231件中 51 - 60件表示
  • 秋田味噌

    秋田味噌から見た食品衛生法食品衛生法

    明治時代になると味噌や醤油を工場で生産する企業が誕生し、1910年には小玉合名会社が初めて「秋田味噌」という名称を使用している。一方で秋田県内の多くの家庭では、1940年頃まで味噌と副産物のたまりを造っていた。また、第二次世界大戦末期は原料の供給難から粗悪な商用品が多く、大戦後は反動で自家製品が増加したという。農産物の市などで県内の農家が醸造した味噌が販売される事もあったが、食品衛生法の普及にともない消滅していった。秋田味噌 フレッシュアイペディアより)

  • 殺菌料

    殺菌料から見た食品衛生法食品衛生法

    サクランボ、フキ、ブドウ、モモ、菓子製造用柑橘類果皮、数の子調味加工品、生食用野菜類、卵類の卵殻部分に使用できる。漂白剤としての効果もある。食品衛生法上、最終食品の完成前に分解もしくは除去されなければならないと定められている。殺菌料 フレッシュアイペディアより)

  • サッカリン

    サッカリンから見た食品衛生法食品衛生法

    現在、アメリカ合衆国や中華人民共和国などにおいては大量に使用されているが、日本においては安全性維持のため、食品衛生法により各食品への使用量が制限されており、外装にその旨と使用量が記載されている。サッカリン フレッシュアイペディアより)

  • 既存添加物

    既存添加物から見た食品衛生法食品衛生法

    既存添加物(きそんてんかぶつ)とは、1995年の食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律(平成7年法律第101号)附則第2条第4項で規定される既存添加物名簿に収録された食品添加物のこと。1996年、既存添加物名簿の告示が行われた(平成8年4月16日厚生省告示第120号)。既存添加物 フレッシュアイペディアより)

  • 登録検査機関

    登録検査機関から見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法において定められる登録検査機関(厚生労働省所管)登録検査機関 フレッシュアイペディアより)

  • ジージックス (カリフォルニア州)

    ジージックス (カリフォルニア州)から見た食品衛生法食品衛生法

    ジージックス(Zzyzx)という名前は、1944年にカーティス・ホウ・スプリンガー(Curtis Howe Springer)によって「この地名が英語における最後の単語になるように」名付けられた。スプリンガーは1944年、この地に温泉保養施設を作ったが、そこは国の土地であった。スプリンガーは灼熱の砂漠をドライブしてきた旅人たちのために、ミネラル・ウォーターをびん詰めにして販売したり、家族連れの観光客のために自らの牧場を開放するなどして事業を拡大してきたが、1974年、公有地の不正使用と食品衛生法違反の容疑で逮捕され、彼の作った施設は国に接収された。ジージックス (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ゴム容器アイス

    ゴム容器アイスから見た食品衛生法食品衛生法

    昭和時代に誕生したアイス菓子。ゴム容器は、大手ゴムメーカー(不二ラテックスなど)が手掛ける製品であり、食品衛生法の基準に適した製品が使用される。発売当初の製品は、独特のゴム臭・味であったが、ゴム製品の発達により無味無臭のものに近づいている。また、水風船で使用する製品のものよりは薄く、コンドームよりは厚い素材の生地である。ゴム容器アイス フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示法

    食品表示法から見た食品衛生法食品衛生法

    食品表示法(しょくひんひょうじほう、平成二十五年六月二十八日法律第七十号)は日本の法律である。2013年6月28日公布。2015年4月1日施行。「JAS法」「食品衛生法」「健康増進法」の3法の食品表示に関する規定を整理、統合したものである。衆議院・参議院の両院とも全会一致で可決された。食品表示法 フレッシュアイペディアより)

  • 偽装表示

    偽装表示から見た食品衛生法食品衛生法

    個々のケースは別々であるが、主に不正競争防止法、食品衛生法、消費者契約法などに違反することになる。法令によって罰則があるが、刑法の詐欺罪が適用されることは難しい。詐欺罪が成立するには最初から「騙す意思があった」ことを証明(内心の立証)しなければならず、経営者側が「知らなかった。」、「間違えた。」「騙すつもりはなかった。」と言えば詐欺罪は成立しない可能性が高い。偽装表示 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件

    1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件から見た食品衛生法食品衛生法

    8月29日、食品検査機関である日本食品衛生協会は、購入者が持ち込んだワインからDEGが検出されたと発表した。マンズワイン株式会社(以下、マンズ社)製造の「マンズエステート貴腐ワイン78年産」720ml入と「エステート氷菓ブドー吟醸」180ml入で、前者はマンズ社20周年記念として流通業界に300本が配布され、その後3000本が販売された。検出量は1リットル当たり1.216グラム。後者は頒布会で5万本が販売され、検出量は同1.779グラム。いずれもオーストリアのセイントハーレー社で原液が生産され、マンズ社の山梨県内のワイナリーでボトリングされたものである。マンズ社は9月2日より全製品の出荷停止に踏み切った。8月初めに輸入元の三菱商事からマンズ社に対し原酒の引き取りの申し出があったことから、その時点で混入があったことを認識していたとみられている。9月8日、厚生省は4段階の検査基準をクリアした製品に安全シールを貼ることとし、マンズ社以外の国産ワインは安全として出荷を許可した。その後の調べでマンズ社は山梨県の検査をすり抜けるため自主的な検査を行い、ハーレー社からの輸入樽詰原酒を浄化槽に廃棄していたことが発覚した。この責任をとり、マンズ社の茂木七左衛門社長は9月14日付を持って辞任した。山梨県は9月18日より食品衛生法6条に基づき、マンズ社の勝沼ワイナリーの原料処理を除く全部門の営業禁止を命じた。最終的に、マンズ社のDEG混入ワインは7銘柄、38万本に及んだが、回収・廃棄されたのは32,560本に過ぎず、未回収の34万7千本あまりはすでに飲まれてしまったものと見られている。マンズ社の営業禁止処分は11月12日で解除されたものの、この事件の打撃は大きく国産ワインのシェアをメルシャンに奪われることとなってしまった。1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件 フレッシュアイペディアより)

231件中 51 - 60件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード