231件中 41 - 50件表示
  • カスガマイシン

    カスガマイシンから見た食品衛生法食品衛生法

    農薬としては北興化学工業と微生物化学研究所が共同開発し、1965年5月10日に登録を受けた。カビや細菌による農作物への被害、特に稲のいもち病防除に有効とされている。商品名は「カスミン」など頭に「カス」が付くものが多く、化学的に安定しているため他の薬剤との混合剤も多数市販されている。2002年の日本での原体生産量は44トン。農薬の残留基準は米、豆類、茶などで0.04ppm、柑橘類、甜菜などで0.05ppm、トマトでは0.03ppmと定められているが、食品衛生法では、食品中に抗生物質が残留してはならないと定められている。耐性菌は感受性菌に比べ環境適応能力が低いため、連用による耐性菌の出現は大きな問題とはなっていない。カスガマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 業法

    業法から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法(飲食店営業など)業法 フレッシュアイペディアより)

  • 5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン

    5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリンから見た食品衛生法食品衛生法

    天然にはパン、ココア、コーヒーなどに存在し、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、ゴマなどを焙煎することにより生じる。欧米では食品香料として広く使われ、アメリカ合衆国ではキャンディや清涼飲料に5ppm、シリアルやシーズニングスパイス、ゼラチン、プリン、スープ類に2.00ppmなどの使用例がある。日本では2010年5月28日に食品衛生法施行規則が改正され、使用が認められた。5,6,7,8-テトラヒドロキノキサリン フレッシュアイペディアより)

  • 模擬店

    模擬店から見た食品衛生法食品衛生法

    販売品目はリサイクル品やバザー等の雑貨系や飲食物の提供が大半である。飲食物については、店舗内で調理する場合もあるが、出来合い物の販売と飲食場所の提供を主とする場合も少なくない。ただし、日本の場合は飲食物の提供は、管轄の保健所に食品衛生法や条例に基づいて届出をし講習を受ける必要がある販売品目もある。模擬店 フレッシュアイペディアより)

  • 島豆腐

    島豆腐から見た食品衛生法食品衛生法

    1972年の本土復帰を受けて、食品衛生法により豆腐を水にさらして販売する事が義務付けられたが、食文化の維持などを理由とした陳情の結果、温かい豆腐をそのまま販売する方法が1974年に特例として許可されている。沖縄で豆腐は盛んに消費され、2012年の家計調査によれば、沖縄県における1世帯当たりの豆腐に対する支出は年間5,670円で全国平均の4,613円を大きく上回っている。一方で、全国平均を上回るペースで支出額が年々減少しており、食文化の変容や世帯当たり人員の減少が影響しているとみられる。2014年の調査では、沖縄県内の回答者の43%が温かい状態で袋に入っている島豆腐を、50%がパック入りの島豆腐を、それぞれ週に1回以上購入しており、木綿豆腐や絹豆腐の同35%を上回っている。島豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 茶系飲料

    茶系飲料から見た食品衛生法食品衛生法

    2007年の時点で茶系飲料のペットボトルの使用割合は生産量の81.9%を占め、清涼飲料水全体の59.5%に比べて顕著に高い。1982年の食品衛生法改正によって清涼飲料水向けに使用可能になると、ウーロン茶飲料向けなどに大型のペットボトルが用いられた。やがて茶系飲料全体に使用が広がり、さらに500mlなどの小型のものも登場し、軽量なペットボトルの存在は茶系飲料の生産増加の一因となった。茶系飲料 フレッシュアイペディアより)

  • 着色料

    着色料から見た食品衛生法食品衛生法

    日本では食品衛生法により、食品添加物として食品安全委員会(食品安全基本法制定前は厚生労働省)がある添加量において反復投与毒性試験、発がん性試験、変異原性試験より審査されそれらの毒性がないことを確認の上、厚生労働省が成分規格、使用基準を定め承認される。製造は、食品添加物製造業の許可を取得した工場で行われる。なお、食品から作られ、食品衛生法改正前に使用されていた既存添加物(いわゆる天然添加物)は審査が行われていなかったが、順次、食品安全委員会により食品健康影響評価が実施されており、例えば、アカネ色素については遺伝毒性、腎臓の発がん性が認められたため、2004年(平成16年)7月5日を既存添加物からはずし食品に使用できなくなった。着色料 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養強化剤

    栄養強化剤から見た食品衛生法食品衛生法

    厚生労働省では、食品衛生法施行規則別表第1のうち、栄養強化の目的が考えられる添加物の範囲として下記の品目を挙げている。栄養強化剤 フレッシュアイペディアより)

  • 精力剤

    精力剤から見た食品衛生法食品衛生法

    前立腺で性ホルモンの生成に関与するミネラルで、”性のミネラル”の異名を持つ。同ミネラルを配合している場合は、食品衛生法に基づき、栄養機能食品の効果を標榜することができる。精力剤 フレッシュアイペディアより)

  • 農家レストラン

    農家レストランから見た食品衛生法食品衛生法

    農林水産省の農林業センサス等に用いる用語の解説によると、「農業を営む者が食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づき、都道府県知事の許可を得て、不特定の者に、使用割合の多少にかかわらず自ら生産した農産物や地域の食材を用いた料理を提供し、代金を得ているもの」とされる。農家レストラン フレッシュアイペディアより)

231件中 41 - 50件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード