191件中 51 - 60件表示
  • そば茶

    そば茶から見た食品衛生法食品衛生法

    これら原材料は 食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられている。そば茶 フレッシュアイペディアより)

  • トリフルラリン

    トリフルラリンから見た食品衛生法食品衛生法

    半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で2,517mg/kg、ラットへの経皮投与で5,000mg/kg以上。一日摂取許容量(ADI)は0.024mg/kg/day。条件により可燃性で、加熱・燃焼により分解し、窒素酸化物やフッ化水素を含む腐食性のある有毒ガスを生じる。 発癌の疑い、および水生生物やミツバチへの毒性がある。日本の食品衛生法による残留基準値は、0.001ppmである。トリフルラリン フレッシュアイペディアより)

  • 動物用医薬品

    動物用医薬品から見た食品衛生法食品衛生法

    また、食品衛生法に基づく告示「食品、添加物等の規格基準」(厚生省告示第370号)の中で、食品への抗生物質の含有禁止、食肉・食鳥卵及び魚介類への科学的合成品たる抗菌性物質の含有禁止が規定されているため、その使用には注意が必要である。動物用医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 危害分析重要管理点対策共同事業センター

    危害分析重要管理点対策共同事業センターから見た食品衛生法食品衛生法

    2009年10月 専門技術教育研究会が食品衛生法に準拠した「衛生管理評価システム」(Excel版)を開発。希望者に無償提供中。危害分析重要管理点対策共同事業センター フレッシュアイペディアより)

  • 対馬振興局

    対馬振興局から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法の施行に伴い、内務省警察部所管の衛生獣疫業務が厚生省所管の保健所衛生行政に移管される。対馬振興局 フレッシュアイペディアより)

  • 成型肉

    成型肉から見た食品衛生法食品衛生法

    なお、食品衛生法では成型肉を提供する場合、十分な加熱が必要と表示するよう義務づけている。成型肉 フレッシュアイペディアより)

  • 既存添加物

    既存添加物から見た食品衛生法食品衛生法

    既存添加物(きそんてんかぶつ)とは、1995年の食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律(平成7年法律第101号)附則第2条第4項で規定される既存添加物名簿に収録された食品添加物のこと。1996年、既存添加物名簿の告示が行われた(平成8年4月16日厚生省告示第120号)。既存添加物 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク加水分解物

    タンパク加水分解物から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法では食品添加物に指定されていないが、JAS法で表記が義務づけられている。タンパク加水分解物 フレッシュアイペディアより)

  • ポリオレフィン等衛生協議会

    ポリオレフィン等衛生協議会から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法など法令の普及・徹底ポリオレフィン等衛生協議会 フレッシュアイペディアより)

  • マラカイトグリーン

    マラカイトグリーンから見た食品衛生法食品衛生法

    アメリカでは1981年に、EUでは2002年に食品への使用が禁止された。ウナギへの残留が問題になった中国でも2002年に食用動物への使用が禁止された。日本では、食品衛生法により食品中から検出されてはならないとされている。しかしながら2007年7月に中国産の切り身さばから、2008年7月に中国産のウナギから検出された。マラカイトグリーン フレッシュアイペディアより)

191件中 51 - 60件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード