191件中 41 - 50件表示
  • 医師の届出義務

    医師の届出義務から見た食品衛生法食品衛生法

    食中毒を診察した場合は最寄の保健所長に報告する。食品衛生法第58条に基づく。医師の届出義務 フレッシュアイペディアより)

  • 暫定規制値

    暫定規制値から見た食品衛生法食品衛生法

    食品に含まれる放射能。食品衛生法の項に解説。暫定規制値 フレッシュアイペディアより)

  • ブラストサイジンS

    ブラストサイジンSから見た食品衛生法食品衛生法

    日本の毒物及び劇物取締法では劇物に分類されている。半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で55.9~16.0mg/kg、ラットへの経皮投与で3,100mg/kg。ヒトの皮膚や目に対し刺激性がある。残留基準はないが、食品衛生法では「食品は抗生物質を含んではならない」としている。ブラストサイジンS フレッシュアイペディアより)

  • 1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件

    1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件から見た食品衛生法食品衛生法

    8月29日、食品検査機関である日本食品衛生協会は、購入者が持ち込んだワインからDEGが検出されたと発表した。マンズワイン株式会社(以下、マンズ社)製造の「マンズエステート貴腐ワイン78年産」720ml入と「エステート氷菓ブドー吟醸」180ml入で、前者はマンズ社20周年記念として流通業界に300本が配布され、その後3000本が販売された。検出量は1リットル当たり1.216グラム。後者は頒布会で5万本が販売され、検出量は同1.779グラム。いずれもオーストリアのセイントハーレー社で原液が生産され、マンズ社の山梨県内のワイナリーでボトリングされたものである。マンズ社は9月2日より全製品の出荷停止に踏み切った。8月初めに輸入元の三菱商事からマンズ社に対し原酒の引き取りの申し出があったことから、その時点で混入があったことを認識していたとみられている。9月8日、厚生省は4段階の検査基準をクリアした製品に安全シールを貼ることとし、マンズ社以外の国産ワインは安全として出荷を許可した。その後の調べでマンズ社は山梨県の検査をすり抜けるため自主的な検査を行い、ハーレー社からの輸入樽詰原酒を浄化槽に廃棄していたことが発覚した。この責任をとり、マンズ社の茂木七左衛門社長は9月14日付を持って辞任した。山梨県は9月18日より食品衛生法6条に基づき、マンズ社の勝沼ワイナリーの原料処理を除く全部門の営業禁止を命じた。最終的に、マンズ社のDEG混入ワインは7銘柄、38万本に及んだが、回収・廃棄されたのは32,560本に過ぎず、未回収の34万7千本あまりはすでに飲まれてしまったものと見られている。マンズ社の営業禁止処分は11月12日で解除された。1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件 フレッシュアイペディアより)

  • 田口乳業

    田口乳業から見た食品衛生法食品衛生法

    2002年に兵庫県相生市に竣工した工場は、NASAが開発した技術による、細菌やホコリなど0.5ミクロン以上の物質を取り除く特殊フィルターを装備したクリーンルームを設置しており、室内の細菌数は、食品衛生法で定めた基準の0.3%以下に抑えるという徹底ぶりに加え、現在食品業界の中では、国内最新鋭の設備を誇っている。田口乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 生キャラメル

    生キャラメルから見た食品衛生法食品衛生法

    製法は一般的なキャラメルと基本的に同じであるが、出来上がりは全くの別物である。発祥は、北海道紋別郡興部町に所在するノースプレインファーム。他の生がつく食品(生クリーム、生チョコレート、生菓子、生ビール、生醤油)のように、公正競争規約や厚生労働省、乳等省令、食品衛生法によって定義されているものではない。生キャラメル フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示検定

    食品表示検定から見た食品衛生法食品衛生法

    しかし、これらに関連する法令は、JAS法、食品衛生法、景表法、計量法、健康増進法、薬事法など、複数の省庁・法令が絡む結果となり、横断的な取りまとめ資料や公的な指導要綱もない状態が続いていた。4000ページ以上に及ぶ法令を把握することは非常に難しく、また食品添加物の技術の進歩、食品偽装などの事件事故の度、頻繁に法令が追加・改正されるため、常に最新の情報を把握しておくことが難しかった。食品表示検定 フレッシュアイペディアより)

  • アルギン酸

    アルギン酸から見た食品衛生法食品衛生法

    アルギン酸に酸化プロピレンを加え、構造中のカルボキシル基にプロピレングリコールをエステル結合した誘導体。食品衛生法では「アルギン酸プロピレングリコールエステル」が正式名称。アルギン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 惣菜

    惣菜から見た食品衛生法食品衛生法

    なお、日本において製造するには食品衛生法により、最寄の保健所の許可が必要である。惣菜 フレッシュアイペディアより)

  • 専門調理師・調理技能士

    専門調理師・調理技能士から見た食品衛生法食品衛生法

    関係法規(調理師法関係法令および食品衛生法関係法令のうち調理にかんする部分)専門調理師・調理技能士 フレッシュアイペディアより)

191件中 41 - 50件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード