231件中 61 - 70件表示
  • ブラストサイジンS

    ブラストサイジンSから見た食品衛生法食品衛生法

    日本の毒物及び劇物取締法では劇物に分類されている。半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で55.9~16.0mg/kg、ラットへの経皮投与で3,100mg/kg。ヒトの皮膚や目に対し刺激性がある。残留基準はないが、食品衛生法では「食品は抗生物質を含んではならない」としている。ブラストサイジンS フレッシュアイペディアより)

  • 薬事法と食品表示・食品広告

    薬事法と食品表示・食品広告から見た食品衛生法食品衛生法

    ヒトが口から摂取するものは、食品衛生法と薬事法により、すべて食品と医薬品に分類されるが、食品は、たとえ事実であっても、医薬品的な効能効果を、標ぼうすることはできない。食品が医薬品的な効能効果を標ぼうすると、その食品は医薬品と見なされ、無承認の医薬品として、薬事法違反に問われる。薬事法と食品表示・食品広告 フレッシュアイペディアより)

  • 合成化合物

    合成化合物から見た食品衛生法食品衛生法

    一方で、天然・合成問わず化合物は化学構造の僅かな差異で活性が大きく変化することも考えられるため、これらを取り扱う企業には医薬品医療機器等法による安全性の確認、食品衛生法による使用量・表示の規定といった厳格な基準が定められている。合成化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 消費期限

    消費期限から見た食品衛生法食品衛生法

    食品の消費期限は、食品衛生面での安全性に問題の出やすい生鮮食品や加工食品等に対して設定される。日本においてこれらは食品衛生法や農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)上で規定された物で、概ね5日以内に品質面で著しい品質低下が認められる食品や食材(例としては精肉や刺身、一部日配食品(パン、生菓子、弁当、惣菜など))は、旧来の製造年月日表示に代わって、この消費期限表記が義務付けられている。刺身や弁当など製造(調製)から消費期限までが短いものについては、年月日に加えて時刻まで表記されることもある。消費期限 フレッシュアイペディアより)

  • パフトキシン

    パフトキシンから見た食品衛生法食品衛生法

    ハコフグによる食中毒の事例はパリトキシンによるものであるが、食品衛生法に基づく通知により皮の販売も禁止されている。パフトキシン フレッシュアイペディアより)

  • Good Laboratory Practice

    Good Laboratory Practiceから見た食品衛生法食品衛生法

    日本では薬事法による医薬品等の開発のために行われる非臨床試験(動物試験等、特に安全性試験)のデータの信頼性を確保するための実施基準としてはじめて導入された。以後食品衛生法などの公定法による検査等においても適用された。Good Laboratory Practice フレッシュアイペディアより)

  • 塩野香料

    塩野香料から見た食品衛生法食品衛生法

    1956年、クラウディと呼ばれる乳化香料を上市した。これは清涼飲料に香りとともに着色や適度な濁りを与えるものであるが、これは1900年制定の清涼飲料水営業取締規則により、細菌の繁殖による飲料の劣化と判別するため透明としなければならないとの規定が、1947年の食品衛生法により、濁りをもたせた飲料の製造が可能となったことによるものであった。塩野香料 フレッシュアイペディアより)

  • 変異原

    変異原から見た食品衛生法食品衛生法

    日本においては、医薬品(医薬品医療機器等法)、食品添加物(食品衛生法)、農薬(農薬取締法)、新規化学物質(化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律)および労働環境検査(労働安全衛生法)についてサンプルの変異原性試験が求められている。主要な物質については変異原性試験と併せて遺伝毒性や生殖毒性の評価も行われる。変異原 フレッシュアイペディアより)

  • ふぐ条例

    ふぐ条例から見た食品衛生法食品衛生法

    ふぐ条例(ふぐじょうれい)とは、ふぐ料理に関してフグの毒(テトロドトキシン)に起因する危害の発生を防止することを目的とした、食品衛生法を根拠法令とした条例である。ふぐ条例 フレッシュアイペディアより)

  • ケガニ

    ケガニから見た食品衛生法食品衛生法

    貝毒発生水域で捕獲される個体は、筋肉には蓄積しないが肝膵臓部(カニミソ部)に有毒成分を蓄積することがある。これは、動物質の餌を多く摂食していることによる。この報告により厚生労働省は2004年4月に「トゲクリガニなどの二枚貝等を捕食する生物について、肝膵臓部あるいは可食部で毒性分が4.0 MU/gを超えるものを食品衛生法違反とする」ことを決定している。但し、2004年まで麻痺性貝毒により毒化したカニによる健康被害は報告されていない。ケガニ フレッシュアイペディアより)

231件中 61 - 70件表示

「食品衛生法」のニューストピックワード