191件中 61 - 70件表示
  • 農家レストラン

    農家レストランから見た食品衛生法食品衛生法

    農林水産省の農林業センサス等に用いる用語の解説によると、「農業を営む者が食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づき、都道府県知事の許可を得て、不特定の者に、使用割合の多少にかかわらず自ら生産した農産物や地域の食材を用いた料理を提供し、代金を得ているもの」とされる。農家レストラン フレッシュアイペディアより)

  • 乳化剤

    乳化剤から見た食品衛生法食品衛生法

    副次的な用途であるが、脂肪酸エステルの一部にはカビ・酵母やグラム陽性菌などの発育を抑制する作用があり、中鎖脂肪酸エステルなどが日持保持剤として使用されている。食品衛生法上の表示基準では、乳化・分散・浸透・起消泡・離型などの目的で使用する場合は「乳化剤」と一括表示することが認められているが、日持保持剤など乳化剤以外の目的で使用する場合には物質名で表示する必要がある。乳化剤 フレッシュアイペディアより)

  • 露天商

    露天商から見た食品衛生法食品衛生法

    都心では屋台街が古くから存在している地域が日本各地に見られたが、既得権と道路使用や道路占有の問題や食品衛生法や電力、給排水の供給や路上を汚すといった問題などから、国際万国博覧会や国際競技大会などが開催される地域で、それを契機に排除してきた事実がある。しかし博多のように「屋台は日本の文化である」といった地域住民や行政の意思により、官民一体となって存続される地域も出始めていて、観光誘致や地域振興として様々な恩恵を齎している。露天商 フレッシュアイペディアより)

  • 白ボール

    白ボールから見た食品衛生法食品衛生法

    また紙器用板紙と呼ばれることが多く、その大半は食品衛生法の観点から蛍光染料を使わない物が多い。しかし原料となる新聞古紙・雑誌古紙の中には新聞チラシや雑誌・週刊誌等の蛍光染料を使用した印刷用紙が含まれるため、少量の蛍光反応は発生する。これらの古紙由来からの蛍光反応はあるが、製造工程で蛍光染料を使用しない物を無蛍光(ノー蛍光)と呼んでいる。白ボール フレッシュアイペディアより)

  • 大腸菌群

    大腸菌群から見た食品衛生法食品衛生法

    ゆえに、生食用カキのように自然環境からの汚染が避けられず、しかも生で喫食するものについては糞便性大腸菌(en:Fecal coliforms 食品衛生法上の名称ではE. coliと表示される)を指標としている。食品衛生法では生食用カキでは230/100g以下とされる.E. coliなどの大腸菌群の中で44.5℃で発育可能なものを糞便性大腸菌と呼ぶ。糞便性大腸菌と他の大腸菌群との鑑別にはIMViCシステム、ECテスト、ゼラチン液化性試験が用いられる。下水の水質検査項目にも含まれている。大腸菌群 フレッシュアイペディアより)

  • 薬事法と食品表示・食品広告

    薬事法と食品表示・食品広告から見た食品衛生法食品衛生法

    ヒトが口から摂取するものは、食品衛生法と薬事法により、すべて食品と医薬品に分類されるが、食品は、たとえ事実であっても、医薬品的な効能効果を、標ぼうすることはできない。食品が医薬品的な効能効果を標ぼうすると、その食品は医薬品と見なされ、無承認の医薬品として、薬事法違反に問われる。薬事法と食品表示・食品広告 フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸イソブチル

    酢酸イソブチルから見た食品衛生法食品衛生法

    引火性が高く、空気と混合すると爆発の危険がある。α位がフェニル基で置き換わったフェニル酢酸イソブチルはバラの香りの香料として、食品衛生法で食品添加物に指定されている。酢酸イソブチル フレッシュアイペディアより)

  • プリマハム

    プリマハムから見た食品衛生法食品衛生法

    2003年 - 大手食品流通会社 イオンに卸していた加工食品の原材料に虚偽記載があったとしてイオンから刑事告発され、食品衛生法違反で立件された。プリマハム フレッシュアイペディアより)

  • 亜ジチオン酸ナトリウム

    亜ジチオン酸ナトリウムから見た食品衛生法食品衛生法

    食品衛生法による指定添加物であり、法令上の表記は次亜硫酸ナトリウムであるが、「亜硫酸塩」と簡略表記することが認められている。漂白剤・保存料・酸化防止剤として利用されているが、ごま、豆類および野菜に対する使用は禁止されている。亜ジチオン酸ナトリウム フレッシュアイペディアより)

  • インディゴ

    インディゴから見た食品衛生法食品衛生法

    食品添加物、着色料としてはスルホン化したインジゴチンまたはインジゴカルミンの形で用いられる。ジスルホナートは食品衛生法で青色2号、アメリカ連邦食品医薬品化粧品法 (FD&C) で Blue No. 2 の名で指定されている。FD&C Blue No. 2 の明細書にはインジゴチンジスルホナートなど3つの基質が含まれる。インディゴ フレッシュアイペディアより)

191件中 61 - 70件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード