペディアより)

  • ソルビン酸ナトリウム

    ソルビン酸ナトリウムから見た食品衛生法食品衛生法

    E番号がE201の食品添加物であり、防腐剤として使用されるが、ソルビン酸カリウム、ソルビン酸カルシウムと異なり日本の食品衛生法に基づく指定添加物には定められていない。ソルビン酸溶液を使用する際に、中和反応によりソルビン酸ナトリウムが生じるが、国際連合食糧農業機関と世界保健機関による合同食品添加物専門会議(JECFA)では新たな毒性の懸念はないとしている。ソルビン酸ナトリウム フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵

    冷蔵から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法では冷蔵と冷凍が定められており、JIAS法とほぼ同じだが、「非加熱食肉製品および特定加熱食肉製品のうち、水分活性が0.95以上のもの」については5℃以下での保存を冷蔵と定めている。冷蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 大腸菌群

    大腸菌群から見た食品衛生法食品衛生法

    ゆえに、生食用カキのように自然環境からの汚染が避けられず、しかも加熱せず喫食するものについては糞便系大腸菌群(en:Fecal coliforms 食品衛生法上の名称ではE. coli(斜体ではない))が指標とされる場合もある(食品衛生法では生食用カキの成分規格において100gあたりのE.coli最確数が230以下)。糞便系大腸菌群と他の大腸菌群との鑑別にはECテストにおける44.5℃での発育能が用いられるが、さらにICMSF:1978による大腸菌群の分類に従ってE.coli(大腸菌)のI型やII型、Enterobacterといった区分を判別するにはIMViC試験、ゼラチン液化性試験が用いられる。また、糞便系大腸菌群は上水や下水の微生物的な水質の検査項目において「糞便性大腸菌群」の名称で採用されており、ここでは他の大腸菌群との鑑別にM-FC培地も有効とされる。大腸菌群 フレッシュアイペディアより)

  • 白ボール

    白ボールから見た食品衛生法食品衛生法

    また紙器用板紙と呼ばれることが多く、その大半は食品衛生法の観点から蛍光染料を使わない物が多い。しかし原料となる新聞古紙・雑誌古紙の中には新聞チラシや雑誌・週刊誌等の蛍光染料を使用した印刷用紙が含まれるため、少量の蛍光反応は発生する。これらの古紙由来からの蛍光反応はあるが、製造工程で蛍光染料を使用しない物を無蛍光(ノー蛍光)と呼んでいる。白ボール フレッシュアイペディアより)

  • 飲食店

    飲食店から見た食品衛生法食品衛生法

    飲食店(いんしょくてん)は、食品衛生法第3条でいう「食品等事業者」の一種。飲食店 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢たくあん

    伊勢たくあんから見た食品衛生法食品衛生法

    糠4〜5升(約7〜9L)と塩(出荷時期によって量が変わる)を混合し、調味料としてサッカリン3匁(11.25g)とズルチン4匁(15g)、着色料としてウコン粉末とタートラジン少々を配合し、樽底に敷き詰める。その上に干した大根を隙間なく並べ、糠と大根を交互に積み重ねていく。最上段に大根の葉を敷き、重石を載せて漬け込む。着色料は1947年(昭和22年)公布の食品衛生法で使用禁止となるまではオーラミンを使用していた。伊勢たくあん フレッシュアイペディアより)

  • 暫定規制値

    暫定規制値から見た食品衛生法食品衛生法

    食品に含まれる放射能。食品衛生法の項に解説。暫定規制値 フレッシュアイペディアより)

231件中 31 - 40件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード